ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

中華そば浅月@岡山

中華そば浅月@岡山 カツそば@中華そば浅月 おにぎり@中華そば浅月

こちら、岡山駅西口から5分程度の場所にあります。
創業が1948年とかなり歴史を感じるお店。
細長い店内は手前にテーブル席があり、奥に座敷がある配置。

名物的であろう、カツそばとおにぎりを注文、〆て960円。

豚骨ベースの醤油味のスープ。
泡立っており、見た目濃そうに見えます。
味わってみると、軽やかなスープ醤油が香ばしい。
麺はやや細め、加水が低めの硬めの感じ。
具はとんかつ、チャーシュー、メンマ、ネギなどがたっぷり。
とんかつはおそらく揚げ置かれたもの。
チャーシューもたっぷり入ってて、ボリューム満点。

おにぎりは具が入ってないもの。
沢庵が付いてて、80円は安いですね。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

お多津@笠岡

お多津@笠岡 中華そば@お多津

こちら、以前からの宿題店。

旅館に併設されたお食事処。
以前は提供される日が限られており、地元外の者にとっては敷居が高かったです。
今では常時提供されており、今回の訪問に至りました。

中華そばを注文、650円。

鶏ガラベースのスープ、醤油が香り程よい油分。
生姜が強く感じられます。
やや細めの麺は硬めの茹でかげん、スルスルと啜るとスープの旨味が絡んできます。
具に笠岡ラーメンの定番、煮鶏が入ってます。
親鶏を醤油で煮込んだもので、歯応えがあります。
あと、メンマ、糸唐辛子、ネギなどが入ってます。

クオリティが高い一杯を堪能しました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

やまと@県庁通り Ver3

やまと@県庁通り 中華そば小@やまと かつ丼小@やまと

四国に別れを告げ、今回の遠征最後に訪れたのが岡山。

こちらはラーメン屋さんというよりも、洋食屋さん。
中華そば以外に有名なのが、かつ丼、やきめし、ハヤシライス等々。
店内はテーブル席メインながらもカウンター席があり、お一人様でも大丈夫。

中華そば小、かつ丼小を注文、〆て1000円。
ここまで、讃岐うどん店を4軒の食べ歩いたので、小を注文。

ラーメンのスープは所謂、豚骨魚介系。
以前味わった時のイメージは豚骨のパンチ力に見え隠れする節々の旨味って記憶がありました。
今回は魚介が際立って感じます。
決して、動物系のスープが弱まっている訳ではなく、いい味だと思います。
程よい硬さの中華麺、具はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギなど。

かつ丼は岡山名物のデミカツ丼
デミグラスソースが熱々のカツに絡んでウマー(‘jjj’)
ラーメンのスープと交互に味わうとより旨味が鮮明に感じられます。
これ以上にない相性の良さを感じる両メニュー。
共に提供された沢庵のお漬物、良い箸休めになってます。
あっという間に間食してしまったが少し物足りなさを感じる美味さ。

店主ご自身が自信たっぷりに提供されておる、一杯のラーメンとかつ丼。
味わっている価値ありかもです('-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

元祖岡山とりそば 太田@県庁通り

塩とりそば@元祖岡山とりそば太田

呉から一気に岡山まで移動。
こちらは岡山の地鶏を使ったラーメンを提供されているという事で興味をわきました。
場所は県庁の近くで、以前訪れたやまとの近くに店があります。
横に伸びたカウンター席のみ、スタイリッシュな店内。

塩とりそばを注文、650円。

鶏ガラ、大量なモミジと共に数十種類の野菜が煮込まれたスープ。
ごまがまぶされた澄んだスープは鶏の旨味がふんだんに感じられます。
塩ダレが由来か?油の旨味か?パンチがあり、意外と濃厚。
塩とりそばの麺はかん水を使ってないもの、柔い噛み応えの麺ですが美味い。
具に使われている細キャベツがスープに馴染んで良い食感です。
他にチャーシュー、ネギがたっぷり。

ネーミングはシンプルですが、斬新なラーメンは旨味たっぷりでした(^O^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

中華そば専門店 坂本@笠岡

中華そば並@中華そば専門店坂本

こちらは笠岡ラーメンを提供される最古のお店。
創業は1958年、創業50年を超える老舗です。
一時期、横浜のラーメン博物館に出店されていたので首都圏では知名度が高いかも。
メニュー構成は中華そばの並と大盛りのみサイドメニューはありません。

中華そば並を注文、500円。

鶏ベースの醤油味。
素朴な味わいながら醤油の旨味が詰まったスープ。
チャーシューの代わりにかしわを使っているのが特徴。
こちらでは親鶏を使っている為、硬めの食感。
ポキッとした歯応えが特徴な麺、スープによく合ってました。

昔ながらの味を味わえる、地ラーメン健在でした(^O^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

第2又一@倉敷

第一又一@倉敷

今回の九州中国巡業の最後のお店となりました。
岡山県のラーメンといえば笠岡、岡山なのかもしれませんが今回は倉敷駅で途中下車しました。
昔から某ナビで調べていて気になっていた倉敷の老舗へ行くことが目的です。
以前に倉敷に遊びに行ったラー友に未食だけどこちらの店を紹介したことがあります。
ラー友曰く「美味かった」という感想を後日聞きました。
自身が未食なんで確認の意味合いで食べてみたい欲求というよりも義務感がありました。

駅から5分ほど歩いた場所にあります。
私は間違って美観地区の方へ歩いて30分ほど彷徨ってしまいました。
外観、内装共に趣きのある古めかしさがあるお店です。
カウンターのみ10席ほどの店は狭いながらも地元客で賑わっていた記憶があります。
貼り紙を読むと学生には50円引きだそうで学生には温かいサービスがあります。
ただし、タバコを吸うと50円引きは取り消されるようなので注意が必要です。
席に着いてから注文をしてあとから支払うシステムです。

天神そば@城下

天神そば(岡山県岡山市)

この日初のラーメンは天神そばからスタートしました。
創業からかなり年月が経ってそうな建物の中はラーメンを食べる人々で満席状態でした。
かろうじて待つ事無く座れましたが只でさえ狭い店内窮屈な状態で喰うこととなりました。
メニューにあらかじめ番号が打たれており番号を伝えることで注文するシステムとなってます。

富士屋@岡山

富士屋(岡山県岡山市)

この日4軒目に訪れた店は創業50年を迎えた岡山の老舗です。
過去にカップラーメンを発売した有名店であり、数多くの有名人が訪れたようで店内には多くの有名人と撮った写真が飾られてました。
生憎、雨が降り始めましたが遅い夕飯時で客がぽつぽつと訪れておりました。

おっつぁん@笠岡

らーめんおっつぁん(岡山県笠岡市)

この日3軒目は岡山で有名な笠岡ラーメンを食べにおっつぁんへ向かいました。
笠岡ラーメンは鶏ベースの醤油味のスープでチャーシューの代わりに煮鳥を使われてます。
細めのちぢれ麺で煮鶏、ネギ、メンマなどの具を用いられています。
我々が訪れたのは夕刻の時間帯で総合卸売市場内に位置する店は先客後客共に0人でした。

やまと@県庁通り

やまと@ラーメン

遠征最終日九州から鈍行に揺られて帰りに寄ったのが岡山駅です。

ラーナビで調べたやまとへ向かいました。見た感じ洋食屋さんの感じがしたのですがやはり洋食屋さんのようなメニューでした。ラーメン以外にカツ丼、タンシチューなど多彩です。昼時過ぎているのにほぼ満席状態なのはこの店が人気店であると物語ってます。

注文したのはラーメン@650円。鰹節の味がガツンとくるラーメン。あっさりとしていて味は濃厚。ラーメンのスープというよりもうどんのスープみたいな感じです。麺はちょうどいい茹で加減で美味いです。メンマ、チャーシューなど昔からある中華そばという雰囲気でした。

店の雰囲気ものんびりとしていて好感が持てます。
本気で美味いと思った一杯でした。。。。。