ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

手打ちラーメン 祇園@真岡

手打ちラーメン祇園@真岡 塩パーコめん@手打ちラーメン祇園 メニュー@手打ちラーメン祇園

消費増税前のお話です。料金等は変わっている可能性があります。
予めご了承ください。


結城から直ぐに水戸線へ乗り込み下館へ。
この駅から真岡鐵道へ乗り換えました。
真岡でSLとすれ違いましたが写真撮れず、残念です。
真岡から徒歩でこちらのお店へ向かいました。
テーブル席と小上がりがあり、40席。店内には地方の老舗特有ののんびりとした空気が流れてました。

塩パーコめんを注文、900円。

豚骨鶏ガラに昆布などのスープ。
先ず、ラー油のインパクトが口の中にひろがってきます。
そして、甘い濃くのある味わいが感じられます。
豚の唐揚げは揚げ立て、更に野菜がたっぷり。
こちらの味もスープに浸しているうちに伝わってきて、(゚Д゚)ウマー!
こちらの麺も手延べ、注文してからドスン!ドスン!と打って延ばして作ってます。
割りと細目なんですが、ぎゅっとした歯ごたえがある麺で驚きました。

普段、なかなか味わえない手延べの麺を味わうことができて良かったです。
ごちそうさんでした('-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

新川食堂 小俣店@小俣

新川食堂小俣店@小俣 新川@新川食堂小俣店

両毛線に乗り、隣の足利市へ。

最寄りの小俣という駅周辺はほのぼのした風景が広がります。
このようなところにお店があるのか、などと考えながらてくてく歩くと発見。
趣のある、店構えです。
店内はテーブル席と座敷を兼ね備えた、昔ながらの食堂の雰囲気。
老夫婦が営んでいる、ほのぼの雰囲気のお店です。
食堂と名乗ってますが、メインメニューはラーメン。
青竹で打った麺はお隣の佐野と同様、本格的なラーメンを提供されてます。
数多くあるメニューの中で気になったメニューを注文。

新川(あんかけ)を注文、650円。

鶏がらベース醤油味のスープはトロミがあります。
炒められた餡かけの野菜がたっぷりのっていて、甘い味わいを醸し出してます。
野菜とともに豚や錦糸玉子や紅ショウガやワカメがたっぷり。
麺はやや細めの縮れ気味、ギュっとした歯ごたえは正しく青竹の麺。
スープとの相性も抜群、デリシャス(゚д゚)!

栃木にはまだまだ気になるお店がたっくさんあり、いつの日か再訪したいです。
その日まで、グッドラック(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

さのらーめん しんざん@佐野市

さのらーめんしんざん@佐野市 しんちゃん@さのらーめんしんざん

この日は都内から一路佐野へ。
目的はもちろん佐野ラーメン。

佐野ラーメンとは、青竹を使って麺を打つのが特徴。
加水が高く、中太く縮れ麵であるが店によって細かったり太かったりまちまち。
出汁に関しては定義はなく、豚骨や鶏がらを使ったもの様々だったりする。
店によって特徴があり、食べ歩くには最適です。

ネットで事前に調べて気になったお店があり、そちらへ。
店内は中央にカウンター席を配置、テーブル席や座敷まで配置。
気合い入れて開店15分前に訪れましたが、来たのは家族連れのみでした。
メニューは豊富で、基本の醤油以外に塩や味噌もあります。
サイドメニューも豊富で餃子も二種類ありました。

しんちゃんを注文、700円。

鶏がらベースの醤油味。
一瞬、塩っぽい味わいを感じますが、醤油の旨味が詰まった味わい。
仄かに感ずるのは落花生の味わいですかね?良いアクセントです。
平打ち気味のちぢれ麺、つるっとした表面にもっちとした歯ごたえ。
いい塩梅のスープに見事に合ってます。
具はチャーシュー、ゆで卵、メンマ、のり、ネギなど多彩。
チャーシューが柔く、ホロホロでした。

サイドメニューも気になるので、いつの日か再訪したいお店です(*'-')b 。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

足利麺@東武和泉

足利麺@東武和泉 ひもかわラーメン@足利麺

こちらは佐野市のお隣り足利市にあるお店。
建物は和風ながら中華メニューが豊富の所謂、中華屋さん。
テーブル席、座敷メインで土曜の昼時に訪問しましたが、満席でした。

ひもかわラーメンを注文、450円。

スープは醤油味、塩っ気がキツく何となくワカメが合います。
こちらの麺が特徴的で超幅広く薄い麺、小麦の味わいがダイレクト。
まるで餃子の皮をそのまんま味わってる様でした。

全国各地には様々な麺があるんだと再確認。
これからも全国各地食べ歩きたいと思いました(^O^)。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

青竹手打ラーメン 日向屋@富田

青竹手打ラーメン日向屋@富田 ラーメン@青竹手打ラーメン日向屋 餃子@青竹手打ラーメン日向屋

この日は佐野ラーメンを味わう為に佐野へ。
時折降る雪、やはり寒い。開店30分程前に訪れてポールGET。
その後、店前の駐車場に何台か車が止まるが車内待機が続いてる。
20分位前に他のお客が列に加わると後に続々と集まり列が延びていった。
開店時には席数以上に並んでおり、更に列が延びていた模様。

ラーメン&餃子を注文、〆て950円。

鶏ガラ&豚骨ベースの醤油味。
味わってる時は塩かなって思った程淡く、塩っ気がそれなり。
青竹で打たれた平打ち麺は太さがまちまち、ぷりっぷりの食感。
凄く旨味が詰まっておりこれが本場の味わいなんだと感嘆。
具はチャーシュー、ナルト、メンマ、ネギなど。

餃子は野菜たっぷりで具沢山、ボリュームが満点。
皮が厚くジューシー。これって宇都宮風なのかな?好みの味わいでした。

常々味わいたいと思ってた佐野の麺、再訪叶い良かったです(^O^)。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

宝来軒@佐野

宝来軒@佐野 ラーメン@宝来軒

こちらは佐野ラーメンの発祥のお店。
創業は昭和5年だとか。約80年営業されている老舗中の老舗。

ラーメンを注文、600円。

佐野ラーメンといえば、青竹手打ちで作られる麺が有名。
麺は細ちぢれ麺、加水が高めでモチモチした歯応え。
スープは豚骨、鶏、野菜や煮干しがニボニボ。
醤油がキリッと効いた味わいほんのり生姜を感じます。
チャーシュー、メンマ、ナルト、ネキなどの具が入ってました。

昔ながらの佐野ラーメンを味わうことが出来て良かったです(^o^)/。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

Hananoki@plus@宇都宮 Ver2

バカうまラーメン(中)@Hananoki@plus バカうま餃子肉バージョン@Hananoki@plus

GWの影響で道路は混み混み。
宇都宮に着いた頃には有名店は軒並み閉店。
こちらは有名店花の季の2号店。
宇都宮駅前、夜遅くまで営業しているのはありがたい限りです。
モダンな店内はつまみメニューも充実しており、呑み客も多数。

バカうまラーメン(中)を注文、720円。
同行者とシェアする形で、バカうま餃子肉バージョンを注文、380円。

スープは豚骨ベースの和風仕立て。
醤油の甘味がありこってり感だけではなく、旨味も伝わってくるスープです。
麺は芯がしっかりしており、程よい柔らかさの中にもコシを感じます。
チャーシュー、メンマ、味玉などの具もじんわり旨味が伝わってきます。
餃子は流石は宇都宮。
中の餡は噛むと肉汁が出てきて、旨味が口の中に広がってくる逸品でした。

駅前且つ夜遅くまで営業しているお店、地元だったら重宝することでしょう(^o^)/。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

とかの@佐野

とかの@佐野

こちらは青竹手打ち麺の佐野ラーメンで有名なお店です。
青竹手打ち麺とは太い竹を使い、足をテコのようにして延ばしていく中国伝来の手法を使った麺です。
1日80杯のみの提供でこちらのラーメンを求めていつも大行列が出来るそうです。
11時30分開店で14時頃には売り切れで終了するという事前情報に驚きました。
私が訪問した日は生憎の雨模様で出足が鈍っていたものの開店直後には満席になってました。

らーめん厨房 どる屋@東武宇都宮

らーめん厨房どる屋@東武宇都宮

ラー博のラーメン登竜門で準優勝された店主が営むお店です。
店内はカウンター席、テーブル席が席数は18席程度。禁煙店です。
カウンターの片隅にはスープの材料に使われる鳥取県境港産の鯛の一夜干しが飾られてました。
鯛だしと共に焼豚で有名なこの店は様々な部位の焼豚を味わえることで知られているようです。
珍しい部位としてはほっぺた焼豚が昼夜各数量限定で味わうことが出来ます。

Hananoki@plus@宇都宮

Hananoki@plus@宇都宮

栃木の有名店である花の季の2号店が宇都宮駅前にあります。
ナルトのペイントが入った店内はテーブル席メインで席数は28席程度です。
こちらのお店は通し営業で駅前にあるという最高の条件で本店とは違い訪問しやすさが売りです。
本店のメニューをこちらでも味わうことができますがオリジナルメニューもあります。