ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

金次屋@斗米

金次屋@斗米 イカのせ中華&おにぎり@金次屋 イカのせ中華@金次屋 おにぎり@金次屋

今回の遠征もついに最後、IGRいわて銀河鉄道に乗り、北上しました。
こちらのお店は創業が大正11年と老舗中の老舗。
元はお蕎麦屋さんなんですが、途中から提供した中華そばも好評だそうです。
店内はテーブル席メイン、奥には小上がりもあり昔ながらの食堂って感じ。

イカのせ中華&おにぎりを注文、730円。

甘い味わいのスープはじんわりのお味。
麺は自家製の手打ち麺、スープに馴染んでおしい。
具にはイカ天、チャーシュー、メンマ、のり、ネギなど。
イカ天が珍しくてイカのせ中華を注文したけどよく合っていると思う。

おにぎりも気になったので注文。
大きい爆弾おにぎり、具の昆布もたっぷり。

お蕎麦屋さんの中華そばってホンマ美味しかったです(^o^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

直利庵@仙北町

直利庵@仙北町 中華そば@直利庵 半天丼@直利庵

宮古から盛岡へ移動。
こちらはわんこそばのお店として有名ですが、中華そばも味わえます。
盛岡の駅からは少々距離がありますが、歩いて訪れました。

中華そば&半天丼を注文、〆て1250円。

醤油の香ばしさと共に感じる節々の旨味。
おそば屋さんのお出汁の味わい、極細縮れ麺はよく合います。
具はチャーシュー、メンマ、のり、ネギがたっぷり。
おそば屋さんらしい和風の旨味を感じる中華そばでした。

中華そばも好きなんですが、天丼も好きなので注文。
さっくとした衣とタレの旨味が絶妙。
特にえび天がフライのような衣が独特で印象的でした。
天丼におそばが付いており、少しだけですが味わうことができました。
おそばも美味しかったです。

おそば屋さんの中華そばも美味しかったですが、天丼も美味しかったです(^o^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

福@宮古

福@宮古 雲呑麺@福

震災で津波に襲われた宮古。
テレビ映像を見て状況を理解するまで時間がかかりました。
それくらい現実離れした映像にショックを受けました。
直ぐには無理だろうと思ってましたが、何れ訪れたいと思ってました。
今回の旅に先駆け、宮古ラーメンの存在を知り計画に取り込んだ次第です。

今回訪れたこちらのお店、店自体こじんまりしております。
店内はテーブルメイン、長テーブルのカウンターもあります。
地元の人でにぎわってましたが、一人でも気兼ねなく訪れることができました。

雲呑麺を注文、450円。

店内は煮干しの香ばしいニオイが立ち込めてました。
さっぱりとしたお出汁はほんのり煮干しを感じる程度。
やさしいお出汁に柔い麺、昔ながらの味わいです。
具はワンタンたっぷり、チャーシュー、メンマ、ナルト、のり、ネギなど。

地元に根付いた老舗のラーメン、美味しかったです。
今回は短時間の訪問でしたが何れは岩手から宮城の沿岸部を鉄道で移動し、ラーメンを味わいたいと思います。
現在も鉄道が寸断している区間もありますが、一日も早い全線再開を願ってます(^o^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

元祖満州にらラーメン さかえや本店@村崎野

元祖満州ニララーメン さかえや本店@村崎野 メニュー@元祖満州ニララーメン さかえや本店 満州にらラーメン(塩)@元祖満州ニララーメン さかえや本店


北東北巡業も最終日。
ドーム店舗が特徴的なこちらのお店は「おいしい」「早い」「安い」の三拍子揃っており、大人気。
開店前から行列が出来てました。

満州にらラーメンを塩で注文、530円です。
こちらのラーメンのキャッチフレーズは『男のラーメン、男の味』です。

見た目から辛そうなラーメンはラー油たっぷり、唐辛子もたっぷりです。
鶏ベースのスープ、にら、にんにくの芽、豚バラ肉、タマネギなどが入っており、具沢山。
一見してジャンクぽいが、味わってみるとラー油、唐辛子の辛さが意外とまろやか。
塩ダレの旨味、ニンニクの香ばしさなどがアクセントになって、( ゚Д゚)ウマー。
麺は極細ちぢれ麺。硬めのゆで加減でスープに合ってました。

本当に「おいしい」「早い」「安い」の三拍子揃っておりました。
ラー油や唐辛子のピリ辛さと塩ダレの旨辛さが重なって旨味の三重奏を奏でてました。
個人的には辛いものが苦手なんですがこちらの辛さにはまりそう。麺も好みでした。
地元に根づいたラーメン屋さん、何れ再訪したいです(^o^)v。。。。。

佐々木家 盛岡店@盛岡

佐々木家 盛岡店@盛岡 メニュー@ 佐々木家 盛岡店 とんこつ醤油ラーメン(小)@佐々木家 盛岡店

東北の家系味わいたく訪問。盛岡の他に秋田に店舗があります。
カウンター、テーブル席があり、30席程度。繁華街の立地から酔客が目立つ。
店内に入ると直ぐ、券売機があり、食券制。

とんこつ醤油ラーメン(小)を注文、600円です。

スープはコラーゲンがたっぷりらしく、まろやかで全体的には控えめ。
カエシ、チー油の味わいは確かに家系だが大人しいのが特徴といえば特徴かも。
麺は自家製麺なのが家系としては異色。
太ストレート麺は加水低めでポキポキとした食感が不思議と合います。
具はチャーシュー、メンマ、のり、ほうれん草等々。これまた家系の特徴。

家系という枠組みの中でも様々なタイプがあるのでしょうね。
様々な家系を体験して味わいたく思いましたo(^O^)。。。

極上拉麺専門店 穴場@岩手飯岡

極上拉麺専門店 穴場@岩手飯岡 メニュー@極上拉麺専門店 穴場 炙り味噌@極上拉麺専門店 穴場 

盛岡市郊外の国道沿いにあるお店。
名前と裏腹に人気店で某ナビによると早々にスープ切れで閉店する場合もあるとのこと。
客層も様々で家族連れなども利用されており、この日も繁盛してました。

味噌と秋刀魚だしを使った醤油が売りの模様。炙り味噌を注文、680円です。

スープは豚骨ベース味噌ダレの旨味を活かしたスープで出汁自体はあっさり。
背脂と自家製マー油で細切れのチャーシューを炙って香ばしさと濃厚さを演出。確
かに味噌の旨味とニンニクの香ばしさが効いている感じ、( ゚Д゚)ウマー。
ちぢれ麺がしっかりとした歯ごたえ。スープの持ち上げも良く、バランスも良い感じかな。
チャーシューは印象的、( ゚Д゚)ウマーでした。

創意工夫か感じられるラーメン。人気の秘密が分かるような気がしました。。。

白龍@上盛岡

白龍@上盛岡 じゃじゃ麺(小)@白龍 ちいたんたん@白龍

盛岡の三大ご当地麺といえばわんこそば、冷麺、じゃじゃ麺。
じゃじゃ麺とは白龍の初代店主旧満州の炸醤麺(ジャージアンミエン)からアレンジしたもの。
今回訪問の白龍はじゃじゃ麺発祥店であり、今もタ代表的なお店として知られてます。
ちなみに店名はパイロンと読みます。
店内はカウンター、テーブル席があり席数は20席程度。

じゃじゃ麺(小)とちいたんたんを注文〆て400円です。
こちらも小麦の値上げの影響で2008年5月7日よりじゃじゃ麺が50円値上げしました。

うどんに似た麺を味噌や味噌やネギやキュウリ等の具を絡ませて食べます。
味噌の風味が口の中に広がり、甘い旨味が( ゚Д゚)ウマー
途中でラー油、ニンニク、酢を投入して更にかき混ぜると甘辛さが増し、( ゚Д゚)ウマー
〆に使った皿に生卵を投入してかき混ぜたものを店に渡します。
スープを入れて味噌を足してもらうととちいたんたんの完成。
味噌をかき混ぜて飲むとこれが( ゚Д゚)ウマー( ゚Д゚)ウマー。と連呼したく味わいなのです。

ラーメンという位置付けに無理があるかもしれませんが、美味い麺に境界なし。
某ナビにもラーメンとして掲載されているので問題なしです。
( ゚Д゚)ウマーと連呼したくなる味わいは盛岡に訪れた時には味わって頂きたいです。。。。。

中河@上盛岡

中河@上盛岡 中華そば@中河

昭和30年、屋台からスタート。創業50年を超える老舗。
こじんまりとした店内はカウンター、テーブル席があり、席数は14席程度。禁煙。
こちらのメニューは中華そばのみで入店すると自動的にオーダーとなります。

中華そばは500円。2008年5月12日からは550円に値上げします。

鶏ベースのスープは透き通っており、澄んだスープが特徴的。
油分が感じられず、まさしく淡麗なな味わい。仄かに魚介系の旨味も感じられます。
麺は極細ちぢれめん。スープの絡みが良く、意外に量が多い。
具はチャーシュー、メンマ、のり、ネギ等。

これぞ昔ながらの中華そばというシンプルな味わいが好感持てました。。。