ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

お食事処喜八@奥田中学校前

お食事処喜八@奥田中学校前 富山ブラックラーメン並@お食事処喜八 おにぎり(昆布)@お食事処喜八

わたし、気になります!

こちらのご店主は初代西町大喜の所縁のある方だとか。
最寄りは富山ライトレールの駅ですが、富山駅からも徒歩圏内です。
テーブル席がメインで、一応カウンター席もあります。
席数は30席満たない程度だったと思います。

ラーメン富山ブラックと越中ラーメンの2本立て。

富山ブラックラーメン並、720円。
おにぎり(昆布)、160円を注文。

見るからに真っ黒なスープ。
所謂、胡椒が効いた味でしょっぱさが強いです。
しょっぱさだけでなく、醤油香ばしさと共に出汁感もあります。
麺はやや太目のストレートなもの。
具はチャーシュー、極太メンマ、ネギなど。
印象的なものが、極太メンマの味が濃くめちゃしょっぱったこと。
スープに凄くインパクトを与えていると思われます。

おにぎりにはとろろ昆布がまぶされてます。
イイ塩梅で、お米が、(゚Д゚)ウマー!
流石は米処ですね。
とろろ昆布がのったおにぎり、好きなんです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

天然温泉富山剱の湯御宿野乃@大手モール

夜鳴きそば@天然温泉富山剱の湯御宿野乃 生ビール@天然温泉富山剱の湯御宿野乃

こちら、ドーミーンイン系のホテル。

2016年7月16日にオープンしたてです。
和風テイストをコンセプトに少々高級感が感じられます。
すぐ近くにはドーミーイン富山があります。
たまたま、ネットで予約した次第です。

2階に大浴場ありますが、殆どの浴室に浴室が完備し温泉に浸かれます。
浴槽にヒノキが使われており、匂いが漂ってきます。

大浴場で入浴後に先ずは同じ階にある食事処で生ビールを味わいました。
確か、450円。
やはり、温泉の後のビールは最高です。

そして21時30分から23時の間、食事処で夜鳴きそばが無料で提供されます。
ドーミーイン特製の醤油ラーメンです。
ミニサイズながらあっさりとしながらもコクのあるスープ。
多少油を感じますが、〆の一杯に最高です。
残念ながら、私が訪れた時間帯は食事処としての営業が終了し、夜鳴きそばのみの提供。
ビールやハイボールなどを呑みながら食べるのもアリかなっと思った次第です。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

柳の下末弘軒本店@大手モール

柳の下末弘軒本店@大手モール 小ワンタンメン@柳の下末弘軒本店
餃子3ヶ@柳の下末弘軒本店 シュウマイ3ヶ@柳の下末弘軒本店 おにぎりとろろ昆布@柳の下末弘軒本店
地酒立山@柳の下末弘軒本店 下半期営業カレンダー@柳の下末弘軒本店

こちらの創業は昭和9年だとか。
当初は屋台からのスタートで、柳の下で営んでいたから冠名が付いているそう。

テーブル席がメインですが、カウンターもあります。
階上にも座敷があるそうで、70席を有する大店舗。

先ずは地酒立山を注文し、餃子3ヶとシュウマイ3ヶをツマミに。
それぞれ500円、250円、250円。
そして、〆に小ワンタンメンとおにぎりとろろ昆布を注文。
それぞれ、630円と150円。

こちらワンタンメンが有名で麺もてうち。
うどんのメニューもあったりとラーメン屋さんというより食堂のイメージ。

餃子、シュウマイ共々餡がたっぷり。
皮もぷりっぷり。
日本酒よりもビールが合いそうですが、日本酒好きなので。
地酒立山はコクがあって相変わらずの美味さ。

〆の小ワンタンメン。
ワンタンメンの量が通常よりも半分。
麺はやや細めの縮れたもの。
ぷりっぷりの歯応えですが、硬さよりもコシを感じます。
出汁感たっぷりのクラシカルなスープ。
醤油の香ばしさが旨味を感じさせてくれます。
具はチャーシュー、ワンタン、メンマ、ネギなど。
ワンタンは皮がちゅるちゅるで肉メインの餡がイイ感じです。

私的に1番気に入ったのがとろろ昆布のおにぎり。
独特の風味と塩っ気がお米と合います。
富山ではとろろ昆布のおにぎりが定番だとか。

こちらのお店のおうどんが気になるので、再訪したいです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

らぁめん次元@高岡駅前

らぁめん次元@高岡駅前 黒醤油ラーメン@らぁめん次元
餃子@らぁめん次元 高岡コロッケ@らぁめん次元 日本酒(立山)大とっくり@らぁめん次元

高岡駅北口近くのビルの1階。

カウンター席と座敷があり、席数は20席越え。
ラーメン屋さんですが、居酒屋を兼ねた雰囲気。
メニューや店員さんの活気から伺えます。

先ずは餃子、高岡コロッケをツマミに日本酒(立山)大とっくりで注文。

餡がたっぷりの餃子。
高岡コロッケはじゃがいもがたっぷり。
熱々で、日本酒よりもビールが合いそう。
立山は濃厚でガツンときます。

〆に黒醤油ラーメンを注文、700円。

所謂、富山ブラックを意識したラーメン
しょっぱくてスパイシーなスープをイメージしますが。
こちらのはほんのり甘くそして、(゚Д゚)スパイシー!
歯応えのあるちぢれ麺のインパクトあります。
チャーシュー、メンマ、ネギなどの具が入ってます。

富山ブラックといっても千差万別。
こちらのも美味しかったです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

大喜 根塚店@堀川小泉

チャーシューラーメン小@大喜根塚店 大喜根塚店@堀川小泉

消費増税前のお話です。料金等は変わっている可能性があります。
予めご了承ください。



富山といえば、富山ブラック
富山ブラックといえば、大喜


ラーメンが好きの方だったら、ご存知かもしれない。
しかし、図式なんですが、富山ブラックと言っても意外と複雑なんです。

富山ブラックの発祥と言われている大喜
前身は今から60年近く前に屋台で営業していたところから始まります。
当時、戦後の復興事業で多くの方々が従事されてました。
お腹いっぱい食べるために作られたのが、富山ブラックと呼ばれているものと言われてます。

大喜は今から10年ほど前に創業者のご店主が店を閉めることになり、今の大喜に引き継がれたそうです。

元来の大喜の味が気になり、ネットで調べるとヒットしたのがこちらのお店。
先代の創業者の元で修業をし、暖簾分けされたそうです。

割と大きな店舗で、ゆったりとした席の配置。
店内はキレイで、ちょっとした小料理屋の印象があります。
メニューがチャーシューラーメンの小と大、ごはん、生卵などシンプルです。

チャーシューラーメン小を注文、800円。

真っ黒ってわけじゃないけど、醤油の旨味が濃厚なお出汁。
塩辛さと共に胡椒のスパイシーさがガツンと伝わってきます。
しょっぱいのですが、スープ自体に旨味が感じられる。
麺は歯ごたえがあり、スープと負けず劣らず。ワシッワシと噛みながら味わいました。
具はチャーシュー、メンマ、ネギがたっぷり。
バラチャーシューがスープの味を浸み込んで(゚Д゚)ウマー!


富山ブラックの奥の深さを知る一杯となりました。いろいろと食べ歩きたいです('-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

駅前ラーメン ひげ@新富町

駅前ラーメンひげ@新富町 中華そば@駅前ラーメンひげ

消費増税前のお話です。料金等は変わっている可能性があります。
予めご了承ください。


こちら、創業50年の老舗。

元々は富山駅前に屋台も営業していたが先月に一時閉店。
富山駅前が新幹線開業に向けて、リニューアル工事している影響だそうです。
ひげという名は先々代の店主がひげを蓄えていたからついた名が代々使われてます。

昔ながらの店内。カウンターメインですが、テーブル席もあります。
おでんをはじめサイドメニューが豊富で、飲んだ後の〆だけでなくここでじっくり飲むこともできます。

この日は職場の有志で富山を訪れ、二軒目に訪れました。

おでんをつまみにビールを堪能。
ラーメン屋さんにおでんって思われるかもしれないが、地域によってはあります。
餃子などもツマミ、〆に麺を注文しました。

中華そば、600円。

鶏がらベースのあっさり目のスープ。
ほんのり感じる魚介の風味が何ともそそられます。
麺は割と太めのちぢれ麺、もちっとした歯ごたえで硬くもなく柔らかくもなく。
具はチャーシュー、メンマ、ネギなどが入ってます。
昔ながらの中華そばでほっとする味わいでした。

こちらのお店、ラーメンメニューも豊富で他にも気になるメニューがありました。
屋台自体、場所を変えて復活すべく模索されているそうです。
いつの日か屋台へも行ってみたいと思いました('-')b 。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

らーめん 誠や@志貴野中学校前

らーめん誠や@志貴野中学校前 醤油らーめん小盛@らーめ 誠や

先ずは北陸方面へ遠征、富山県の高岡市へ。
気になるお店は多数ありますが、こちらは高岡市の人気店。
日曜の昼間ってことでファミリーが多かったです。

醤油らーめん小盛を注文、650円。

真っ黒なスープは所謂、見た目は我々が知っている富山ブラックとは少し違う気がしました。
鶏ガラベースのスープはやや酸味があり塩分は高め、ショッパイが胡椒のスパイシーさとは縁遠い味わい。
円やかで醤油の旨味が香ばしかったです。
麺はもっちり、極太ちぢれ麺。
ワシッワシとした歯応え、スープのインパクトとよく合います。
具はチャーシュー、メンマ、白ネギなど。バラチャーシューは柔くて、ウマー(‘jjj’)

富山ブラックと呼ばれる麺は千差万別ってことがわかりました。
やっぱり、地元で味わわなけらばよくわからんことがたっくさんありますね。
もっともっと味わいたいと思いました(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

大喜 西町本店@富山県富山市

大喜西町本店@ラーメン小

富山では某SNSで教えていただいた情報を元に大喜西町本店@富山へ。
富山の地ラーメンである富山ブラック系総本山の店です。

元々は肉体労働者のために作られたラーメンでご飯のおかずになるように醤油辛く仕上げたスープです。しょっぱいラーメンのようでガンコ王国のラーメンですらしょっぱさでは敵わないという前評判でした。

事前に麺の硬さやスープの濃さを指定できるようで、薄く頼むことも可能ですがここはあえてありのままのラーメンを味わった方が良いというアドバイスに従いました。

ラーメン小@600円を注文しました。
見た目からして透明度のない真っ黒なスープ。
黒胡椒がまぶされているのは如何なものかと思いつつまずはコショウがかかっていないところから啜りました。

かなりのしょっぱさです。
ガンコ十八代目で食べたスープとは別の意味でのしょっぱさで私は比較できません。

とりあえずラーメンを混ぜてスープを絡ませて麺を食べると意外としょっぱさが麺にしみこんで美味い。しかし食べているうちにしょっぱさがえぐく感じ始めます。

美味いのだけど食べなれていないのでスープは少ししか飲めませんでした。あと黒胡椒がしょっぱさを際立たせる作用があるのか私的にはコショウはいらないと感じました。

次回訪問する機会があれば薄く頼むことにしたいと思います。

もう一軒富山で食べる予定でしたが意外とダメージを受けてしまい、失意のうちに富山をあとにしました。金沢で再起を図れるか?次回をお楽しみに。。。

【詳細】
8月6日訪麺 今年151杯目 今月8杯目 本日3杯目
メニュー ラーメン小@600円

店名 大喜西町本店@富山県富山市 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 富山市太田口通り1丁目1-7
電話番号 076-423-0502
営業時間 11時~19時45分
定休日 水曜日
最寄り駅 富山地方鉄道富山市内線西町駅、上本町駅など。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記のランキングに参加してます。よろしければクリックしてランキングアップにご協力願います。