ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

あら木里山の麺処と和布あそび@吉松

あら木里山の麺処と和布あそび@吉松 らーめん@あら木里山の麺処と和布あそび

この日、鹿児島中央から北上。

こちら、吉松駅から比較的近いのですが、迂回しないといけないので意外とかかります。

自宅を改装されたのであろうお店。
まるで人の家に遊びに行くかのような錯覚をしました。
店内は沖縄のような飾りつけがされており、時がゆっくり流れている気がします。
お年を召されたご夫婦で営まれてます。

らーめんを注文、600円。

まろやかで豚骨の旨味が十二分に感じられるスープ。
一口スープを味わうと、あっさりしておりニンニクの旨味とともに感じられます。
麺は細めでストレート、適度の硬さでスープに馴染んでます。
具はチャーシュー、もやし、ネギなどが入ってます。
こちらもチャーシューは独特で甘くて美味しかったです。

今まで受けたことがないくらいの素晴らしい接客で、恐縮するくらいでした。
次回はアーモンドラーメンが気になったので訪れて食べたいと思います。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

ラーメン専門 のり一@高見馬場

ラーメン専門のり一@高見馬場 ラーメン@ラーメン専門のり一 お漬物@ラーメン専門のり一

鹿児島市内には昔から営業しているラーメン屋さんって多い気がします。
こちらは創業が昭和24年という、昔ながらのお店です。
カウンター席メインで確か、座敷もあったような気がします。
訪れたのが、夕食前くらいの時間帯だったのでお客は少なかったです。

メニューはラーメン、おにぎり、めし、湯で玉子のみ。
ラーメンは中、大サイズの2種類あります。

ラーメン中を注文、500円。
先ずは鹿児島では標準的なお漬物が出てきます。
食べながら待ってました。

見るからにあっさりしているように見えるスープ。
豚骨鶏がらスープは胡椒が入っており、スパイシー。
薄く見えますが旨味が感じられます。
割と歯ごたえがあるストレート麺、スープと馴染んでます。
具はチャーシュー、もやし、ネギ、焦がしネギなどが入ってます。

ワンコインで食べられるラーメンですが、美味しかったです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン小金太@市立病院前 Ver2

ラーメン小金太@市立病院前 ラーメン@ラーメン小金太 お漬物@ラーメン小金太

熊本鹿児島の旅も最後のレポートとなりました。
地元民に人気のこちらのお店、豚とろの修業先としても知られてます。
通算二度目の訪問となりました。

ラーメンを注文、700円。

ラーメンが到着前まで、お漬物を味わいます。
鹿児島のラーメン屋さんの日常の光景だったりします。

さっぱりとした豚骨スープですが深みのある味わいは健在。
独特の醤油の香ばしさも相変わらずで、(゚Д゚)ウマー!
柔目のやや太麺はもちっもち、スープとよく合っていると思いました。
具はチャーシュー、きくらげ、キャベツ千切り、もやし、ネギなど。

時が経っても変わらない昔ながらのラーメン、美味しかったです。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ばってんラーメン@鹿児島中央

ばってんラーメン@鹿児島中央 しろ丸とんこつ@ばってんラーメン アイス@ばってんラーメン

呑んだ後、〆に味わったラーメン

駅から少々離れた道路沿いにお店があります。
カウンター席のみ、10席程度。
細長く、奥に延びたカウンター席は少々狭く感じます。

しろ丸とんこつを注文、800円。

豚骨ベースのにんにくたっぷりのスープ。
仕上げに香味油がスープ一面に注がれます。
その為、濃厚豚骨な味わいにニンニクや油がガツンと感じられます。
独特の醤油の旨味も光ります。
歯ごたえのあるストレート麺と相性抜群。
食欲がそそられる為、あっという間に食べちゃいました。
もう少しさっぱりしていたら、完飲したでしょう。

若人にはたまらないであろう、ガツン系のラーメン
食後に頂いた夜のみサービスのアイスがさっぱりしており、美味しかったです。
臭い消しのブレスケアもありがたいです。

お店の方のやさしさが包まれ、店を後にすることができました。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン小金太@市立病院前

ラーメン@ラーメン小金太

こちらは以前訪問したことがある豚とろの店主が修行したお店らしいです。
今回の旅は麺メインではないんで、鹿児島県内はこちら一軒のみの訪問でした。

ラーメンを注文、650円。

スープは豚骨仕立て。
鹿児島のラーメンは九州では久留米ラーメンの影響を受けておらずさっぱり系。
深みのある味わいで醤油の香ばしさが独特。
麺はやや太め、やや柔らかめでもちもっちでコシのある歯ごたえ。
具はチャーシュー、きくらげ、湯通しのキャベツ千切り、もやし、ネギなど。
チャーシューがジューシーで旨みたっぷりなのが印象的でした。

鹿児島では一軒のみでしたが、美味しいラーメンに出会えて良かったです(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

鹿児島ラーメン 豚とろ@高見馬場

鹿児島ラーメン豚とろ@高見馬場 豚とろラーメン@豚とろ

こちら、繁華街にあるラーメン屋さん。
豚とろを使ったチャーシューが売りで、店名にもなってます。
豚とろとは、豚の首まわりの肉。
こちらも人気店のようで、開店直後に訪問したものの既にほぼ満席。
滑り込むように空いている席に着くものの、狭い。
続々と延びる行列が席の後ろに立つ、店員さんたちが動くとぶつかったりしてホント狭い。
カウンターの卓上にはお漬物が置いてあったが、パス。

豚とろラーメンを注文、650円。

豚骨、鶏ガラに魚介を合わせたスープ。
鹿児島独特の甘さに香ばしさを兼ね揃えた感じ。カエシの力も濃厚。
玉ねぎをラードで揚げた香味油を使っているので香ばしく、甘く感じるのでしょう。
麺は柔らか目のもちもち麺。スープとの絡みが良く感じました。
チャーシューに豚とろを使っているのが特徴。
柔らかくて、ジューシーな旨味がたっぷり。
具は他に木耳、ネギなどの具が入ってます。

コレだけ並ぶ理由をラーメンを食べて納得、もう一度まったりと食べたいと思いました(^0_0^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

五郎家@谷山

おなじみラーメン@五郎家 お漬物@五郎家

今回はレンタサイクルを使い、山を越えて訪問しました。
こちらのお店は、最寄駅から遠く公共交通機関で訪問するのは困難。
創業5年越えるのですが創業当時からニューウェーブ系のお店として地元で有名。
カウンター、テーブル、座敷席などが完備。席数は25席程度。
私以外は殆どの方々は車で来られるでしょう、ちゃんと駐車場完備。
メニューはこちらを参照してください。
ラーメンを注文しつつ、卓上にあるお漬物を小皿に入れて食べることも出来ます。
今回は自粛。

おなじみラーメンを注文、580円。

豚骨、メインと思われます。
スープ云々ではなく、カエシの由来だと思われる独特の甘味が濃厚。
焦がし玉ねぎや背脂などの理由で更に甘く感じます。
麺は割りともちもちしてます。鹿児島らしい柔らか目のゆで加減でボリュームを感じました。
具は茹でた野菜、チャーシュー、ネギなど。

鹿児島らしい風貌を残しつつ、進化を遂げていくであろうラーメンでした(^O^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン専門和田屋 天文館本店@天文館通

ラーメン専門和田屋天文館本店@天文館通 みそラーメン@ラーメン専門和田屋天文館本店 お漬物@ラーメン専門和田屋天文館本店

鹿児島では豚骨ラーメン以外に味噌ラーメンも有名なんです。
こちらは、味噌ラーメンを看板にか掲げているお店。
県外者や初訪問の方には先ず、味噌ラーメンを食べて頂きたいと店側がオススメしている程。
こちらでも、席に着くと先ずはお漬物が出ます。

みそラーメンを注文、800円。

豚骨、鶏がら、昆布、椎茸等を3日間煮込まれたスープ。
10種類の味噌を配合した特製味噌誰を使用しているようです。
独特のスープの甘味、濃厚なほどの味噌の味わいが特徴的。
提供時に添えてくれる辛子味噌を入れるとコクが増すそうですが、辞退。
麺は自家製、柔い茹で加減は鹿児島らしさを感じます。
具は茹でたキャベツ、もやし、挽肉、ネギなどがたっぷり。

独特の味わいは好みが分かれそうですが、旨味たっぷりなのは間違いなしですo(^-^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

のぼる屋@いづろ通

のぼる屋@いづろ通 ラーメン@和田屋 お漬物@和田屋


ラーメン食べ歩きを始めてから、初の鹿児島県。
こちらのお店、現存する鹿児島のラーメン屋さんの中でも最古参とか。1947年開業。
昔ながらの趣きを感じる店内、殆どカウンター席。
メニューは1種類のみ、注文を聞かれることがなく、聞かれるのは何処から来たのかのみ。
ラーメンを待っている間、提供されるお漬物を味わいながら待ちます。
鹿児島では何故か、席に着くと先ずお漬物が提供されます。何故なんでしょうね。

ラーメン、1000円。

どんぶりに並々と注がれている大量のスープ。
仄かに感じる魚介の味わい、白濁の豚骨スープはじんわり系。
野菜なども煮込まれた感じ。
九州豚骨の発祥、久留米とは明らかに違う、スープ。
麺は自家製の手打ち、やや太めでうどんのような食感。
かん水を使っていない模様。
スープと麺がよく合ういます。
具はチャーシュー、もやし、ネギなど。

県外から来たお客にはお店からお土産が頂けます。
それは何かは訪ねてみてからのお楽しみに。
ラーメンだけでなく、人の温かみを感じることの出来るお店でした(*^^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m