FC2ブログ

ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

西峯ラーメン@あさぎり(遠い) Ver2

西峯ラーメン@あさぎり駅(遠い) ラーメン@西峯ラーメン おにぎり(2個)@西峯ラーメン

五木の子守唄はご存知でしょうか?
何の下調べもしてなかったので、ただサイクリングしただけに。
しかも、食事をする施設が平日で営業してません。

その後、当初の予定だったあさぎり町へ向かいました。
相変わらず夏目友人帳聖地巡礼に精を出してましたが、お腹が空いたので気になっていたラーメン屋さんへ。

初訪だと思ってたお店でしたが、実は11年ぶり2回目でした。

およそ、ラーメン屋さんに見えない建物。
民家を改装した感じのお店です。

ラーメン、600円。
おにぎり2コ、180円。

豚骨ベースのスープ。
マー油が浮いており、中にはニンニクがゴロゴロ。
円やかでコクがあって、まるでニンニクのポタージュのよう。
やや太めのストレートなもの。
ニンニク以外にチャーシュー、木耳、海苔、ネギなどが入ってます。

おにぎりは胡麻がまぶされてます。
具は入ってませんがいい塩梅です。
沢庵も含めて美味しかったです。

こちらのニンニクたっぷりのラーメンを食べて記憶が蘇りました。
私自身の味覚が11年経っても不変だったことが嬉しく思いました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト



好来ラーメン@人吉 Ver4

好来ラーメン@人吉 ラーメン@好来ラーメン

熊本から人吉まで自転車で移動。
のんびりと移動していたので、夕方に到着。

この日泊まった宿で夕食をつけてなかったので外で食事することにしました。

こちら、人吉で有名なラーメン屋さん。
なんつッ亭@渋沢、博多新風@高宮、都来@柏など。
こちらで修業されてます。

昔ながらの趣があるお店。
テーブル席のみ14席程度、1人用のテーブルもあります。

こちらメニューはラーメン1種類のみ、600円。

見るから、ボリューム満点。
もやしがたっぷりとのっており、先ずはもやしから。
沢山食べて、やっと麺にたどり着きます。
麺は自家製面で中くらいの太さ、しっかりとした硬めの湯で加減。
豚骨ベースのスープはマー油がたっぷりで真っ黒。
スープ自体あっさり目、マー油に苦みがなく香ばしさが十二分に堪能できます。
もやし以外にチャーシュー、木耳、葱などの具が入ってます。

実はこちらに数回訪れてます。
もう少しパンチのあるスープだった気がしますが、記憶以上にあっさり目でした。

これはこれでありだと思います。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

伝総本店@花畑町

伝総本店@花畑町 薫@伝総本店

熊本の夜、早々に蕎麦屋で呑んだので〆のラーメン

こちら、世界に羽ばたく味千ラーメンのネクストブランド。

店に入ると直ぐに券売機が設置されてます。
メニューは、進、完、薫など。
漢字一文字でメニュー名が表記されているのが特徴。

薫、800円。

豚骨ベースのスープにマー油、ニンニク油が浮いてます。
コクが感じられる円やかなスープ
ニンニク油自体、香ばしさ控えめで万人受けするタイプ。
麺は中細、博多から南下するとやや太目になる感じ。
普通の硬さで茹でて頂いたが、それなりに硬め。

具はチャーシュー、ゆで卵、もやし、木耳、ネギなど。

決して、薄味という訳でなく食べ安い感じです。
もやし自体が水っぽくなる感る原因かもしれませんね。
個人的にはもう少しスープ濃いめの方が好みですので。
他のメニューも気になってます。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

桂花ラーメン新幹線口店@熊本

太肉麺@桂花ラーメン新幹線口店

こちら、熊本駅構内の商業施設えきマチ1丁目の中にあります。

テーブル席メイン、カウンター席もあり席数は30席程度。
流石は駅内にあるだけあって、昼時過ぎてましたが盛況でした。
本店の創業は昭和30年という古く、こちらはそのFC店。

こちらの名物の太肉麺を注文、930円。

麺の硬さを好みに応じて選べるそうですが、普通で注文。
事前に言われたことは普通でもやや硬めの茹で上がりだそうです。

豚骨ベースのスープは白濁しておりコクのある味わい。
所謂、マー油が入っており、香ばく旨味を醸し出してます。
麺はやや太目のストレートなもの、事前情報通りのやや硬めの茹で加減。
スープのコクに負けず劣らず。
具の豚の角煮、タレがしみ込んでおり、美味。
食べている途中で、少しだけ臭みを感じましたが問題ない程度でした。
具の野菜がたっぷりなので、気持ちだけですが健康的かなっと。
あと、メンマ、ゆで卵半分、茎ワカメなどが入ってました。

FC店とはいえ、熊本の代表的なラーメン屋さんで食べられたのは嬉しかったです。
機会があれば、本店でも再度食べてみたいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

好来ラーメン@人吉 Ver3

好来ラーメン@人吉 ラーメン@好来ラーメン

人吉で一番と言っても過言ではない程のラーメン屋さん。
昼時過ぎた時間帯に訪れましたが、行列ができるほど盛況。

テーブル席オンリーで席数は15席程度。
以前に比べると綺麗になっている店内。
メニューは相変わらず、ラーメンオンリー。

見るからに量が多く、もやしもたっぷり。
もやしから麺にたどり着くのも大変なほどの量でした。

スープは豚骨でマー油がたっぷり入ってます。
苦味がほとんどなく、香ばしいのがこちらの特徴。
コクのあるスープを見事に引き立ててます。
麺はやや細めのストレートなもの、コシがあり程よい硬さです。
具はもやし、チャーシュー、きくらげなど。

相変わらずの美味さは健在でした。
人吉には他にも気になるラーメン屋さんがありますが、こちらへ来てしまいます。
機会があれば、また訪れたいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

らーめんちょっとBAR桑庵@日奈久温泉

らーめんちょっとBAR桑庵@日奈久温泉 桑庵ラーメン@らーめんちょっとBAR桑庵 メニュー@らーめんちょっとBAR桑庵

人吉から日奈久温泉へ移動。

こちらの老舗旅館、金波楼にて温泉を楽しむために訪れた次第です。
その前に腹ごしらえということで、気になるラーメン屋さんへ。

某ログの情報をもとに探していたのですが、見つからない。
致し方がないということで、温泉へ入ろうと旅館の場所を確認しようと向かうと見つかりました。
日帰り入浴施設のばんぺい湯近くではなく、金波楼のすぐ近く。
桑原竹細工店の隣にお店があります。
12時からの営業と書かれてましたが、どうやら11時30分からの営業されているようです。

メニューはラーメンだけでなく、ちゃんぽん、焼きそば、チャーハン、うどん、カレーなど。
食堂的な感じのメニュー構成です。

桑庵ラーメンを注文、550円。

口当たりの良いコクのある豚骨スープ。
ニンニクの香ばしい旨味が見事にマッチしており、旨味が口の中に広がってきます。
細めのストレート麺が程よい茹で加減。
具はチャーシュー、きくらげ、ゆで卵、ネギなど。

どこかで見たことがあるビジュアルだなあと思ったのですが。
以前、ばんぺいの湯の2階にある食事処でラーメンを食べたのですが、似てました。
ネット情報ではこちらも同じ桑庵ラーメンのようです。
確かにお食事処桑庵って名前でしたが、母体は同じなんでしょうか。

わたし、気になります!

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

天琴@西人吉

天琴@西人吉 焼きニンニク入りラーメン(並)@天琴

熊本日奈久温泉人吉の旅、最終日。

前日から借りていた人力の車をひたすら漕いでやってきたのがこちら。
実は前日訪れる予定だったのですが、迷ってしまい断念。
やっと見つけた次第でした。

テーブル席オンリー、10席程度だったと思います。
団体のお客が来ていたから、ほぼ満席状態。
滑り込むように空いていた席に着席、そんなに時間がなかったから助かりました。

焼きニンニク入りラーメン(並)を注文、450円。

豚骨ベースのスープ自体はライトでさらりとしてます。
しかし、飲んでみるとわかるのですが凄く旨味が詰まってます。
それに焦がしニンニクチップが相まって、(゚Д゚)ウマー!
麺は九州の麺にしてはやや太めの加水が多め。
程よい茹で加減で、スープとよく馴染んでました。
具はチャーシュー、のり、きくらげ、ネギなど。

こちらの天琴、人吉以外に山鹿、玉名に同じ名のお店があります。
いつの日かすべて訪れてみたいと思いました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

好来ラーメン@人吉 Ver2

好来ラーメン@人吉 ラーメン@好来ラーメン

日奈久温泉から人吉へ。
温泉三昧、ラーメン三昧の旅。

先ず訪れたのがこちらのお店。
なんつッ亭@渋沢の修業先として知られてます。
他に、博多新風@高宮、都来@柏などのご店主が修業されていたそうです。
約6年ぶりに訪れました。

テーブル席オンリー、1人席用のテーブル席もあります。
席数は15席程度、訪れたのが昼時ってことでほぼ満席状態。
店内に入ってびっくり、メニューの類がありません。
そうだったっけ?通算2度目ですが、忘れてました。

おそるおそる、ラーメンを注文しました。
会計の時に知りましたが、600円です。

見るからにボリューム満点、もやしがたっぷりのってます。
もやしを食べて食べて、やっと麺が見えます。
麺もたっぷり入ってます。
真っ黒のスープにはニンニクの焦がし油、所謂マー油が入ってます。
一見、苦そうに見えますが全く苦くありません。
程よい豚骨の旨味と共に感じる、ニンニクの旨味が絶妙。
自ら製麺所も営まれており、コシのあるストレート麺がスープとよく合います。
具のチャーシュー、きくらげもたっぷり。

普通サイズが大盛りサイズのラーメン、満足しました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

お食事処 桑庵@日奈久温泉

お食事処桑庵@日奈久温泉 桑庵ラーメン@お食事処桑庵 手作りぎょうざ@お食事処桑庵

場所は日奈久温泉温泉センター『ばんぺいの湯』。
温泉施設の二階にあるお食事処。
しかし、温泉に入浴しなくても利用できるので訪れました。
夜の日奈久温泉界隈は殆ど店が閉まってるので、選択肢が殆どありません。
もう少しで、夜ご飯が抜きの可能性もあったので助かりました。

桑庵ラーメン、550円。手作りぎょうざ、値段失念を注文。

割りとあっさりとした豚骨スープは甘い味わい。
ニンニクチップが合います。
やや細めの麺との絡み抜群。
チープながらも流石は熊本だと感じました。

餃子は見ての通りこんがり焦げてます、ご愛嬌。
餃子にキャベツが付いてるのは珍しいかなっと。
ビールを呑みたくなるのも、何故か我慢。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン角萬@八代(遠い)

ラーメン角萬@八代 角萬ラーメン@ラーメン角萬

三角から八代へ移動、歴史を感じる昔ながらのお店。
カウンター席オンリー、10席満たなかったと思います。

角萬ラーメンを注文、490円。

豚骨ベースのスープ、濃厚でまろやか。
ニンニクチップのインパクトにより、凄く旨味を感じられます。
麺はやや細めのストレート麺。
具はチャーシュー、海苔、味玉、木耳、ネギなど。

安価で味わえ、しかも美味しかったです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m