ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

大晃ラーメン@沼津

大晃ラーメン@沼津 ラーメン@大晃ラーメン めんたいこ(1本)@大晃ラーメン

ちょいと小腹が空いた夜。
沼津駅北口にあるこちらのラーメン屋さん。
昔ながらの佇まい。

ラーメン、670円。
めんたいこ(1本)、390円。
びんビール(中)、540円。

丁寧に盛られているめんたいこ。
ビールとよく合うことを再認識。

とんこつ博多ラーメンを謳っているラーメン。
割とあっさり目のスープなんですが、コクを感じます。
元々、ニンニクが入っているのかもしれませんが見事な旨味のハーモニー。
細めのストレート麺、イイですね。
具はチャーシュー、きくらげ、海苔、ネギなど。
私的にはツボにはまったラーメンでした。

同じ名前のラーメン屋さんが福岡県八女市あります。
わたし、気になります!
いつの日か八女市のお店にも訪れてみたいと思いました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

中西屋食堂@掛川

中西屋食堂@掛川 ラーメン並@中西屋食堂 餃子@中西屋食堂

掛川城で散策した後、こちらへ。

ナビを頼りに参りましたが、途中道路工事しており迂回。
住宅地でゴールを確認するも、それらしきお店が見当たらず。
ふと、振り返ってみるとありました。

お店らしさを感じませんが、間違いなく暖簾が掛かっております。
店内は狭く、中央に大きなテーブルがあり壁際にカウンターがあります。

先ずは餃子に瓶ビールを注文、500円ずつ。

餃子は餡がたっぷり。
瓶ビールにはメンマが付いております。
コリコリしておりビールに合います。

〆にラーメン並を注文、500円。

昔懐かしいスープでジンジャーが感じられます。
所謂中華麺を啜ると、スープの旨味がイイ感じです。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギなど。

500円と考えるとボリュームがありお得感があると思います。
老齢の女性がお一人で営まれており、末永く営業していただきたいと思いました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

僕家のらーめんおえかき@遠州岩水寺

僕家のらーめんおえかき@遠州岩水寺 ハイパーつけ麺並盛@僕家のらーめんおえかき ハイパーつけ麺並盛@僕家のらーめんおえかき

浜松から遠州鉄道に乗り、最寄りの遠州岩水駅へ。
最寄駅から歩いて7分程度、秋葉街道沿いにお店があります。

店内は広く、調理スペースを囲む形でカウンター席16席。
横との間隔は割と広かった記憶があります。
開店前にお店に到着しポールをゲット、その後多くの人が集ってきました。
開店時刻は11時30分でしたが、それよりも早く開店しました。

ハイパーつけ麺並盛を注文、950円。
こちらは限定12食となっております。
ちなみに並盛は2玉、大盛は3玉となっており同料金です。

細長いお皿に麺と具が盛られてます。
オシャレな器に泡立ったつけ汁が入ってます。
豚骨ベース魚介仕立てのスープ、出身店由来の魚介風味が際立っております。
麺は幅広い平打ちなもの、つっるつるでスープがよく絡んで、(゚Д゚)ウマー!
具はチャーシュー、味玉、メンマ、ネギなど。
チャーシューは所謂、レアチャーシューでメンマは極太です。

〆にスープ割を頂きましたが、さっぱりした旨味のもの。
完飲させて頂きました。

かなりの人気店で平日にかかわらず開店時間にははば満席。
私が食べ終わるころには待ちが発生してました。
店内が広いので、店外だけでなく店内にもベンチが置いてあります。
お客さんに対する配慮が素晴らしいと思いました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

雨風本舗@熱海

雨風本舗@熱海 醤油ラーメン@雨風本舗

伊東から熱海へ。

こちら、駅前の商店街すぐ近く、通りに面している小さなお店。
カウンター席オンリー、7席と狭いお店。
大きな荷物があると、店に入れそうにないので駅へ戻りコインロッカーに預けました。

この日は休日ということで行列ができてます。
昼時過ぎた時間帯でも、並んでいるのは凄いです。
暫し待ち、入店できました。

醤油ラーメンを注文、650円。

鶏ガラベースと思われるスープ。
優しい味わいながらも、コクがあり醤油の旨みが感じられます。
背脂が少し浮いており、程よい甘みがイイアクセントに。
麺は柔いながらも、しっかりとしております。
具はチャーシュー、メンマ、味玉、のり、ネギなど。

昔ながらの味わいを想像してましたが、意外と斬新な味わい。
もう少し店内が広かったら、まったりと食べられたのに。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

味の大西 伊豆店@川奈

味の大西伊豆店@川奈 ワンタンメン@味の大西伊豆店

この日は旅の最終日だったのですが、最大の宿題店へ。
味の大西といえば、神奈川県西部に点在するお店で、殆どが県内にあります。
こちらのお店、唯一の県外にあります。

開店前に外で待っていたら、ご店主が出てきて中に入れてもらえました。
ご夫婦で営まれているようで、お年を召されてます。

昔ながらの食堂風の店内。
カウンター席メインですが、小上がりもあります。
席数は20席程度。
開店してしばらくして、多くの方々が訪れてました。
地元に根付いたお店なんでしょう。

ワンタンメンを注文、950円。

独特の醤油の香ばしさが味わえるスープ。
生姜の風味も口の中に広がり、ふくよかな旨みが堪能できます。
もちもちの平打ち気味の麺、スープと絡み抜群!
麺を噛むと、更にスープの旨みが感じられます。
具のワンタンは餡たっぷりです。
柔目で、皮が破れて餡が飛び出してくるのはご愛敬。
それにしても美味いのが、チャーシュー。
スモークされているのかと思える程の独特の風味。

(゚Д゚)ウマー!

思わず、心の中で叫んでしまいました。
地元の方々に人気のあるのがわかりました。
ラーメンだけでなく、他のメニューも充実。
定食とかもありました。
近くに住んでいたら、通いたくなるでしょう。
ぜひ再訪したいです!

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

伊豆っ子ラーメン@伊東

伊豆っ子ラーメン@伊東 ニンニクラーメン@伊豆っ子ラーメン 餃子@伊豆っ子ラーメン

伊東へ戻り、散策。

温泉街らしい昔ながらの街並み、イイっすね!
友人が行ってみたいお店へ。

こちら、海沿いの大きな道沿いにあります。
カウンターのみのお店で、ラーメン屋さんですが、中華メニューが充実。
先ずはギョーザを注文し、ビールで乾杯!
餡が、(゚Д゚)ジュシー! (゚Д゚)ウマー! ビールが合います。
あまりにも美味しかったので、餃子を追加!

宴もたけなわですが、〆に向かいます。
ラーメンも美味そうだけど、ご飯ものも美味そう。
めちゃ悩みました。

ニンニクラーメンを注文しました。

見るからに醤油が香ばしそうなラーメン。
やや油ギッシュで、少し啜るだけでニンニクが口の中で香ります。
生のニンニクをすって入れているようです。
麺はもちっとした食感、こだわりを感じます。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、蒲鉾、ネギなど。

老若男女、多くのお客が入れ替わりで賑わってます。
きっと、昔から流行っているお店なんだろうと思えるお店。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

一品香@伊豆急下田

一品香@伊豆急下田 きんめ・エビのワンタン入り下田天然塩ラーメン@一品香 お茶漬けセット(おっ!うめぇジャンと肉入り・味噌野カツオ)@一品香

下田の街を散策し、もう1食。

場所は伊豆急下田駅の近く。
こちらの店主、横浜の中華街で10年修行されたそうで。
創作中華とラーメンをメインに提供されてます。

店内はテーブル席がメイン、席数は35席。
カウンター席がない為、お一人様には厳しい状況ですが。
相席させていただきました。

きんめ・エビのワンタン入り下田天然塩ラーメン
お茶漬けセット(おっ!うめぇジャンと肉入り・味噌野カツオ)を注文。
〆て1400円。

鶏ガラベースのスープは節々の旨味とともに昆布の旨みが。
塩ダレのインパクトが前面に出ているものの、出汁感が十分で優しい味わい。
やや細めのストレート麺は柔目ながら、スープに馴染みイイ感じ。
チャーシュー、ワンタン、海苔、メンマ、ネギなど多彩。
金目鯛とエビの餡が入ったワンタンは、海の旨みが濃厚。
海苔の香りが、スープの旨みに絡み、イイ感じになってます。

〆に味わったお茶漬けセット。
ラーメンの塩スープをご飯にたっぷりかけます。
特製のうめぇジャンと味噌カツオを少し加えて味わいます。
ご飯がスープの旨みに絡み、(゚Д゚)ウマー!
あっという間に完食。

ラーメンを堪能し、残ったスープでお茶漬けを堪能。
2度楽しむことができ、満足しました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

がんず~さ~@新浜松

がんず~さ~@新浜松 沖縄そば@がんず~さ~ ポーク玉子@がんず~さ~
美ら蛍@がんず~さ~ 沖縄ソーセージ@がんず~さ~ 突き出し@がんず~さ~

こちらは沖縄料理を提供している居酒屋さん。
元々は屋台で営業していたとか。
こちら方面へ旅をしている麺友さんと飲みに行きました。

先ずは泡盛で乾杯。
突き出しにおでんが付いてました。

泡盛といえば、独特の風味で苦手な私ですが。
めちゃ呑みやすかった。
調子こいて、珈琲割りでお代わり。
めちゃめちゃ呑みやすい、缶コーヒーを混ぜただけなのに...

ポーク玉子、沖縄ソーセージ等のつまみを注文しました!
何れも、(゚Д゚)ウマー!
つまみが美味しいので、泡盛の珈琲割りが進んじゃいます。

4杯ほど飲んだ後に〆の一杯、沖縄そばを注文!

もちもちとした食感の麺。
硬くもなく、しかし独特の歯ごたえ!
これぞ、沖縄そばの麺!
豚骨ベースのスープが凄く出汁感があり、胃袋に染みわたります、(゚Д゚)ウマー!
具はお肉、紅ショウガ、ネギなど。
さっぱりしているから、サクッと食べられます。

たっくさん食べて、一人3000円とリーズナブルな価格設定。
近くだったら、絶対通ってると思います。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

マルナカ@藤枝

マルナカ@藤枝 中華そば並@マルナカ 冷やし並@マルナカ

大阪から静岡県藤枝市へ。

こちらでは、朝からラーメンを食べる習慣があります。
しかも、こちらの地域では何軒も朝からラーメンを食べられるお店があります。
その地域の名を付けて、志太系ラーメンと呼ばれてます。

その発祥と言われているのが、こちらのお店。
見た目が民家なので、一瞬ひるんでしまいました。
朝、10時30分頃に訪れましたが、ひっきりなしにお客が訪れます。
テーブル席や座敷オンリーで、相席が当たり前。
こちらの地域のラーメン、食べ方にも特徴があります。
券売機が入口すぐに設置されており、先ずは食券を購入。

中華そば並+冷やし並を注文、〆て1100円。

こちらの地域では二種類のラーメンを順に食べます。
所謂、温かいのと冷たいのを。

先ずは店推奨の順番で、温かいのから。

さっぱりとして口当たりの良いスープ。
コクがあり、割と歯応えの良い麺とよく合ってます。
よくこちらのスープをお蕎麦のお出汁のようと、評されます。
まさしく、そんな感じです。

そして、温かいのを食べ終えた頃に冷たいのが提供。

こちらは、オーソドックスな温かいのとは一変。
冷えたスープは甘さと程よいを兼ね備えて、味にパンチがあります。
同じ麺と思われますが、がっちりした歯応えのある麺。
一杯分が少な目ですが、それでも2杯目。
普通だっら、お腹がいっぱいで食べるペースが落ちるはずが。
あまりにも、強烈な旨さで食欲が引き立てられます。
グイグイとあっという間に食べきりました。
食べ切る直前に山葵の塊に遭遇し、混ぜ忘れたことに気づく。
混ぜるともっと、ふくよかな味に変わると思われます。

これは、温かいのと冷たいのを食べてこそわかる味。
温かいのだけだと、普通に美味しい一杯。
冷たいのだけだと、甘ったるさだけを感じてしまうかもしれません。

2杯揃ってこそ、旨さを発揮するラーメン
食べ歩きには向かないかもしれませんが、他の店も味わいたくなりました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

あじ助 掛川本店@掛川

あじ助掛川本店@掛川 あじ助麺@あじ助掛川本店

この日は掛川へ。

掛川では静岡名物のおでんを味わいながら日本酒を堪能。
こちらのお店へ移動し、〆のラーメンを味わいました。
やや狭く感じる店内ですが、カウンター席8席とテーブル席が3卓12席で20席あります。
入口直ぐには券売機があり、前払いの食券制です。

あじ助麺を注文、750円。

所謂、豚骨醤油のスープ。
酸味と甘味が前面に出たお味、ライトな豚骨って感じですが豚骨の旨味きちんと感じます。
具のキムチの辛さが絶妙でスープと旨味が絡み旨さが倍増。
もちっとした柔目のやや太めの麺との相性も抜群。
脂身ほどほどのチャーシュー、細短いメンマも好みでした。

旅先で美味しいラーメンに出会えてホンマ良かったです(^o^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m