ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

坂戸丸長@坂戸

坂戸丸長@坂戸 つけチャーシュー@坂戸丸長

東武東上線坂戸駅からすぐ近くにあります。

丸長と言えば、大勝軒も派生した歴史を感じるお店。
こちらの源流をたどると荻窪丸長にたどり着きます。

創業は1971年12月。
歴史を感じる店舗でカウンター席12席程度。
席によっては広めな席とそうでない席があり、幸い広めの席に座れました。

こちら、朝8時~14時までと早めの営業。
10時30分ごろに訪れましたが、ほぼ満席状態。
私が食べ終えるころには待ちが出てました。

壁に貼ってあるメニューを見ると、つけそばとつけざるがある。
何だろうと観察してみると、刻み海苔がのっているかどうか。

つけチャーシューを注文、1000円。
麺の上には5枚のチャーシューがのってます。

もっちもちの太い麺、加水高めでみずみずしく歯ごたえ抜群。
麺の量自体並でしたが、美味いもんでスルスルっと食べてしまい少ないかなっと。
つけ汁はやや甘め、辛さもあり、酸味は程々。
刻みチャーシューもたくさん入っております。

〆にスープ割を頂くが、完飲するほどの美味さを感じました。
麺も美味く、並で注文しましたがスルスルっと食べてしまいました。
男性は大盛で注文される方が多かったです。

地元だったら通いたくなるつけ麺屋さんです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

冨士屋@秩父

冨士屋@秩父 和風らーめん@冨士屋 餃子@冨士屋

1962年創業、50年を超える老舗。
テーブル席メインでカウンター席もある広々とした店内。
メニューを見るとラーメンやサイドメニューが豊富。
しかしながら、値段の訂正が多く値上げの痕跡がたくさん見られます。

先ずはビール(大瓶)、680円。餃子、450円を注文。

分厚い皮に野菜メインの餡がたっぷり。
瓶ビールはキリン一番搾り、個人的には好きな銘柄です。
この時、つきだしが出ましたが好みではないモノだったので下げていただきました。

〆に和風らーめんを注文、770円。

所謂、塩ラーメン
透き通ったスープは出汁感が強く、塩ダレが円やかで旨味が感じられます。
麺はこちらの売りで、青竹で練り上げた平打ちのちぢれ麺。
モチモチっとした歯ごたえ、水が美味いのと熟練の技が冴えているのでしょうか。
麺が織りなす旨味が素晴らしいです。
具はチャーシュー、メンマ、味玉、2種類のネギ、ほうれん草など。
鮮やかな見栄えがします。

スープ、麺の好みでした。
他にも気になるメニューがありましたので、機会があれば再訪したいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

珍達そば横瀬店@横瀬

珍達そば横瀬店@横瀬

ここさけ』こと『心が叫びたがってるんだ。』の聖地、横瀬町。
ここさけ』でも登場した大慈寺から直ぐ近くにこちらのお店があります。

御花畑が最寄りのだんござかにも珍達があります。
以前に一回食べたことがあります。

最寄駅は横瀬なんですが、御花畑や秩父からもほぼ変わりません。
歩くと少し遠いのですが、バスを利用すると停留所からはすぐ近くなので便利です。

開店少し前に到着しましたが、ちょうど店が開店したので入店。
店内に入ると注意書きが目につきました。
『スマホの操作はできる限り短めに』と『店内での写真撮影は禁止』の旨が示されてます。
実際に確認しましたが、ネットに写真をupして欲しくないみたいです。
そんな訳で、今回は麺の写真は無しです。

珍達そば(並み)を注文、650円。

見た目は一瞬、味噌仕立てかなっと思います。
スープは胡麻油香ばしさが凄く感じられます。
香ばしく、しっかりとした旨味がポイントです。
細めの麺は割と柔目、スープに馴染み個人的には合ってると思います。
ネギなどと刻まれた豚がたくさん入ってます。

ここさけ』の聖地巡りの途中に一杯啜るのは如何でしょうか?
アリだと思います。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺屋たつみ喜心秩父店@秩父

麺屋たつみ喜心秩父店@秩父 秩父吉田の味噌らーめん@麺屋たつみ喜心秩父店 本日のメニュー@麺屋たつみ喜心秩父店

秩父の夜もラーメン

駅から近いこちらへ。
こちら以外にも狭山にも支店があり、こちらが本店みたいです。
直ぐに食べられると思ったら、待ちが出ており驚き桃の木。

外観からも想像できるモダンでスタイリッシュな店内。
カウンター席メインでテーブル席もあります。
20席は満たないと思われますが、中には家族連れで小さなお子さんもいらっしゃいました。
人気店なんだと認識しました。

入口入ってすぐに券売機が設置されてます。
そして、ホワイトボードが掲げられており、その日のメニューが書かれてます。
この日は豚骨の日だそうです。

私が気になったのはとんこつではなく、秩父吉田の味噌らーめん、820円。
辛さを0から5まで表記されており、食券を渡す時に聞かれます。
ちなみに0はレギュラーで辛さがなく1、2はピリ辛、5に至ると激辛になるそうです。
店員さんにお聞きし、辛さが得意じゃなくても楽しめる2をチョイスしました。

スープは味噌の旨味が濃厚で円やかでコクがある旨味を形成。
仄かに魚介っぽい旨味が感じられます。
味噌は秩父の大豆を使ったものらしく4種類ブレンドされたそうで美味さに納得。
さらに上にたっぷりのっている生姜を混ぜてみるといい意味で味が変化。
極太のちぢれ気味の麺は歯ごたえ抜群で、スープのインパクトに負けず劣らず。
具はチャーシューの塊、極太メンマ、もやし、ネギなどがたっぷり。
もやしなどは事前に炒められたもので、札幌の味噌ぽい工程を経ている模様。

インパクト抜群のラーメンで、満足しました。
忙しそうでお客を構ってい無さそうに見えて、意外と見ている店員さん方。
サイドメニューや飲み物を見かけなかったのですが、ラーメン一本で勝負されている模様。

ラーメンのこだわりを感じました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

食堂見晴亭@大野原 Ver2

食堂見晴亭@大野原 支那そば@食堂見晴亭 支那そばと半チャーハン@食堂見晴亭

あの花ことあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの聖地、旧秩父橋のほとり。
創業50年を越える老舗中の老舗があります。
見晴亭はこちら以外に秩父駅前と藤岡市にありますが、こちらが本店のようです。

テーブル席オンリー。
店内も昔ながらの食堂的な雰囲気が漂ってます。

支那そばと半チャーハンを注文、900円。
沢庵も付いてます。

最近、支那そばと表記するお店はあまり見かけないような気がします。
歴史を感じます。

極細のストレート麺、柔目ながらもプチプチとした歯ごたえ。
スープは醤油の香ばしさ以外にごま油の風味が感じられます。
甘い味わいでごま油のアクセントが食欲をそそります。
具はチャーシュー、メンマ、ワカメ、ナルトなど。

チャーハンは油が少な目。
素朴な和を感じる味わい、私的には好みの味です。
ラーメンのお供にピッタリです。

味も雰囲気も昔ながらを醸し出してます。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

つけめんさなだ@三郷

つけめんさなだ@三郷 特製つけめん@つけめんさなだ メニュー@つけめんさなだ

ご店主は六厘舎で店長を勤められた方。
TRYラーメン大賞という本に掲載されており、気になってました。

到着したのは昼過ぎ、外に行列ができてました。
先ずは並んで、店員さんの合図で店内の券売機で食券を購入。
再び、行列に戻ります。

特製つけめんを注文、980円。

浅草開花楼の太麺を使用。
全粒粉が使われており、モチモチっとした食感と香ばしい風味が持ち味。
所謂、豚骨魚介系のスープ、動物系の濃厚さながら魚介の風味が割りと強め。
具の鶏ほぐしが混ざり、程好い旨味が感じられます。
具はチャーシュー、メンマ、味玉など。
スープ割りにこだわりがあり、その中の一つに柚子入りがありチョイス。
より魚介の風味が強くなり、柑橘が投入されることによりサッパリとした味わいになります。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

うさぎや@寄居

うさぎや@寄居 らーめん並@うさぎや

羽生から寄居へ、秩父鉄道の旅。
こちらのお店、随分前から気にはなってました。

こじんまりした店内。
カウンターが8席、テーブル席が2卓。
女性の店主が営まれてます。
確か、十兵衛で修業されてたと思いました。
つけ麺が狙い目なんでしょうが…

らーめん並を注文、680円。

スープは動物系が控えめ。
醤油の香ばしさ、煮干しや節々の旨味が詰まってます。
くせかなく、旨味だけが感じられます。
麺はやや細め、しなるようなきめ細かくスープに馴染んでます。
適度の歯ごたえ、見た目以上に主張してます。
具はチャーシュー、穂先メンマ、海苔、味玉半個、ネギなど。

丁寧で作られたであろう、一杯。
こうなると気になるのが、つけ麺。
わたし、気になります!

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

中国料理 空龍@松原団地

中国料理空龍@松原団地 荻窪ラーメン@中国料理空龍 
春巻き@中国料理空龍 餃子@中国料理空龍 牡蠣のオイスターソース@中国料理空龍

首都圏訪問、最後のレポート。
久々にラー友と呑み。

丸長のれん会に名を連なるお店。
開店が昭和35年3月、老舗と言っても過言ではないでしょう。

お店はもう少し鄙びた感じかなっと思ってましたが、外観はハイカラ。
店内は中華屋さんっていう雰囲気を保ちつつ、食堂って感じもします。

先ずは餃子、春巻きを注文し、私はビールで乾杯。
餃子も春巻きも美味いですね。
その後、牡蠣のオイスターソース炒めを追加注文。
ビールが進みます。

時計を見ると2時が近づきつつあります。
そろそろ〆ましょうかって感じで、荻窪ラーメンを注文、550円。

醤油のほんのりした旨味とともに感じる、煮干しの旨味かな。
和の味わいが強く感じられます。
麺は割と細く柔い感じ、凄くスープと馴染んで、美味しいですね。
具はチャーシュー、メンマ、蒲鉾、海苔、ネギなど。

楽しい時間ってあっという間でした。
また、一緒に呑めたらいいなあと思いつつ、タクりました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン見晴亭宮側店@秩父

ラーメン見晴亭宮側店@秩父 支那そば@ラーメン見晴亭宮側店 チャーハン@ラーメン見晴亭宮側店

こちら、大野原にある見晴亭の系列店。

こちらは秩父駅の近く、秩父神社のお膝元に店舗を構えます。
雑多した店内、テーブル席メインの昔ながらのお店です。

Bセットを注文、1100円。こちらは支那そばにチャーハンが付いたメニューです。

ほんのり感じるごま油、醤油香るスープの味わい。
柔目の麺はスープによくあってます。具はチャーシュー、メンマ、わかめ等。

こちら、秩父に二店舗以外に藤岡にも系列店があります。
秩父の二店舗へ入ったので、藤岡のお店も気になってます('-')b 。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

山麓亭お犬茶屋@三峰口(遠い)

山麓亭お犬茶屋@三峰口 手打ラーメン@山麓亭お犬茶屋 かき氷手作りあずき@山麓亭お犬茶屋

三峯神社の参道にある茶屋です。
お蕎麦が有名ですが、気になるメニューがあったので注文しました。

手打ラーメン+かき氷手作りあずき、〆て1200円。

スープはあっさりとしながらも、醤油の香ばしい味わいが口の中に広がります。
麺は平打ち、一本一本が太さが違います。
つるっとした食感で小麦の旨味が香る味わい、スゲー(‘jjj’)
具はチャーシュー、のり、菜っ葉、コーン、ネギ等が入ってます。

かき氷は手作りあずきにみぞれのシロップがかかったもの。
みずみずしい氷は水自体がウマー(‘jjj’)
あっさりとした甘味のあずきが相まって、凄いウマー(‘jjj’) な逸品。

ごちそうさんでした('-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m