FC2ブログ

ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

喜多方ラーメン麺小町今治店@今治

喜多方豚骨ラーメン@喜多方ラーメン麺小町今治店 焼豚玉子飯@喜多方ラーメン麺小町今治店 地酒@喜多方ラーメン麺小町今治店

自転車お遍路

お遍路16日目は松山市内からスタート。
今治市内まで向かい、49番札所から58番札所まで打ちました。

今回宿泊したホテルは自転車をそのまま持ち込みが可能。
朝早くの出発で朝食は付けず素泊まりでしたが、1泊で6100円。

夜ご飯は今治焼豚玉子飯を所望。
しかしながら、近くにあるお店がお休み。
ホテルの方に聞いたお店がこちらでした。

喜多方ラーメンを謳っているお店。
〆のラーメンに期待しつつ、先ずは地酒を注文し焼豚玉子飯を注文。
それぞれ、380円と650円。

地酒には付け出しとして枝豆がついてました。
ちびちび飲んでいたら、焼豚玉子飯が到着。

たっぷりご飯には分厚い焼豚と目玉焼きがのってます。
タレがかかっているので卵の黄身をつぶして絡めて味わいます。
タレと玉子の黄身が見事にマッチ、(゚Д゚)ウマー!
お味噌汁とお漬物を挟みつつ、あっという間に完食。

自転車をたっぷり漕いでるのでこれだけでは足りません。
〆に喜多方豚骨ラーメンを注文、620円。

ぷっりぷりのちぢれ麺。
豚骨ベースのスープが仄かに生姜っぽいのが感じられます。
具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギなど。

精算時に焼豚玉子飯セットに変更して頂き、1050円。
本来は半ラーメンセットでしたが追加料金で可能となりました。
店員さんのご厚意に感謝です。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

餃子楼@伊予大洲

餃子楼@伊予大洲 大洲チャンポン@餃子楼 餃子@餃子楼

第43番札所明石寺まで訪れてから大洲へ。
ホテル行くまでにお腹が空きすぎて、自転車で訪問。

こちらの店主、ネット情報で東京や福山で修行説あり。
何れも同じ名前のお店があり。
老齢の店主と奥様らしき方二人で店をされてる模様。

餃子、400円。大洲チャンポン、600円。
だった気がします。

餃子は野菜たっぷり具だくさん。
お肉も入ってます、何れにしても大きめです。
大洲チャンポン、大きなどんぶりに野菜などの具がたっぷり。
お腹満腹になるまで味わってしまいました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

光屋@今治

特製ラーメン(並)@光屋 半ぎょうざ@光屋 酒(山丹)2合@光屋

この日は今治駅前のホテルに宿泊。
夜は近くのラーメン屋さんへ。

ご店主は久留米の大砲ラーメンだそうで。
久々に濃厚な豚骨に期待しちゃいます!

その前に半ぎょうざと酒(山丹)を2合注文。
それぞれ200円と800円。

こんがり焼かれたぎょうざ、もちもちの皮に餡たっぷり。
ビールが合いそうですが、日本酒も合います。
ちなみに山丹は地元今治のお酒なんですね、地酒味わえて良かったです。
突き出しにお漬物をつけていただき感謝です。

〆に特製ラーメン(並)を注文、750円。

豚骨スープは濃厚の一言。
口の中に豚骨の旨味、若干豚骨のクセも感じます。
さすがは久留米系です。
固形の焦がしニンニクのインパクトが入っており、インパクトありです。
細めの麺は風雨の茹で加減で注文。
これくらいの柔さが個人的には好みです。
具はチャーシュー、ゆで卵、海苔、ネギなど。
チャーシューはトロトロです。

シックで清潔感がある店内、落ち着いて食べられました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

伯方の塩ラーメンさんわ 伯方島本店@伯方島

伯方の塩ラーメンさんわ伯方島本店@伯方島 伯方の塩ラーメン@伯方の塩ラーメンさんわ伯方島本店 たこ飯@伯方の塩ラーメンさんわ伯方島本店

しまなみ海道を今治から尾道へ向けてサイクリング。

今治のサンライズ糸山でクロスバイクを借り、大島、伯方島へと向かいました。
伯方島は伯方の塩でお馴染の島なんですが、美味しい塩ラーメンが味わえるそうで。
しまなみ海道のコースを外れ、こちらへ。

創業が1971年、歴史を感じるお店かなっと思ったら意外と新しかったです。
店に入って気づいたのですが、目の前へ移転したてのようです。
カウンター席とテーブル席が別々の空間にあり、席数はネット情報では50席程度だと思われます。

店の入り口前に掲示してあった土日祝限定のメニューを注文。
たこ飯セット、900円です。
伯方の塩ラーメンにたこ飯、沢庵が付いてました。

豚骨鶏がらとメバルの干物から摂ったスープ。
あっさりとしながらもコクが感じられる味わい、塩の味がガツンと。
海苔や昆布などの具がスープと合わさり、磯の旨味が見事に感じられます。
麺は柔めながらつるっとした印象、スープとの相性が抜群です。
他の具はチャーシュー、蒲鉾、ウズラの卵、メンマ、ネギなど。

たこ飯、たこの旨味がご飯にしみ込んでます。
スープの出汁と交互に味わうと、(゚Д゚)ウマー!
あっという間に食べちゃいました。

貝飯も有名みたいなので、機会があれば再訪してみたいです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

重松飯店@今治

重松飯店@今治 Cセット@重松飯店 ぎょうざ(7個入)@重松飯店

今治のグルメと言えば焼豚玉子飯
こちらの中華料理店が元祖的存在なようなので、訪れました。

壁際にはカウンター席、他にテーブル席や小上がりなど。
席数は40席程度。

先ずは生中とぎょうざ(7個入り)を注文し、まったり呑みます。
餃子は肉メインの餡がたっぷりでビールに合います。
噛み締めると肉汁が口の中にこぼれるような気がしたかも。

〆にCセットを注文、ラーメン焼豚玉子飯の小盛とサラダのセット。

ラーメンは昔ながらの醤油味。
仄かに感じる生姜ぽい味、麺は細目でコシは感じたような。
具はチャーシュー、メンマ、ネギなど。
正直、チープさを感じましたが、旨味たっぷりでした。

焼豚玉子飯は、ご飯の上に目玉焼きがのってます。
君を崩しながら、混ぜ混ぜします。
甘いタレがごはんにたっぷり、時おり魅せるチャーシューの旨味。
少量だったので、あっという間に完食。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺鮮醤油房周平@大街道

麺鮮醤油房周平@大街道 つけ麺並盛@麺鮮醤油房周平

松山へやって来ました。
道後の湯を楽しむ前に先ずは腹ごしらえ。
こちらのお店と似たような名の店。
大阪にもあったような気がします。

わたし、気になります!

カウンター席オンリー、席数は20席程度。
昼時に訪れたので、ほぼ満席でした。
何とか空いていた席に座ることができました。

つけ麺並盛を注文、780円。
ちなみに並盛の麺の量は200g、特盛の500gまで同じ値段。

ぶりっとしたやや太目の麺の歯応えは抜群!
酸味と醤油の香ばしさが効いたつけ汁は独特の味わい。
何か他に感じるなあと思ってスープ割りして飲むと魚介のコクが感じられます。
ややクセがありますが、紙一重で旨味に変貌してます。
つけ汁の中には細切れのチャーシューなどの具が入ってます。

麺少な目であっという間に完食。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

瓢太@南堀端

瓢太(愛媛県松山市)

この日2軒目は須崎から松山へ移動しました。
瓢系と呼ばれる松山特有の系統の老舗は居酒屋風店舗でした。
松山は九州の背に背から豚骨文化が流入していますがまずは松山特有のラーメンを味わうことにしました。