FC2ブログ

ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

ラーメン みなとや@ハーバーランド

あっさりラーメン@ラーメンみなとや

久々に神戸へ。神戸の有名店へ初訪。
見た目は昔ながらの店舗。
カウンターのみ、L字型と壁際に12席程度。
メニューはあっさり、こってり、醤油、塩。
ランチタイムは+100円でおかずやご飯物が食べ放題。
この日はカレーライスが食べ放題。凄いお得ですね。

私は小食なんで、もう1軒行くつもりで止めたけど。
結局この日は一軒のみだったんで、食べれば良かったと後悔。

あっさりラーメンを注文、500円。

スープは鶏がらベースに和風のお出汁を加えたもの。
鳥の旨みが十分出でており、美味しい。
イリコを使っているようだけど、あんまし感じず。でも、美味しい。
麺は黄色くやや半透明、軟らかい茹で加減だけどもちっもち。
具はチャーシュー、茹でキャベツ、きくらげ、ネギ、のりなど。

具は豊富でこの値段は安いと思います。
気になったこともあったけど、こってりも食べたいんで再訪します(*^_^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン たんろん@西宮

ラーメンたんろん@西宮 鶏骨ラーメン@ラーメンたんろん

2008年6月にオープン。
店主は独学で、ラーメンを作り上げたとか。
カウンター12席のみの店内、禁煙。
メニューは鶏白湯の醤油(たいろんラーメン)塩(鶏白湯ラーメン)など。
他に油そばなどもあり、気になってます。

鶏骨ラーメンを注文、650円。
こちらは限定メニュー。期間限定なのか?杯数限定なのか?のかは不明。

鶏がらベースのスープは表面には油が浮いてます。
味わってみると、ざっらとしたスープは粘度はそれ程ではありません。
しかし、旨味がギュッと詰まってます。
鶏独特の臭味が殆ど感じられず、ぐいっと飲めます。
麺は麺屋棣鄂(ていがく)製の特注麺。
麺をつまんで口に運ぶと、ファーストインパクトは仄かに感じる所謂かん水の臭味。
麺自体はもっちりとしており、スープに馴染んでいるんで臭いは気になりません。
チャーシューは赤身メイン、メンマ、ネギなどの具が入ってます。

気になるメニューが多いんで、再訪問する日も近いでしょう(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

大貫 支店@尼崎

大貫支店@尼崎 中華そば@大貫支店 チャーハンミニ@大貫支店

尼っ子の味、本店が休みだったんでこちらへ。
テーブルメイン、歴史を感じる店内。

中華そばとチャーハンミニのセットを注文、〆て1000円。

鶏がらベースに数種類に野菜を炊き込んだスープ。
スープ、個人的にはカエシよりもお出汁のインパクトの方が感じられます。
麺は自家製麺、歯応えがあって、コレは美味いと思いました。
チャーシューは脂身メイン、メンマ、ネギなど具が入ってます。

チャーハンはこちらの名物メニュー。
確かに醤油ダレは旨味たっぷりで米粒に伝わってます。
野菜の他に小エビなどが入っているので本格的。

昔ながらの老舗の味、健在でした(*^_^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

虎一番@武庫川

虎一番@武庫川 地鶏と鰹の塩ラーメン@虎一番

元々は神戸第一旭系列だったようですが、フランチャイズ契約を解消して独立したそう。
メニューは豊富でラーメン意外に中華系の一品モノが多いのが特徴。
詳しいメニューはこちらをご覧下さい。
カウンターメインで一卓のみテーブル席があり、灰皿もあり喫煙は出来ます。

らーナビ限定(既に提供終了)、地鶏と鰹の塩ラーメンを注文。850円。

まりお流より供給されている鹿児島地鶏の鶏がらや鰹を大量に使用の原価無視メニュー。
スープがぬるく鰹の風味が濃厚。スープをぬるくすることにより、より風味が強い仕掛けか。
加水低めの細麺はスープとの相性の良さを感じられました。
レアチャーシュー、蒸し鶏、半熟玉子、青菜など豪華な具の配置。
ぬるいスープに好みが分かれそうだけど旨味たっぷりなのは流石だと思いました。

こちらの店の雰囲気が独特で好みが分かれそう。
あらかじめ考慮に入れて訪問されることをオススメです。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

新在家ラーメ もんど@東加古川 Ver2

黒極みラーメン@もんど 肉めしセット@もんど

先日、届いた限定メニューを告げるメールに黒マー油入りのどトンコツという文字を発見。
再び、東加古川へ向かいましたが、兵庫県は広い。
こちらの限定を食べる為にだけ、往復3時間の道のりを費やしました。

黒極みとんこつに肉めしセットを付けて注文。〆て1100円です。
こちらの黒極みとんこつはメール会員限定メニュー。この週の土日のみの販売。
100食限定で提供されました。

スープを一口啜ると豚の旨味が口の中に広がります。
粘度と共に豚の臭味も感じられて、コクが感じられるスープでした。
マー油が香ばしく、スープに交わると仄かな苦味が豚の旨味が素晴らしく変化します。
豚のみでも美味いが、マー油が混ざると更に( ゚Д゚)ウマー( ゚Д゚)ウマー( ゚Д゚)ウマー
麺は黄色い細麺。ファーストインパクトに感じるクセがスープに馴染むと旨味へと昇華します。
スープとの相性抜群で適度なゆで加減。箸が進みました。
チャーシュー、もやし、味玉、のり、ネギ等。何れもスープと一体感があり、( ゚Д゚)ウマー

肉めしセットはラーメンを注文すると+350円で注文できる、ミニサイズのもの。
肉めしはこちらのお店では名物的なサイドメニューとして知られてます。
四万十ポークの薄切りに甘味のある特製タレが旨味たっぷり。
今なら播州滋養卵が1個サービス。肉めしにぶっ掛けて食べると更に( ゚Д゚)ウマー

食べに行った甲斐があった一杯でした。。。。

新在家ラーメ もんど@東加古川

新在家ラーメンもんど@東加古川 メニュー@新在家ラーメンもんど もんどラーメン@新在家ラーメンもんど

折角なんで少し西へ足を延ばしました。
東加古川駅から至近の位置にある、こちらのお店は関西では有名店。
モダンな店内はカウンター席、テーブル席があり、席数は32席程度。
テーブルには灰皿が置いてあり、喫煙店です。

もんどラーメンを注文。650円。

豚骨、鶏がら等の動物系スープと鰹節、昆布等の魚介系のダブルスープ。
スープにはとろみがあり、動物系が前面に出て濃厚でまろやかな味わい。
そして、仄かに感じる魚介の味わいにカエシの旨味が詰まっており、( ゚Д゚)ウマー
麺は東京のカネジン製麺所から直送。黄色味がかった麺で一見、クセがありそう。
しっかりとした歯応えのある麺でスープに負けず劣らずインパクトがありました。
チャーシュー、メンマ、味玉、ナルト、もやし、ネギ等多彩な具材。

昼時はセットメニューがあり、肉めしが有名な模様。
メール会員のみの裏メニューもあり、店主の非凡な才能が見え隠れしました。
何度も通いたくなる店でもう少し近ければと思いました。。。。

麺道 しゅはり@新在家 Ver4

メニュー@麺道しゅはり 潮らあめん@麺道しゅはり

この日は何時もと違う素材を使っているということをこちらで発見。

潮らあめん(チャーシュー1枚)を注文しました。700円です。
三田の松風地どりの鶏がらを使ったスープは何時も以上に鶏の味わいが濃厚で( ゚Д゚)ウマー
スープの表面には薄っすらと膜が張るほど。何時もと違った、いい意味で変貌を遂げてました。
麺は大阪のラーメン店、麺哲製。スープに目が向きますが絶妙のゆで加減でばっちりで美味。
今日のスープの良さと見事にマッチしてました。
チャーシュー、わかめ、ネギ等シンプルな具材ですが、チャーシューが( ゚Д゚)ウマー
+100円でチャーシュー3枚に変更できるので次回はこちらにしようかと思ったほど。

今回は試行段階の提供。これから様々な取り組みで進化を遂げることでしょう。。。。。

支那そばや 一光@甲子園口

支那そばや 一光@甲子園口

ラーメンの鬼と呼ばれる支那そばやの佐野実氏直伝のお店だそうです。
場所は甲子園口駅から商店街を抜けた国道二号線沿いにあります。
店先には佐野氏の写真を掲載した看板が置かれてますが、佐野さんの若い写真でした。
店内はカウンター席、テーブル席が共にあります。総席数は16席ほどです。
メインメニューは塩らーめんで他に醤油らーめん、期間限定の味噌ラーメンなどがありました。

麺道 しゅはり@新在家 Ver3

麺道しゅはり@新在家

守破離とはその道を極める為の成長段階を示した言葉だそうです。
『守』、『破』、『離』それぞれに成長段階を示す意味が成されてます。
店主の心意気が店名に示されています。
カウンターのみ9席のお店はモダンな店内です。高級店で食べている気分になります。
潮らあめん専門店でメニュー構成は塩ラーメンがメインになります。

紀州和歌山らーめん あじゅち屋@甲南山手

中華麺源味

神戸に居ながら和歌山ラーメンが食べられるお店です。
駅からも近く、数台ながら駐車場も完備されており交通の便は良いです。
ちなみに駅から大通りに出ると獣々しい臭いが漂ってきますのですぐにわかると思います。
テーブル席、カウンター席が配置されており、総席数は23席ほどです。
休日に訪れたからかもしれませんが圧倒的に家族連れ、カップルが多かったです。
後払い制のお店で食べ終えてから勘定を済ませます。