ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

吉山商店本店@環状通東(遠い)

吉山商店本店@環状通東 豚骨白湯しおらーめん@吉山商店本店

最寄駅から遠いので、バスを利用しました。
最寄りのバス停留所に着く前、車内放送でこちらのCMが流れてました。
店の場所を運転手さんに聞くと、まっすぐ行けば着くとのこと。

シックな建物で店内も木目調でシックな雰囲気でした。
カウンター席メイン、テーブル席も3卓あります、20席程度です。
お一人さんはカウンター席が一杯でもテーブル席には付かせません。
カウンター席が空くまで待ちました。
もし、複数客が訪れた場合は順番とばしするのか気になりました。

メニュー主に味噌、塩、醤油の3本仕立てですが、数量限定メニューなど豊富です。

豚骨白湯しおらーめんを注文、780円。
後ほど知りましたがこちらのご店主、山頭火出身のようです。

ちなみにこちらのメニューだけ丼が違います。
こじんまりとした丼で、豚骨仕立ての塩味のスープは具沢山。
チャーシュー、メンマ、きくらげ、ネギ、梅干しなどが入ってます。
円やかで塩が効いたスープ、コクも感じられます。
麺はもっちもちで歯ごたえがあるもの、インパクトあります。

挨拶など愛想が素晴らしく気持ちよく食べることができました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

えびそば一幻総本店@東本願寺前

えびそば一幻総本店@東本願寺前 えびしおほどほど@えびそば一幻総本店 餃子@えびそば一幻総本店

海老出汁のラーメンのお店。
札幌に総本店があり、新千歳空港や都内にも支店があるようです。

今回総本店に訪れましたが、スタイリッシュな建物。
広々とした店内でカウンター席が16席、待合室も15席程度完備してます。

私が訪れた時はほぼ満席状態でしたが、辛うじて席を確保。
先ずは餃子をツマミに瓶ビールを注文し、呑んでましたが待ちが出てきたので。
直ぐに〆にえびしおほどほどを注文、780円。

スープの種類により3種類がチョイスできます。
海老出汁をそのまんま味わう、そのまま。
海老出汁と豚骨スープのWスープの、ほどほど。
ほどほどにさらにコクを加えた、あじわい。
更にカエシにより、味噌、塩、醤油の3種類があります。
麺も太麺、細麺の2種類あり、私は太麺をチョイス。

豚骨ベースのスープと海老出汁のWスープ仕立て。
海老の旨味が香ばしく、少しクセも感じますが豚骨スープが見事にフォロー。
エビ粉が相まって見事な旨味のハーモニーを奏でてます。
麺はやや硬めのもっちもちとした食感が売りで、スープに負けず劣らず印象。
思ったよりも太くなかったのもスープとの馴染みがあって良かったです。
具はチャーシュー、味玉、天かす、ネギなど。
天かすが赤く、紅ショウガや海老の頭を砕いたものが混じっているそうです。

餃子は一個一個が大きくて、餡がたっぷり。
ビールが進みました。

こだわりを感じる一杯のラーメン、海老が得意ではないのですが美味しかったです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

にとりのけやきすすきの本店@豊水すすきの

味噌ラーメン@にとりのけやきすすきの本店

ちょいと早い開店に通し営業。
昼時を外し、少し遅めの昼飯をこちらで食べました。

カウンター席オンリー10席程度。
間隔が狭く、最初はオンリーでしたが続々と人が集ってきました。

基本の味噌ラーメンをチョイス、870円。

ラード層が分厚く、熱々のスープ。
キャベツや挽き肉や白ネギなど具だくさんでボリュームを感じます。
味噌のまろやかで甘く、そしてピリ辛感があります。
麺はもっちもちの縮れ気味なものです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

知床食堂@羅臼町

羅臼ざる羅~めん@知床食堂 タコザンギ@知床食堂

網走を出発し、ウトロ、羅臼と移動し、小休止。

道の駅に併設しているこちらも食堂で昼食を摂ることとなりました。
私が訪れたのは1階でしたが、2階部分にもあったようです。
おそらく1階の方が狭く、2階の方がメインだと思います。
テーブル席メインで、確か小上がりもあったような気がします。

この日は休日だったこともあり、最果てのこちらの混雑してました。

羅臼ざる羅~めん、タコザンギを注文、〆て1200円。

麺に羅臼昆布が練りこまれているので緑っぽい色をしてます。
ほのかに香る磯の風味、麺自体さっぱりしており独特の旨味が感じられます。

お汁も羅臼昆布が使われております。
先ずはお汁を味わい、そして薬味を入れる前に麺を浸して味わいました。

(゚Д゚)ウマー!

昆布の旨味であろうものが口の中に広がってきます。
あっさりとした上品の味わいなので、スルスルっと食べられます。
その衝動をグッと抑えつつ、ネギ、ワサビ、とろろ昆布、昆布をお汁に投入。
再び、麺を浸して味わってみました。

(゚Д゚)ウマー!

旨味にアクセントが加わり、濃厚な旨味が感じられます。
お汁を飲み干してしまいそうな勢いで、完食しました。

続いて、遅れてタコザンギが提供されます。
麺を食べ終えた後に到着したので、もしや忘れられていたのかなっと思った一品。

こちら、所謂タコの唐揚げです。
カリッと揚げられたタコはぷっりぷりで、(゚Д゚)ウマー!
ビールが合いそうですが、ここは我慢!

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

龍虎亭@桂台

昔風ラーメン塩@龍虎亭

焼肉をたっぷり満喫した後、〆のラーメンを食べました。

こちら、網走と桂台という駅の間にあります。
網走市内の繁華街、桂台の駅の方が若干近いかもしれません。
網走界隈のラーメン屋さんは夜早めに閉まるお店が多い中、こちらは21時から開店。

カウンターメインなんですが、テーブル席もあったような気がします。
昔ながらの建物、古き良き食堂風の雰囲気が漂ってます。

呑んだ後に訪れたので食べることができませんが、チャーハンやカレーなどもありました。
ギョーザ、キムチなど、ビールのお供も充実。
何故か、お茶漬けもあったりとラーメン以外の〆のメニューもあったりします。

昔風ラーメン塩を注文、700円。

白濁したスープ、おそらく豚骨ベースだと思われます。
さっぱりとしたスープに塩の味わいがガツンと。
もっちもちのちぢれ麺、具はチャーシュー、海苔、メンマ、麩、ゆで卵。

このラーメン、カレーと合いそう。
注文したくなりましたが、満腹で我慢。
もし、網走に来ることがあって、夜の〆にラーメン食べたくなったら再訪したいと思います。
ミニカレーがあったと思うので、その時はラーメンと一緒に食べてみたいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

阿倍野noodles@大阪阿部野橋 Ver4

Wラーメン@阿倍野noodles 半チャーハン@阿倍野noodles

天王寺都ホテル2階にあるガーデンレストラン。
祝日の夜、無性にラーメンが食べたくなり訪れました。

Wラーメン半チャンセットを注文、800円。

鶏白湯スープに魚介が加わったもの。
昆布や煮干しや貝などの旨みが感じられる味わい。
見た目大味っぽく感じられるかもしれませんが、意外と繊細。
麺は細めのストレートのもの。
棣鄂の麺を使っていた気がしますが、思ったよりもスープに馴染んでて良かった。
具はチャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギなど。

半チャーハンはややオイリー。
ラーメンに付くチャーハンはパラパラなものよりもオイリーなものがよく合うと思う。

550円でラーメンが味わえ、半チャン自体+250円で味わえる。
500円メニューがあったりと当初よりも安くない、努力されてます。
ごちそうさんでしたごちそうさんでしたごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ハラガヘッタラ永坊@円山公園

ハラガヘッタラ永坊@円山公園 塩ラーメン@ハラガヘッタラ永坊 チャーハン@ハラガヘッタラ永坊

北海道の旅もこの日が最終日。

最後に何を食べて帰ろうか?何時もだったら悩むのですが。
今回は計画的に、以前から気になっていたお店へ。
カウンターのみの8席程度とこじんまりとした店内、ご店主お一人で営まれているのでしょうか。
開店して間もなくに訪れたので、まったり食べることができました。
メニューはラーメンは基本が醤油と塩のみ、チャーハンとカレーのセットがあり、気になってました。

ラーメンセットを注文、850円。

ラーメンの種類は塩をチョイス、チャーハンをチョイス。
カレーも気になったけど、この時の気分としてはチャーハンだったので。
気持ちに逆らわずチョイスした次第です。

こちらのラーメンは本来は醤油のみだったそう、お客側の要望で塩も誕生したそうです。
味わってみて、その気持ちがよくわかりました。
豚骨、鶏がらに魚介を合わせたスープ、塩のイイ塩梅にこっさりまろやかスープ。
小林製麺製のポッキポキとした食感の細めの麺とよく合います。
具はチャーシュー、メンマ、白ネギ、麩など、北海道のラーメンらしい風貌でした。

チャーハンはやや油が多め、香ばしい味わいは塩のスープとよく合います。
パラパラっとしたチャーハンも良いけど、油分多めのチャーハンはラーメンとよく合います。
紅ショウガがイイ!

最後まで美味しいもの食べさせてもらえて、北海道の恵みに感謝です。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン専門店 銀水@釧路

ラーメン専門店銀水@釧路 醤油ラーメン@ラーメン専門店銀水 メニュー@ラーメン専門店銀水

こちら、釧路のラーメンの歴史の始まりといわれているお店。
1935年創業の老舗中の老舗。
最近、移転したからお店自体は綺麗、テーブル席オンリーの席数は20席程度。
看板にも書かれている通り、自家製麺で提供されてます。

醤油ラーメンを注文、660円。

鶏がらベースの醤油味。
スープ自体はホンマにあっさりしております。
もし、釧路のラーメンを知らない人が食べると味が弱いと感じるかもしれません。
しかし、醤油の味がじんわりと感じられます。
麺は細縮れ麺。自家製麺はホンマに柔く、これまたスープとのバランスが絶妙。
チャーシュー、メンマ、ネギなどの具が入ってます。
具のれぞれが共存共栄しているが如く、優しい味わいがします。

約80年前の釧路のラーメンの始まりを感じる味わい、これからも続いて欲しいです。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

老麺やはた@白糠

老麺やはた@白糠 しょうゆラーメン@老麺やはた ギョーザ@老麺やはた

釧路滞在2日目。

こちらのお店、釧路市の隣にある白糠町にあります。
釧路からは電車の本数が少ないので、バスで移動。
帰りは電車で帰りましたが、バスだと50分くらいかかったと思います。

見るからにTHE北海道的なモダンなお店。
店内はカウンターメインでテーブル席、小上がりがあり、席数は50席越え。
中華屋さん的な雰囲気漂ってます。
お店の歴史は古く、1949年に製麺屋さんとして営業したのが始まりとか。

しょうゆラーメン&ギョーザを注文、〆て1150円。

カツオのお出汁が効いた醤油味のスープ。
あっさりながらコクのある味わい。
麺は勿論、自家製麺。
細縮れ麺はもちっとした歯ごたえがあり、スープとのバランスが抜群です。
具のチャーシュー、メンマ、ネギなど。

ギョーザはもちもちで分厚い皮に野菜メインで餡がたっぷり詰まってます。
口の中でニンニクのニオイが広がってくるのがわかりますが、口に入れる手が止まりません。
めちゃ、(゚Д゚)ウマー!

手作りが売りのラーメンは昔から提供し続けられたやさしい味わいでした。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

仁@新富士

仁@新富士 塩ラーメン@仁

念願の釧路に到着。

釧路は北海道四大ラーメンの一角を担ってます。
こちらは釧路市内にありますが、釧路駅からは遠くバスを利用。
こちらを選んだのはネットで調べていると、こちらのお店を勧めている方が多かったから。
レポートなどを拝見していると私好みの味ではないかなっと推測に至りました。

こちら、カウンター席メインでテーブル席もあります、26席程度。
昔ながら中華屋さんを思い浮かべるであろう店内。
塩、醤油、タンメン、味噌など多種。夏には冷やしラーメンもあります。
初代店主と二代目店主のお二人で営まれてる模様。

塩ラーメンを注文、600円。

塩、醤油どちらがオススメか聞いてみました。
好みの方を食べた方が良いと言われたので、初志貫徹。

動物系の旨味とともに、じんわり感じる鰹の旨味に塩がガツンとくる濃い味わい。
釧路ラーメンはもっとあっさりしたイメージでしたが、薄味を比較的好む私には濃く感じました。
しかし、(゚Д゚)ウマー!
硬め仕上げの細縮れ麺とスープがよく合います。
チャーシュー、メンマ、ネギなどの具が入ってますが、細めのメンマが特に、(゚Д゚)ウマー!

醤油も味わってみたいと思いました。いつの日か再訪したいと固く誓いました。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m