ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

麺屋大河@北鉄金沢

麺屋大河@北鉄金沢 味噌つけめん@麺屋大河

各線金沢駅から徒歩10分くらい。
ちょうど昼時くらいだったので4人の外待ちでした。
店内でも待ちが発生してました。
カウンター席オンリーの13席。
後ろには荷物を置くスペースがあるのは、旅人には有難い。
事前に注文を聞かれるので、回転が早く20分程度で食べることができました。

こちら、味噌ラーメン専門店。
殆どの方が何かしらの味噌ラーメンを注文されてます。
味噌つけめんを注文、800円。

食前にお猪口で特製野菜ジュースが提供されます。
お店の説明では血糖値の上昇を抑えるそう。
糖の吸収が穏やかになることにより脂肪になりにくくなるそうです。

油控えめなのか甘くコクがある割りにはまろやか。
くどさがなく味わいやすいつけ汁です。
極太のちぢれ麺、つけ汁に浸すと旨味が絡みます。
つけ汁の中にはもやしやチャーシューが入ってます。
まろやかで味わいやすいから、スープ割りすることなく飲み干しました。

この日、暑すぎたので味噌ラーメンは受け付けず。
つけめんにしましたが、まろやかでコクのあるスープ。
きっと、ラーメンも美味しいだろうと思いました。

元気でテキパキとしながらも丁寧な接客に感服です。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

金匠麺@野町

金匠麺@野町 塩ラーメン(金匠麺)@金匠麺

金沢の夜を満喫。
チェーン店舗以外で夜遅くまで営業している有名なラーメン屋さんは少ないです。
そんな現状で気になったラーメン屋さんを訪れました。

2階は系列のリラクゼーションと、驚きのお店。
元割烹の店舗の居抜きだろうか。
こちらのお店、お寿司屋さんが提供されていたラーメンが評判良くて、出店したそうです。
そして、ラーメン以外にも居酒屋チックなメニューも充実してます。
カウンター席、9席。奥には4人が座れる個室があります。
深夜の閉店間際の訪問で先客後客も0。
やや、居心地の悪い静けさが漂っているのが、気にはなります。

塩ラーメン(金匠麺)を注文、800円。

イイ塩梅のスープ。
お出汁のふくよかな味わい、塩のきりっとした旨味が素晴らしく、(゚Д゚)ウマー!
柔目の細麺はスープに馴染んでイイ感じ!
具は牛筋、玉子焼き、筍、きくらげ、ワカメ、ネギなど。
変わり種の具は何れもこだわりを感じます。

美味しい一杯を提供されてますが、近寄りがたい雰囲気が残念。
しかし、おかげさまで身も心も満たされました。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

博多一風堂 金沢香林坊店@野町

赤丸スペシャル@博多一風堂金沢香林坊店

金沢へ団体旅行。
二軒梯子し、〆へ。
〆のラーメンは夜遅くまでやってて、好き嫌いが少なそうなお店。

大箱で団体客向け。
テーブル席だけでなく、カウンター席も多く配置されており、お一人様にも対応。
40席越えの席数を誇ってます。

赤丸スペシャル、1000円。

豚骨ベースにマー油のアクセント、(゚Д゚)ウマー!
久々に味わいましたが、これ程まろやかで旨味たっぷりのスープだったとは!
辛味噌が絡むと味が引き締まります。
麺は柔目に注文、極細麺はスープに馴染み、イイ感じ。
柔いチャーシュー、味玉、海苔、ネギなどの具が入ってます。

金沢まで来て、一風堂と思われるかもしれないが満足の一杯を提供されてます。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

自然派ラーメン 神楽@野町

自然派ラーメン神楽@野町 wチャーシュー麺味玉付き@自然派ラーメン神楽 無添加餃子@自然派ラーメン神楽

この日、ラストの目的地がこちら。
金沢のみならず関西まで名前が聞こえてくる有名なラーメン屋さん。
ちょっとした小料理屋さんの雰囲気の建物。
店内はカウンター席とテーブル席があり、席数は22席程度です。
限定メニューなどが3つ掲げられてますが、1つを除いて売り切れ。

Wチャーシュー麺を味玉付きで注文、無添加餃子も注文、〆て1450円。

豚骨鶏がらベースのスープは無化調でやや油を感じます。
煮干しの上品な味わいが口の中に広がってきます。
麺は自家製、もっちもちの平打ち麺でスープの旨味が絡み、(゚Д゚)ウマー!
別盛りの皿には炭焼きチャーシューと真空調理チャーシューの2種類がそれぞれ2枚ずつ。
こだわりであろうチャーシュー、(゚Д゚)ウマー!
しかし、どちらが何なのかがわからないことに気づいてしまいました。
個人的には赤身が多いチャーシューが好みです。
付けた味玉の他に穂先メンマ、のり、ねぎが入ってました。

餃子は自家製で無添加を売りにしてます。
こんがりと焼きあがっており、もっちり皮に餡にはニンニクが使われてません。
代わりにニラの旨味が濃厚に感じるさっぱりとした味わい。
ビールを飲みたくなりましたが、帰路が面倒になるのでぐっと我慢しました。

他のメニューも気になるところで、機会があれば再訪したいです。
しかし、まだまだ金沢には気になるお店がたくさん。
胃袋がたくさん欲しい今日この頃です。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

冨單@野町

冨單@野町 つけめん@冨單

GW、同行者と共に始まった遠征。

一軒目、こちらのお店は2009年4月29日オープン。
店主は六厘舎、次念序などで修業経験があり、独立されたそうです。
六厘舎の店主をじはじめ、多くの方々の花輪が飾られてました。
開店前1時間前に到着し、様子を見つつ並びました。
開店直後には10人を軽く超える程度の行列が、その後続々と延びてました。
開店当日にテレビ取材があったそうで、既に人気店の仲間入りでしょうね。
店内はカウンターのみ6席、テーブルは2卓8席。入口入ると、券売機が設置されてます。
メニューはこちらをご覧下さい。

つけめんを注文、850円。
麺少な目も同料金ですが選択できます、ちなみに普通盛で麺の量は300g。

スープはやや酸味を感じましたが、甘味や辛味は程々。
粘度はそれなりにあり、バランス重視の味わい。魚介系の旨味がきりっと感じられます。
六系特有の海苔の上に魚粉が載っているのではなく、予めスープに溶け込んでます。
粉っぽさを殆ど感じることなく、味わえるのは個人的にはいい感じです。
麺は自家製麺なんでしょうね、表面がつるっとした太ストレート麺。
しっかりとした歯応え、癖のないオーソドックスな感じでスープとの絡みは良いです。
細切りチャーシュー、のり、ナルトなどの具が入ってます。
途中に徳利で提供される割スープ。最後にスープ割りを味わいました。
煮干しなどの魚介が強く、スープに加えると違った味わいが堪能できました。

店主は若く、店員さんたちも若いお店。
地元に根付いて、これからの発展を願うばかりです(*^^*)。。。

【注意】
オープンから2009年5月11日までは昼のみの営業。
夜営業は2009年5月12日からの営業なんでご注意下さい。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←応援クリックお願いしますm(_ _)m

麺屋 達@金沢

ラーメン@麺屋達

ホテルで金沢駅でオススメのラーメン屋さんは?との問いにこちらのお店が紹介されました。
私自身もこちらのお店は事前にピックアップしており、お墨付きを頂いた形となりました。

駅から近く、駐車場も完備されているようで立地は良いです。
店内はカウンターのみで席は10席程度です。テーブルには灰皿が無く、禁煙店と思われます。
訪問したのは閉店1時間ほど前でしたが、満席で待ちが出てまあした。
ラーメンメニューはラーメンとチャーシューメンのみで中盛、大盛など麺の量が選べます。
味玉のトッピング、ライス、ビール等サイドメニューが少なくラーメンで勝負しているのが好印象でした。。

ラーメンに味玉をつけてライスを注文しました。〆て760円です。

豚骨ベースでチー油が浮いた横浜家系似ていると評されるスープです。
あっさりコクのあるスープは豚骨よりも醤油、油の旨味が感じられました。
やや太めのストレート麺でもっちりとしたインパクトがある麺です。
スープの旨味を見事に持ち上げており、バランスの良さが印象的でした。
チャーシュー、味玉、ほうれん草、ネギなどの具が入ってます。
味玉の黄身がトロリとして濃厚な味わいが印象に残ってます。

横浜家系と考えるとインパクトに欠けますが深みのあるスープと麺の旨味が印象的なラーメンでした。。。。

亀次郎@石川県金沢市

亀次郎@ラーメン

胃と腸の回復を図りながらテクテクと亀次郎@金沢へ向かいました。
駅から片道約1.7kmの距離は夕方とはいえ暑さでとろけそうになりました。天性の方向感覚のなさを自負する私は歩いても歩いてもたどり着かないので焦りましたが何とか到着しました。

亀次郎は分家でありながら味は本家なんです。
理由は亀甲庵を2代目に譲って隠居した初代店主が再び開店した店なんです。私はあえて分家を選びました。

注文したのはラーメン@390円。
見た目も味もあっさりとしたスープは私の荒んだ胃には良いかもしれません。昔懐かしいラーメンです。

それにしても安い。
390円で食べられるなんて近所の人がうらやましくなるラーメンでした。

北陸への日帰り強行軍は石川県3軒、富山県1軒という結果で無事終えました。量は予定通りでしたが店に関しては予定外の小松途中下車で大幅に狂いました。

同行者のいきなりの行動にも困ったものです。
珍しく計画的な行動を目指したのに残念です。
この次の週は高山へラーメン食べに行きますが結果は如何に?

【詳細】
8月6日訪麺 今年152杯目 今月9杯目 本日4杯目
メニュー ラーメン@390円

店名 亀次郎@石川県金沢市 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 石川県金沢市北町(丁)30
電話番号 090-4322-7732
営業時間 11時30分~20時
定休日 月曜日
最寄り駅 JR北陸本線金沢駅。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記のランキングに参加してます。よろしければクリックしてランキングアップにご協力願います。

一喜@石川県金沢市

一喜@チャーシュー麺小

金沢で同行者と別行動を取ることが成功したものの小松で途中下車をした影響が響きました。
この日午前の営業しか行われない一喜@金沢へ駅からBダッシュで行きました。

この店はチャーシュー麺と夏季のみ冷麺という少ないメニュー構成です。
普段はチャーシュー麺食べない私も折角の訪問なんでチャーシュー麺小@650円。

小といっても大量のチャーシューとネギが山盛りになっていて並以上の量がありました。

スープはやや醤油からと思われる酸っぱさが占めてました。コショウが少しかかっていたようでコショウ臭さも気になりました。
チャーシューにもスープのうまみが吸収されていてなかなかいい感じです。
やや太めの麺は硬めに茹でられておりスープの味がしみていていい感じに仕上がっていました。

閉店時間間際にもかかわらず結構客が入ってきていたのでかなりの人気店だと思います。

帰りはバスを乗車して何とか金沢駅に戻って予定の電車に乗ることが出来ました。
一路富山へ向かいます。

【詳細】
8月6日訪麺 今年150杯目 今月7杯目 本日2杯目
メニュー チャーシュー麺小@650円

店名 一喜@石川県金沢市 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 石川県金沢市尾山町3-2
電話番号 076-224-2175
営業時間 11時~20時30分、日曜日・祝日11時30分~14時
定休日 無休
最寄り駅 北陸鉄道浅野川線金沢駅、JR北陸本線金沢駅など。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記のランキングに参加してます。よろしければクリックしてランキングアップにご協力願います。

らーめん屋元八 小松駅店@石川県小松市

らーめん屋小松駅店@つけ麺

この日は日帰りの北陸遠征です。
行きは18切符。帰りは特急で帰ってくるというな旅でした。
当初は何の予定もなかったのですが鉄道マニアの職場の先輩に誘われてしまいました。彼の破天荒の行動には普段から困っていたので当初は断るつもりでしたが、北陸のラーメンは未食だったので道中のみ行動を共にして現地は別行動という条件で一緒に行くことにしました。

これで問題なし。と思いきや出発当日電車に乗ってから「小松駅で一度下車して」といきなりのリクエストですorz
当初はこのまま金沢まで行く予定なんですが、こちらにはこちらの都合があるのですからと言いたい所ですが、一応先輩なんで言えずorz
しかも30分ほどしか時間がありませんが無駄にする気はありません。彼と行動を共にする気もなく駅ビルの中にあるラーメン屋で食べることにしました。

らーめん屋小松駅店@小松はチェーン店のようで金沢駅の近くにも同じ名前の店がありました。

ラーメンがわずか380円という価格設定に魅力を感じてしまいましたが、注文したのは季節限定のつけ麺@480円。これも安いですね。

値段が安いのであまり期待していなかったのですがまさか、つけ汁がそばつゆとはorz
おまけに天カス、ねぎ、わさびがありました。

これじゃあ、ざるラーメンです。

しかし、麺に弾力性があって意外といけました。安価の割にはさっぱりしていて意外性のあるラーメンでした。

【詳細】
8月6日訪麺 今年149杯目 今月6杯目 本日1杯目
メニュー つけ麺@480円

店名 らーめん屋元八 小松駅店@石川県小松市 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 石川県小松市土居原町13-18
電話番号 0761-21-9898
営業時間 11時~23時
定休日 不明
最寄り駅 JR北陸本線小松駅。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記のランキングに参加してます。よろしければクリックしてランキングアップにご協力願います。