ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

清乃近鉄百貨店和歌山店@和歌山

こってり和歌山チャーシュー麺@清乃近鉄百貨店和歌山店

こちら、和歌山駅直ぐ近くにある近鉄百貨店の地下1階。
有名店の支店でして。
様々な食品が売られているコーナーの一画、こじんまりとした場所にあります。
カウンター席が少しだけ、イートインスペースがあるって感じです。

訪れたのが夕食には少々早い時間帯。
店員さんお一人で営まれているので、先客の調理に取り掛かっているので待ちます。
こちらはレジで注文し、お金を支払います。

こってり和歌山チャーシュー麺を注文、950円。

豚骨ベースの醤油仕立て、所謂和歌山のもの。
スープを啜ると思たよりもドロッとしており、動物系のインパクト。
醤油のインパクトがそれぞれ相まって、濃厚な旨味を形成してます。
麺は中くらいのストレート麺。
やや硬めだったかな、力強いスープにもしっかり対応していたかと。
チャーシュー、赤身メインで歯ごたえ抜群。
具は他にメンマとネギなどがたっぷり入ってます。

列車の関係上、サクッと食べたいのですが混雑している時は余裕があった方が良いなと。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

山為食堂@和歌山市 Ver2

中華そば@山為食堂 山為食堂@和歌山市

和歌山ラーメンは麺自体が少ないので、少食の私でも連食できます。
こちらは食堂でありながら美味しいラーメンを味わうことができます。
こちらもテーブル席がメインで必然と1人だと相席になります。

中華そばを注文、800円。

豚骨の旨味がギュッと詰まった旨味に醤油香るスープ。
こちらは醤油のパンチも色濃く出ており、もっちり太い麺がよく馴染みます。
具は角煮風のジューシーチャーシュー、かまぼこ、、ネギなど具沢山。

インパクトある独自の和歌山ラーメン、ホンマ美味しかったです(^O^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

うらしま@打田

中華そば@うらしま うらしま@打田

久々に和歌山遠征。
1時間に1本くらいしか運転しない和歌山線に乗ってきたのがこちらのお店。
平日の昼間のみ2時間30分の営業、敷居の高いお店ですが長年の課題店でした。
ちっちゃな田舎の食堂の雰囲気の店内。
テーブル席、座敷しかないんで1人だと相席になります。
メニューは中華そば、ダブル、ご飯のみ。

中華そばを注文、500円。

スープは豚骨の髄が溶け込んでおり濃厚。
醤油の香ばしさが相まって、素晴らしい旨味を感じられます。
ポッキポキの細麺はスープの勢いに負けず劣らず主張。
具はチャーシュー、ネギなどシンプル。
しかし、何れもこの中華そばには欠かせない味を形成しております。
こちらのスープはきっとご飯が合うはず。
地元だったら、きっとご飯も注文したと思います。

500円でこれほどのものが味わえるとは驚き桃の木です(^O^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

味丸 県体前中華そば@紀和

味丸県体前中華そば@紀和 中華そば@味丸県体前中華そば

こちらも、現地にて携帯で調べたお店です。
気になって訪問した理由として、和歌山では珍しい自家製麺であること。
通し営業で、営業時間が長いのはありがたいです。
テーブルには早寿司などもあり、和歌山らしい典型的なラーメン屋さん。
おでんなどメニューに記載されておりました。

中華そばを注文、550円。

此方のスープも所謂、醤油豚骨味。
醤油の香ばしさが先立っており、豚骨はどちらかというと控えめ。
車庫系と呼ばれる系統だと思われます。
麺が、細めのストレート麺。
なめらかな麺で、柔らかいながらもコシがあり旨みを感じます。
スープと麺の調和が素晴らしく、食べやすい印象を持ちました。
チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギなど具がたっぷり。

和歌山ラーメン、同じ系統でも様々まで奥が深いと思いました (*^^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

マルタカラーメン@日前宮

マルタカラーメン@日前宮 ラーメン並@マルタカラーメン

久々の和歌山へ。

今回はJR和歌山駅近くでレンタサイクルがあるんで利用しました、1日500円。
目的のお店があったんで、向かったけど臨時休業で振られちゃいました。
めちゃ、運がないです。日ごろの行いの悪さが祟ってます
急遽探して見つけたお店が此方のお店なんです。

有名なお店とは同名ながら無関係だそうです。
雑然とした店舗ですが、ある意味ラーメン屋さんらしいって感じでして。
カウンター5席、テーブル席4卓20席。

ラーメン並を注文、600円。

スープは所謂、豚骨醤油スープ。
獣々しい旨みがギュッと詰まっており、醤油の香ばしさが際立ってます。
所謂、井出系に近いスープと思いますが臭みがなくクリーミーな味わい。
豚骨の旨みがホントに詰まってます。
麺は太麺と細麺に2種類があり、選ぶことができます。
普段は直感で選ぶんですが、珍しくご店主に根掘り葉掘り聞いて細麺を選択。
此方の方が食べやすいそうです。
つるっとしたストレート麺。
歯応えがあり、絶妙なゆで加減でもちもっちとした食感。
和歌山ラーメン久々なんで、こんなに麺が美味かったって思ったほどです。
具は、チャーシュー、メンマ、かまぼこ、ネギがたっぷり。
チャーシューは赤身メインで、私好みの味わいでした。

急遽の訪問でしたが、美味しいラーメンに出逢うことができました(*^^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

中華そば 井出商店@田中口 Ver2

中華そば井出商店@田中口 中華そば@中華そば井出商店

中華そばを注文、600円。

久々の和歌山訪問。
旋風を起こした、和歌山ラーメンブームの火付け役として有名まこちらのお店。
ラー博にも出店しており、知名度は抜群だと思います。
14時過ぎと時間をずらしての訪問だったんで、外待ちはなし。
中央にはテーブル席があり、壁際二面にはカウンター席が配置。
席数は20席程度。ほぼ満席状態。人気ありますね。
テーブルには玉子や早すしが置いてました。

店の外まで漂っている、豚骨の獣々しい臭いはスープの旨味に繋がってました。
スープは泡立つほどに濃厚、やや醤油のしょっぱさを感じるものの旨味たっぷりです。
麺はやや臭味を感じるものの、スープが絡みつき美味いです。
バラチャーシュー、メンマ、ヒトデ型のカマボコ、ネギなどが入ってます。
チャーシューは脂身と赤身が半々って感じ。タレの旨味で旨味たっぷり。

以前、訪問した時はあんまし評価してませんでしたが、今回はホント美味かったです。
和歌山ラーメンの奥の深さを堪能した次第です(*^_^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

山為食堂@和歌山市

山為食堂@和歌山市

和歌山で有名な中華そばを提供するお店です。
こちらのお店は名の如く見た目は食堂ですが、メニュー構成はうどんが中心で何種類かあります。
大抵のお客さんがラーメンとご飯をセットで食べてました。
テーブル席オンリーで総席数は24席でした。昼時は混雑しているので相席が日常茶飯事のようです。
喫煙席を多数の中、禁煙席も存在しており私はそちらに座れてラッキーでした。

丸京@和歌山市

丸京@和歌山市

車庫系の老舗ですが、リニューアルされたようで店舗は新しくなってました。
斬新なデザインで暖簾がなかったのが印象に残ってます。
中央にはテーブル席があり、厨房と壁際にはカウンター席が配置されてました。
禁煙という概念がなく至る所でタバコを吹かしている客が居たのは不快でした。

早すしとゆで玉子@丸京

テーブルには和歌山ラーメン特有の鯖寿司とゆで玉子が置かれてました。
こちらは食べた分を後で申告して払うシステムになってます。
寿司を食べたり、玉子を食べてラーメンを待つスタイルと取っているお客さんも居ました。

京橋幸太郎@和歌山市

京橋幸太郎@中華そばあっさり


既に新年を終えてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
仕事とプライベートが忙しくブログの更新を怠ってしまいました。
のんびりとですが更新を再開したいと思います。

和歌山遠征5軒目最後のお店は私が選びました。
京橋幸太郎はもともとは深夜に営業している店として認知してましたが、昼に食べることが出来るとわかったので向かいました。

昼は定食屋で夜は居酒屋というこの店は一目見てそのような雰囲気が漂っておりました。
メニューは和歌山では珍しいくらいに多彩でした。
中華そばにもこってりとあっさりがあって私は中華そばあっさり@630円を選択しました。

麺もスープもオーソドックスの味だった記憶があります。
少々醤油の酸味が強かった印象がありました。

この日5杯食べたので味に関しては自信ないです。。。

正善@六十谷

正善@中華そば

和歌山4軒目は正善。井出系のお店です。
待ちは出ていませんでしたがカウンター26席はほぼ満席状態でした。

注文したのは中華そば@550円。
茶濁したスープは臭いといい豚骨臭がかなりきつかったです。
臭いに比例して味も濃厚で旨味が充分出ていたと思います。
麺は細めで和歌山ラーメンにしてはコシがあった記憶があります。
具はチャーシュー、かまぼこ、メンマとオーソドックスな組み合わせでした。

元祖よりも井出系の味を忠実に再現された店であるという印象が残っております。。。。