ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

クウィンス森吉@阿仁前田

塩タンメン@クウィンス森吉 秋田内陸縦貫鉄道前田南駅

秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅に併設されてる温泉施設。
食堂もあるので、昼飯に利用しました。

隣の前田南駅がアニメ映画『君の名は。』で駅が登場したのですが、こちらがモデルと言われてます。
前田南駅は無人駅でのどかなのですが、近くに食事ができそうなお店が無さそう。
何せ、何時間も列車が来ませんので、隣の駅まで移動が大変で2キロくらいありそうです。

入浴後に食べるのが本来でしょうが、食堂だけの利用もOK。
メニューは豊富で、呑むこともできます。

塩タンメンを注文、720円。

塩がパッチリ効いたスープには胡椒も効いてます。
野菜たっぷりで、旅先で野菜不足な私にとってはありがたいです。
麺は標準的な中華麺、もっちりした食感です。

温泉上がりの方々が各々過ごされてます。
私も少しまったりとさせて頂きました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

末廣ラーメン本舗秋田山王本店@秋田

中華そば(並)@末廣ラーメン本舗秋田山王本店 ヤキメシ1/2@末廣ラーメン本舗秋田山王本店

秋田駅からは少し離れてます。

この日は生憎の雨。
行きは歩いていきましたが、雨がひどくて萎えました。
そんなわけで帰りはバスを利用しました。
飲み屋さんが沢山ある繁華街からも外れてます。
官庁街の近くにあります。
24時間営業で、スープの仕込み中以外は店が開いてるそうです。

こちら、先代が新福菜館で修業されたそう。
店内には京都の本店の写真が飾ってあります。
カウンター席オンリーで席数は10席程度。
入口入ってすぐに券売機が設置されてます。

中華そば(並)セットを注文、1000円。
こちら、中華そば(並)とヤキメシ1/2のセットです。

見た目から濃厚そうに見えます。
ネギはボールにたっぷり提供され、自分自身で入れます。
動物系の旨味と油のインパクト、醤油の香ばしさが強く出たスープ。
醤油の荒々しさ胡椒のパンチ、まるで富山ブラックのよう。
麺は標準的な中華麺で、スープの印象が強くてあまり記憶に残ってません。
薄切りのチャーシュー、肉肉しくてインパクト大でした。

ヤキメシは醤油が香ばしくて、油でしっとり。
濃いめの味加減が私の中では印象的でした。

修業店よりもインパクトを感じます。
メニューも塩とかあさり醤油など豊富です。
秋田駅近くにも支店があるので、気軽に食べれそうです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

名代三角そばや 本店@十文字

名代三角や 本店@十文字 三角中華そば@名代三角や 本店 漬物@三角中華そば

1950年ごろ創業の十文字の老舗。
2007年、山形県金山町にあった古民家を移築して新店舗を構えました。
店内は広く、カウンター、テーブル、座敷など席数は50席程度。
先にレジに向かい、注文します。

三角中華そばを注文、650円です。

焼干しや煮鰹節など、魚介系メインで採ったスープはあっさりながら濃厚な味わい。
麺は無かん水の細ちぢれ麺。縮れ具合が凄くモチモチした食感。独特の風味が( ゚Д゚)ウマー
十文字独自の麩がトレードマーク。漬け物が箸休めになってます。

魚介の旨味と麺の独特の食感はぜひ味わって頂きたいです。。。。

伊藤@角館

伊藤@角館 メニュー@伊藤 肉そば@伊藤

伊藤@王子神谷 の本店的存在。民家で看板も暖簾もないのでわかり難いです。
開店時間帯には既に満席。続々と列が延びます。
店主一人で切り盛りしているので回転はよくありません。じっくり待つのが吉です。
メニューはそばと肉そばのみ。

肉そばを注文、650円です。

スープは動物系旨味が強く煮干が弱め。タマネギの風味が前面に出ている感じ。
柔めの自家製麺は量が多め。チャーシューは量が少なく好みが分かれる味わい。
中華そば屋伊藤@王子神谷とは方向性の違いをはっきりと感じられました。
最近、味のリニューアルが行われ、煮干が弱めになった模様です。

味に関しては人それぞれですが、個人的にニボニボを期待してしまいました。。

元祖 十文字中華そばマルタマ@十文字

元祖十文字中華そばマルタマ@十文字 メニュー@元祖十文字中華そばマルタマ 中華そば@元祖十文字中華そばマルタマ

十文字ラーメンは秋田県旧十文字町(現横手市)で味わうことが出来る地ラーメンです。
こちら、マルタマは十文字ラーメンの発祥のお店で1935年ごろ創業と70年以上経つ老舗。
動物系スープを使わずに煮干や鰹節等、魚介系スープを使うのが特徴です。

手打ちのちぢれ麺を使い、独特の食感の麺に具はチャーシュー、メンマ、ネギに麩が入ります。
店内は広く、カウンター、テーブル、座敷などの配置で50人以上は座ることが出来そう。
入店後直ぐにレジへ向かい、食券を購入します。ちなみにこちらは喫煙店です。

中華そばを注文、500円です。

魚介スープは煮干よりも鰹節や昆布の旨味が割りと強め。
動物系を使わないので脂っ気がなく醤油が効いたあっさりスープ。手打麺が合う。
具はチャーシュー、メンマ、かまぼこ、麩、ネギ等。
かつて重労働が多かった時代はおやつ代わりにラーメンを食べたそうです。

あっさり、コクのあるスープは私好みで( ゚Д゚)ウマーでした。。。。