ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

北の大地@嬉野温泉

北の大地@嬉野温泉 味噌ラーメン@北の大地 餃子@北の大地

九州の佐賀嬉野温泉の地。
札幌ラーメンを謳うお店があります。

ネットで調べると西山製麺の麺を使用しているとのこと。
ここまで、札幌ラーメンにこだわっているお店。

わたし、気になります!

こじんまりとした店内。
カウンター席もあったと思いますが、テーブル席がメイン。
10数席程度だった気がします。
壁には北海道にちなんだポスターなど、北海道が目立ちます。
寡黙そうな初老の男性が営まれてます。

記憶があやふやですいません。
久々にアルコール呑んだもので、イイ気分になってました。

メニューは味噌系のラーメンをはじめ、餃子など。
絞られている印象があります。

先ずは瓶ビールに餃子を注文し、呑みます。
皮がこんがり焼かれた餃子、餡がたっぷり詰まってて。
オーソドックスながらも、(゚Д゚)ウマー!
ビールとよく合います。
ちなみにビールはサッポロ黒ラベルでした。

〆に味噌ラーメンを注文。

炒められた野菜がたっぷり入ってます。
油分がほとんど感じられない割とあっさり目のスープ。
味噌の旨味がふんだんに感じられるコクのある味わい。
野菜の旨味も感じられます。
具はチャーシュー、もやし、メンマ、ゆで卵、コーン、ネギなどたっぷり。
素朴な味ですが、好きなラーメンでした。

〆て1710円。
こだわりを感じたラーメン、最高でした!
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

餃子会館@武雄温泉

餃子会館@武雄温泉 もしもしラーメン@餃子会館 焼き餃子@餃子会館

わたし、気になります!

武雄温泉の元湯で湯を楽しんだ後、こちらへ。
ネットで調べていると何処かで見たことある餃子だと思ったら。
ホワイト餃子!

ネットで調べてみると。
ホワイト餃子店の技術連鎖店だそうです。

技術連鎖店とは?(ホワイト餃子店公式HP参照)

『技術の取得およびその後のグループ活動等は支店と変わりはありませんが、
環境や立地条件等により •餃子専門店としての経営が難しい
•グループと同一価格で販売できない
など、特別に本部から認められた店舗をいいます。』


こちらではラーメンも提供されてます。

わたし、気になります!

1階のみと思っていたら、2階にもスペースがあったようです。
カウンター席、テーブル席、座敷まであって、席数は80席程度あるようです。
私自身、昼過ぎに訪れましたが、盛況でした。

もしもしラーメン+焼き餃子を注文、〆て900円。

豚骨ベースのスープは所謂濃度はないけど濃厚。
クセがなく、旨味だけを感じられる味わい。
麺はやや太目、柔いながらもしなりコシが感じられます。
具はチャーシュー、ワカメ、ネギなど。
ワカメが合わないように感じますが、意外と合います。

餃子は熱々!
こんがり焼かれた皮が分厚くもっちりしてます。
野菜メインの餡、ニンニクの香りが、(゚Д゚)ウマー!
ラーメンと合いますし、ご飯やビールとも合いそう。

温泉の後に味わう、餃子にラーメンは美味しかったです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

一休軒 鍋島店@鍋島

一休軒鍋島店@鍋島 ラーメン@一休軒鍋島店

佐賀県の老舗として名を馳せる一休軒。
佐賀の老舗である一休軒本店で修業された店主が暖簾分けされたお店。
カウンター、テーブル席がそれぞれ12席ずつ。灰皿があり、喫煙店の模様。
訪問したのが昼時ということで多くのお客で賑わってました。

ラーメンを注文、550円。

さらりとした豚骨スープ。
濃厚な味わいを形成しつつ旨味のあるスープ。甘い味わいが特徴的かも。
麺は加水控えめな極細麺。バランス的にはスープが勝った感じで
具は薄いチャーシュー海苔、ネギなど。

老舗の味がここには健在でしたo(^O^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

佐賀ラーメン いちげん@佐賀

いちげん@佐賀 ラーメン@いちげん

こちらは数多くのメディアに紹介されており、佐賀県を代表するラーメン店。
店主は一休軒鍋島店で修業された模様。
最寄駅から遠く、こちらへ訪問するには車が必要かも。
店内はカウンター席、テーブル席がそれぞれあり、席数は30席程度。
入口直ぐに券売機が設置されており、食券制。昼時の忙しい時間帯は替玉が出来ない模様。
忙しい時間帯は多くの方に待たずに味わっていただきたいという配慮からかもしれません。

ラーメンを注文、560円。

スープを口に含むと臭みを感じる豚骨スープ。げんこつのみを炊き込んで作ったスープ。
濃厚な味わいで髄まで味わうことができるのがこちらの売り。
麺は柔らか目で博多系に比べると加水が多めなのが特徴。
柔らかい麺だがけっしてコシがないわけではなく、スープには負けることなく飽きない。
具はチャーシュー、のり、ネギ等。チャーシューが薄く、個人的には好み。

佐賀県を代表するお店だけあって濃厚且つ旨味たっぷりの豚骨ラーメンでした(^O^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

ららららーめん 駅北口店@佐賀

ららららーめん 駅北口店@佐賀 バリ旨とんこつ@ららららーめ 駅北口店

山口県をあとにし、九州入り。一気に佐賀県内まで入りました。
有田焼を見学し究極のラーメン鉢を見学とたり、温泉を堪能したりで宿舎に入り。
お酒を堪能。〆にラーメンが欲しくなり、佐賀駅前にあるこちらへ。
こちらは博多にに本店を構えるチェーン店。福岡を中心に佐賀県や長崎県に展開をしてます。
店内はモダンでお洒落、テーブル席やカウンター席があります。
店員さんの接客も良いのも印象に残っているこちらのお店。メニューはこちらをご覧下さい。

バリ旨とんこつを注文、550円。

麺の硬さを事前に指定が出来るので普通で。
スープは豚骨ベース。長浜系に近い感じでニンニクがいいアクセントです、
まさに呑んだ後に〆たいラーメンの一言に尽きる。呑んだ身にはいい塩梅のスープでした。
加水の低めの極細麺。ちと硬めの茹で加減。
スープとのバランスを考えるとちょうど良い茹で加減です。
具はチャーシュー、キクラゲ、ネギなど。九州のラーメンって感じの具の配置。

ホント呑んだ後に〆たくなるラーメンです。
気軽に、軽く、美味いと三拍子揃ったラーメンでした(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m