ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2007年06月 】 

≪ 前月 |  2007年06月  | 翌月 ≫

桃天花@三河島

つけ麺@桃天花

麺処くるりの後2軒目はJaxのらあめん日記のJaxさんと共に桃天花へ向かいました。
餃子と卵炒めをつまみにしてビールを呑みながら談笑しました。
〆に頂いたのが裏メニューのつけ麺でした。
ゴマが効いたスープに浅草開化楼の平打ち麺は相性抜群でした。
最後は油っぽくてスープ割りをして飲むことができませんでした。
先ほど食べた麺処くるりのから味噌つけ和えそば食ってお腹が一杯でした。

ちなみに裏メニューはメニューの裏を見れば載ってます。
次回はお腹を空いた時に食べてみたいです。。。
スポンサーサイト

麺処くるり@市ヶ谷

説明書@麺処くるり

25月15日から6月15日まで超らーナビ限定の辛味噌の和えつけそばを食べに行きました。
注文したのは辛味噌の和えつけそばとライスでそれぞれ750円と100円です。
まずは辛味噌の和えつけそばの食べ方が書かれた説明書を渡されます。
作られている間に説明書を読みました。

辛味噌の和えつけそば@麺処くるり

辛味噌の和えつけそばです。ボリュームたっぷりで850円には見えないです。
まずは説明書を見て麺をスープにつけて食べます。
唐辛子たっぷりのスープが絡んでピリッとした旨味がしました。美味いです。

和えそば@麺処くるり

半分ほどつけ麺として食べた後は別皿の具材を混ぜて和えそばにして食べました。
別皿には生玉子、ミンチ肉、タマネギ、ネギなどの具が入ってます。
他の具材とともに食べると先ほどとうって変わって甘い味がして美味いです。
野菜と麺とがお互いの素材を生かしていて素晴らしく美味かったです。

雑炊@麺処くるり

麺を食べ終わった後はライスをスープに投入して雑炊として食べました。
辛味噌のピリッとした辛さがライスに絡んでほんとに美味いです。
この辛さが食欲をばく進させてひたすら雑炊を食べました。

本来は半ライスを投入するらしいのですが私は間違ってライスを購入しました。
逗留したらもの凄い量になってしまいお腹が一杯になりました。
女性にも人気があるようで半ライスを注文して食べられている方もいらっしゃいました。

つけ麺→和えそば→雑炊の流れで食べる一種のコース料理3倍楽しめ美味かったです。。。

総大醤@天神橋筋六丁目 Ver3

黒大醤@総大醤

弥七のあと徒歩で移動して訪問したのが久々の総大醤です。

こちらでも黒大醤(醤油ラーメン)を注文しました。600円です。
あっさりとしたスープは豚骨、鶏がら、魚介系などから作られているようです。
醤油の独特な甘みや酸味ににほのかに感じる柚子が良いアクセントを出しています。
麺はちぢれ麺でモチモチした感触である意味重みを感じます。
チャーシュー、のり、メンマ、ナルトなどの具が入ってました。

旨味十分の醤油ラーメンでした。。

らーめん弥七@中津 Ver4

醤油ラーメン@弥七

連日の弥七への訪問でした。
前日は塩を食べましたが今回は醤油ラーメンを食べました。650円です。
鶏のまろやかさと醤油の甘み甘みがするスープに生タマネギがスープにアクセントを加えてます。
麺はつるっとした食感に噛むともちっとした歯応えが素晴らしいです。
具はチャーシュー、味玉、大量のネギなど。チャーシュー美味いです。
塩に比べてまろやかで味がしっかりしている印象です。

塩も醤油も美味いことを再確認しました。。。。

たけうちうどん店@中津

ぶっかけうどん@たけうちうどん店

たまにはラーメン以外を連食しようと弥七の後に向かいました。
お洒落な店舗に客層はカップルが多くて肩身が狭かったです。
饂飩ブームなのかカウンター席が満席状態でした。

注文したのはぶっかけうどんで580円です。
麺が独特の粘りと弾力があって美味いです。
さっぱりとした醤油ダシと大根おろしと生姜をかき混ぜて食べるとほんとに美味いです。
とり天やゲソ天など天ぷらをトッピングしたメニューが大流行でした。
麺の量が多いので具がないと寂しいかもしれません。

次回はお腹が空いている時に訪問してみたいです。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2007/06/27 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)

らーめん弥七@中津 Ver3

塩ラーメン@弥七

何となく弥七の塩ラーメンが未食だったことを思い出し訪問しました。
券売機で(シソ入り)塩ラーメンの食券を購入して渡しました。700円です。

スープは見た目はクリーミーですが割とさっぱりしています。
しょっぱさにほんのり感じる紫蘇が美味いです。
ベースは鶏だと思うのですが見え隠れしていてよくわかりません。
麺は自家製麺でつるっとした食感で噛むとモチモチした歯応えが素晴らしいです。
具はチャーシュー、味玉、ネギ、紫蘇の花など。チャーシューはやはり美味いです。

弥七の塩ラーメンが気にいりました。。。。。

煮干しらーめん玉五郎天満本店@天満 Ver9

煮干しラーメン@煮干しラーメン玉五郎天満本店

久々に訪れた玉五郎で煮干しラーメンと玉子かけご飯のセットを注文しました。
セット価格で850円で少しだけ割安です。

久々にラーメンを見てこんなに油が多かったのかなっと思うほどスープに膜がはってました。
前回に比べて豚骨も魚介のバランスが良かった気がしました。
味に関して豚骨も魚介も若干弱かったような気がします。
麺は北海道直送の小林製麺製のちぢれ麺ですがスープとの絡みも若干弱かったような気が。

玉子かけご飯@煮干しラーメン玉五郎天満本店

玉子かけご飯は大分県産の元気玉子を使っているだけに美味かったです。
醤油を少しだけ垂らしてかき混ぜて食べるのが好きです。

今回は大人しめの味でしたがガツンとくる煮干しラーメンを食べてみたいです。。

光龍益@桜ノ宮

ラーメン@光龍益

この日2軒目はがとんぴととりの光龍益(こうりゅうます)です。

注文したのはラーメンで600円です。
店の特徴としてラーメンを作る過程を目の前に丼を置いて見せてくれます。
豚皮と鶏をじっくり煮込んで作ったコラーゲンたっぷりのスープで濃厚です。
こってりしていますが意外とあっさりと味わえます。
麺は細麺で軟らかめのゆで加減で個人的には合わないような気がしました。
具がチャーシュー、メンマ、ネギでチャーシューは湯通しされて脂が落としています。
脂を気にしないで食べられるのでいいのかもしれません。

ハニーウォッカ@光龍益

店ではハニーウオッカの無料サービスがありました。
甘くて美味いですが呑みすぎると酔っ払いそうになるくらいアルコールがきつかったです。。

東成きんせい@玉造

鶏白湯らーめん@東成きんせい

きんせいの2号店が玉造の一等星跡にオープンしました。
ラーメンのメニューが鶏白湯らーめんと和風醤油らーめんの2種類があります。
こってりが鶏白湯らーめん、あっさりが和風醤油らーめんで数量限定発売となってます。

注文したのは鶏白湯らーめんで650円です。
名前と裏腹にスープは茶濁してます。鶏の味がしっかり出てますが割とあっさりしていました。
麺は極細麺で個人的には軟らかく頼りなく感じました。
具はチャーシュー、カイワレ、うずら玉子、ナルトなど鮮やかなビジュアルでした。

旨味を感じるスープでこれから期待できると感じました。。

ラーメン軍団@一乗寺

重厚ラーメン@ラーメン軍団

麺類ダイスキの和みさんと食べ歩き3軒目です。
有名なラーメンサイトの管理人ががラーメン店主に転身して激戦区一乗寺に出店されました。
ラーメンのメニューはあっさり系の原点ラーメンとこってり系の重厚ラーメンの2種類のみです。
重厚ラーメンを注文しました。600円です。
濃厚豚骨スープはドロドロで麺との絡みがよくスープがどんどん減ります。
タレが若干弱めで最後に飽きがくるのが気になりました。
卓上に置いてある胡椒を混ぜた味噌を投入して味を整えて食べると面白いほど味が変わります。
具はチャーシューとネギのみとシンプルでチャーシューが美味かったです。

この日3軒目に関わらず胃がもたれないのは脂分を取り除いている為のようです。
脂に頼らず徹底して濃度を上げているところが素晴らしいと思います。。。

らーめん創房日本一ぱこぱこ@西京極

極上塩ラーメン@らーめん創房日本一ぱこぱこ

麺類ダイスキの和みさんと巡った2軒目はらーめん創房日本一略してぱこぱこです。
店主は埼玉県の麺創房玄で修業されたようです。

塩が美味いと評判なので極上塩らー麺で700円を注文しました。
鶏の旨味を感じる濃厚なスープで塩がしょっぱい目でした。
麺は細麺で黄色みがかったのが特徴です。好みの麺ではありませんでした。
具はチャーシュー、野菜など。チャーシューは好みではなかったです。

想像と好みとは違いましたが旨味十分のラーメンだと思います。。

麺屋 しゃかりき@二条

豚骨ラーメン@麺屋しゃかりき

麺類ダイスキの和みさんと一度別れて翌日再合流しました。
京都に向かって一軒目は麺屋しゃかりきへ向かいました。

多くのメニューの中で気になっていた豚骨ラーメンを注文しました。650円です。
豚骨スープはかなり濃厚で若干タレが効きすぎてしょっぱめですが美味いです。
麺は細麺でゆで加減が絶妙でツルツルシコシコです。
具はメンマ、チャーシュー、味玉などが入ってました。

スープにかなり旨味を感じました。他のメニューも食べてみたいです。。。。。

大吾郎商店@福島 Ver3

こってりつけ麺@大吾郎商店

再び麺類ダイスキの和みさんと連食を共にしました。
大吾郎商店夜の営業限定のこってりつけ麺を2玉食べました。850円です。
見るからして濃厚なスープで味もかなり濃いです。
中太麺と絡みは良くつるつると進みます。
濃厚でしょっぱいスープは最初は美味く感じますが淡白で最後に飽きがきました。
チャーシューのかたまりがたくさん入っているのが特徴です。

食べ手を選ぶつけ麺ではまる人ははまるかもしれません。。。

麺座ぎん@堺東 Ver6

つけ麺@麺座ぎん

この日は麺類ダイスキの和みさんと共にラーメン巡りをしました。
まずは和みさんの宿題店である麺ぎんへ向かいました。

この日は久々の連食でつけ麺を麺半分で注文しました。650円です。
自家製麺の太麺でつるっとした麺で歯応え充分です。麺に旨味が詰まっています。
酸味とほんのり甘みが効いたスープも相変わらず美味いです。
スープ割りをすると豚骨と魚介の旨味が鮮明にわかるような気がします。

美味いから箸が進んじゃいます。麺半分だと少々物足りない気がしました。。。。

満福花子@東部市場前

花子そば@満福花子

某ナビで不定休になっていた為に定休日に訪問して振られた経験がある店です。
今回は一目見て辛そうな花子そばを食べに訪問しました。620円です。

スープは鶏がら、魚介類、野菜などを煮込んだ醤油スープです。
様々な旨味が絡み合って居るスープですが特に魚介系が前面に出たスープだと思います。
一目見て辛そうに見える唐辛子はパプリカの粉末であまり辛くない唐辛子のようでスープを引き締める効果があるような気がします。程良い辛さでした。
麺は極細麺で湯きりがかなり軽めで大丈夫かなっと思いましたが歯応え充分で驚きました。
具はチャーシュー、メンマ、もやし、なると、ネギなどで特にチャーシューが美味いと思いました。

濃厚で旨味充分なスープとしっかりした麺が絡み合った美味しいラーメンでした。。。

大吾郎商店@福島 Ver2

冷やしつけ麺@大吾郎商店

以前つけ麺を殆ど食したことの無い頃に訪問して以来足が遠のいてました。
以前のブログを読むと赤面するくらいの素人ぶりで今も素人ですがそれなりに食べ慣れたので再訪しました。駅から遠いのが相変わらず難点です。
某ナビの営業時間を見て余裕持って訪問したつもりが昼の営業閉店時間直前に訪問したのにもかかわらず暖かく迎え入れてくれたことに感謝しました。

つけ麺を注文するつもりが冷やしが気になり注文しました。700円です。
やや細めの麺ですが歯応え十分のおそらく麺哲製の麺だと思います。
さっぱりとしたつゆに見事に合う麺でした。
具はシンプルに鶏のささ身のみだったのですが見事な塩加減で美味かったです。

この系統の麺はつけ麺にすると旨味を発揮するのだと感心しました。。。。。

中華そば専門店風龍@豊津

中華そば@中華そば専門店風龍

自宅から比較的近くて以前から気になっていた店です。

注文したのは中華そばと焼飯のセットです。
スープは鶏がらベースで酸味が強く背脂たっぷりの醤油ラーメンです。
隠し味に辛し味噌が加えられていことにより味がより濃厚になっているようです。
麺は細麺で特に特徴を感じることができませんでした。
具はチャーシュー、メンマ、ネギなど。チャーシューに旨味を感じました。

チャーハン@中華そば専門店風龍

焼飯は味が濃くて美味いのですが胡椒が少々効き過ぎだと思いました。
ラーメンも焼飯も美味くてリーズナブルな料金だったと記憶をしますが肝心の値段を忘れてしまいました。機会があれば再訪したいと思います。。。

丸高中華そば 神戸二宮店@三ノ宮

中華そば@丸高中華そば二宮店

中華そば源さんに訪問した後に2軒目に向かったのは丸高中華そば二宮店です。
実家が和歌山にある丸高中華そばで神戸に居ながら和歌山ラーメンを味わうことが出来ます。
店へ訪問したらほぼ満席状態で店員さんは皆女性でした。

注文したのは中華そば並で550円です。
豚骨を醤油で炊き込んで作る製法で作られたスープは濃厚ですが醤油が弱い感じがしました。
薄い=不味いではなく豚骨の旨味を感じることができました。
麺のゆで加減は軟らかめで麺の臭いが気になりました。
具はたっぷりのチャーシュー、かまぼこ、ネギです。
見た目はシンプルな構成でしたがチャーシューが美味かったです。

炒飯が気になったので機会があれば訪問したいです。。。

中華そば源さん@玉造

中華そば@中華そば源さん

高井田系のお店の中でもオススメな店という事で訪問しました。
こちらのお店では麺だけでなく材料一つ一つにこだわりを持っているようです。
開店早々の時間だったので先客後客共に0でした。

注文したのは中華そばで500円です。
鶏がらや野菜を煮込んで作られたスープは無化調だそうです。やや酸味が強い醤油の味が口の中に広がり旨味を感じるスープと特注の極太麺は相性抜群で歯ごたえと麺自体の旨味を感じることが出来ました。
具はシンプルにチャーシュー、メンマでつまみにしてビールが呑みたいくらい美味いです。

無化調なのにしっかりした旨味を出すのが素晴らしいと思いました。。。。

彩々@針中野 Ver2

冷やし黒味噌@彩々

前回気になっていた天津飯を食べに再訪しました。
注文したのは前回同様冷やし黒味噌と天津飯の2品です。

冷やし黒味噌は具がレタスからキュウリに変わってました。
実はキュウリが苦手なんで味に関しては省略します。

天津飯@彩々

具が上にのせられている一見して変わった天津飯です。
個人的にはタレのとろみと甘みがもう少し欲しかったです。
好みと違いましたが美味かったと思います。

2品食べてお腹いっぱいになって満足しました。。。

丸デブ総本店@名鉄岐阜

中華そば@丸デブ総本店

中京圏弾丸ツアー最終日最後のお店は大正7年創業の老舗の丸デブ総本店です。
地元では人気店のようで既に昼時が過ぎた時間にも関わらず満席に近い状態でした。
メニューは中華そばとワンタンの2種類のみでそれぞれ350円で食べることができます。

私は中華そばを注文しました。
小さな丼に麺とスープが山盛りに入っているのには驚きました。
鶏がらと生姜を煮込んだ出汁にたまり醤油を入れたスープはあっさりしていました。
麺は自家製麺だそうでもちもちした歯ごたえで意外とお腹に溜まりました。
具はチャーシュー、かまぼこ、ネギとシンプルな構成です。

昔ながらの中華そばをファーストフード感覚で味わうことが出来ました。。

岐阜大勝軒@笠松

特製もりそば@岐阜大勝軒

中京圏弾丸ツアー最終日二軒目は東池袋大勝軒で修業された店主が営む岐阜大勝件へ向かいました。ちなみに麺坊ひかりから約2kmの道のりを徒歩で向かいました。
昼時前で店が満席状態でしたが幸い一席分座るスペースがあったので並ぶ必要がありませんでしたが麺ゆでなどの調理に時間が掛かって待つ破目になりました。

注文したのは特製もりそばで650円です。
麺は注文してから茹でるのは高評価です。大勝軒の麺にしては細めで軟らかめな麺でした。
スープは甘み酸味とも充分ではっきりとした味で旨味を感じました。
具はチャーシュー、なると、ゆで卵、メンマなどでゆで卵が丸ごと入っていたのには驚きました。

帰り外に出ると行列ができていたのには驚きました。
旨味充分なんで流行っているのだろうと思いました。。。

麺坊ひかり@西笠松

塩ラーメン@麺坊ひかり

中京圏弾丸ツアー最終日の一軒目は岐阜県からお送りします。
神奈川県の中村屋で修業された店主が営まれている麺坊ひかりに訪問しました。
営業開始時間前に訪問してシャッターをしましたが私だけでした。
その後2人ほど来られましたが平日に限ってはシャッターする必要が無いのかもしれません。

入店直後に券売機でらーめん(塩)を購入しました。650円です。
麺をゆでた後に中村屋直伝の天空落としを見ることができて感動しました。
スープのお味は鶏の旨味がほのかに感じますが他の材料の味もわずかながら感じることができます。塩タレは控えめで素材が十二分に生かされたあっさりスープです。
麺は細麺で個人的には弱く感じますがスープを生かした仕上げになっているのだろうと推測します。
具は味玉、炙りチャーシュー、メンマ、ほうれん草などで注文ごとに七厘で炙られるチャーシューが印象的でした。

再訪したい店の一つとなりました。。。。

萬来亭@鳴海 Ver2

ラーメン@萬来亭

中京圏弾丸ツアー初日二軒目は名古屋の家系の店に訪問しました。
ここは私にとって家系デビューの店で2度目の訪問になります。
大人しい家系の印象が強かったのですが最近味が変わったということで再訪となりました。

注文したのはラーメンで650円です。麺、味、油は全てデフォで注文しました。
スープは以前より家系に近い味に進化してました。白濁濃厚豚骨にタレが強化されたようでどちらも力凄さを感じます。バランスが良いのでしょっぱいのですが嫌味になりません。
麺は太麺でモチモチした歯ごたえが素晴らしいです。
具はチャーシュー、のり、ほうれんそう、うずら玉子が入ってました。
うずら玉子がデフォでは1個しか入っていないので追加したかったのですが玉子の食べすぎで断念しました。うずら玉子が修業店である壱六家出身の証です。

バランスが良いスープで個人的には理想に近い味でした。。。。。

華丸@萩原

味玉そば@華丸

横浜から陸路名古屋へ移動して展開した中京圏弾丸ツアー。
名古屋でお会いした某SNSの友人に連れて行ってもらったのが華丸です。
こちらの店は青葉インスパイア系のお店で近隣では有名なようです。

注文したのは玉子そばで700円です。
スープは日によってムラがあるようでこの日は豚骨が前面に出た魚介系のWスープです。
後からほのかに感じる魚介系の味が口の中で広がってきます。
麺は太陽製麺の細ちぢれ麺。弾力があって食べごたえのある麺です。
具はチャーシュー、メンマ、味玉など。それぞれ特徴があって美味いのですが極太メンマと味玉が特に美味かったです。

生憎青葉では未食です美味いラーメンに出会えて幸先の良いスタートができました。。。。

大勝軒 神奈川新町店@神奈川新町

特製もりそば@横浜大勝軒神奈川新町店

首都圏弾丸ツアー最終日ラストの店は東池袋大勝軒直系の神奈川新町店を訪問しました。何人かの知り合いからオススメされていた店で訪問すると人気店のようでかなりの行列ができていました。
最初に券売機で特製もりそばの食券を買って並びます。650円です。食券を渡す時にスープの味の濃さや麺の硬さなどを聞かれますがデフォで麺の量が350gあるので少なめで注文しました。

中華そばは個別で麺を茹でるようですがもりそばはある程度注文が集まってからまとめて茹でます。結果、後から注文した中華そばが先に出て先に注文したもりそばが後れて出てくることもあります。麺茹での時間の違いがあってもりそばのほうが時間が掛かるのにさらに遅れる可能性があります。茹で置きされるよりもはるかに良いことなのでこの場合は時間が掛かってもキチンと茹でて欲しいです。

麺は過去食べた大勝軒に比べて硬めでしっかりした食感でした。麺に旨味がありスープにつけずに充分に食べることが出来ます。スープは動物系、魚介系共に旨味が十分に詰まっていて濃厚な味でした。甘くて酸味が効いたスープで美味いです。具はチャーシュー、玉子、メンマなど入ってます。

中華そばも人気があるようなので次回は中華そばを食べてみたい気がします。。。。

吉村家@平沼橋

ラーメン@吉村家

首都圏弾丸ツアー最終日になりました。1軒目は家系総本山の吉村家に向かいました。
開店前から行列ができていたので券売機で先にラーメンの札を購入して列に加わりました。590円です。ちなみに開店5分ほど前に到着して29番目でカウンターのみ25席で3ロット目でした。
思ったよりも回転が速くあっという間にカウンター席に座ることができました。

カウンターで1円玉を6枚用意して型崩れの味玉を追加購入します。
こちらの品は1円玉のみ6枚用意して購入するのを許されるメニューで5円玉が混ざると購入できません。ちなみに味玉が60円だったので味が変わるわけでもなさそうなのでかなりお得です。
ちなみにラーメンは麺の硬さ、味の濃さ、油の量を共にデフォで注文しました。

スープは豚骨の味がしっかりと出ていて醤油ダレの味もしっかり出ていました。
家系特有のしょっぱさが思ったよりも控えめで驚きました。
元々はこのくらいのしょっぱさで家系の店によって特徴が出ているのかもしれません。油がそれなりに入っているので重みは感じます。
麺は酒井製麺製の細い方だと思います。もちもちした歯ごたえがありゆで加減は絶妙でした。
具はチャーシュー、のり、ほうれんそうに追加した味玉で型崩れした味玉はほとんど崩れている様には見えません。見た目も重視しているのでしょうね。チャーシュー、味玉共に美味かったです。

流石は家系総本家のラーメンでしっかりした味で美味かったです。。。。

だるま大使 2号店@高崎問屋町

だるま@だるま大使2号店

首都圏弾丸ツアー2日目3軒目は群馬県高崎市まで進出しました。
駅前で便利なだるま大使2号店へ行きました。
夜の営業開始前にシャッターしましたが一番乗りで後客3名程でした。

注文したのはだるまラーメンで680円です。
豚骨100%の濃厚スープは濃くて美味いです。臭くなく精練したスープの印象を受けました。
麺は極細麺で硬すぎず柔らかすぎず適度の硬さでした。美味いです。
具はチャーシュー、味玉、きくらげ、ネギなどどれも美味かったです。

素晴らしい豚骨ラーメンに関東で出会えるとは思いもしてませんでした。
美味しい以外の言葉が見つからないほど美味しかったです。。。。。

らーめん大雅@羽生

味噌ラーメン@らーめん大雅

首都圏弾丸ツアー2日目2軒目はらーめん大雅です。
最寄駅から30分以上かかり車じゃないと厳しい立地条件に店があります。
店主はラー博のすみれで店長をされたそうで個人的には期待を持って食べに行きました。
到着した時に10名ほどの行列ができてましたが事前に注文を聞かれて流れが速く着席と同時にラーメンを食べることが出来ました。注文したのは味噌ラーメンで700円です。

スープは見た目からわかるほどラードの膜ができております。
一口スープ啜るとピリッと効いた唐辛子と味噌の甘みが特徴です。
ラードと味噌のくどさが気になりましたが美味しかったです。
麺は北海道特有のちぢれ麺です。特に違和感も感じることも無く美味しく食べました。
具は細かく切られたチャーシュー、メンマ、ネギなどです。
チャーシューが細かく切られていて食べやすいかと思って食べてみましたがスープを味わうのに邪魔でした。美味かったけど個人的には一枚でもまるごと味わって見たかったです。

好みに個人差があると思いますが関東屈指の味噌ラーメンであろう思いました。。。

次念序@北鴻巣

つけめん@次念序

首都圏弾丸ツアー二日目は知り合いに車で連れて行っていただきました。
1軒目は花に囲まれた不思議な場所で営んでいる店ですが開店前から行列できてました。
最寄駅からもかなり距離があるのにもかかわらず人気の凄さには驚きました。
店主は大勝軒、六厘舎で修業されたようで行列から判断しても期待でしました。

つけ麺を量少なめで注文しました。750円です。少なめでも値引きはありません。
デフォだと300gあるので連食の身なんで少なめにしときました。
麺は自家製麺です。麺に昆布の粉末を練りこんでいたようで独特の色がしています。
麺自体の味が良くスープにつける必要を感じないくらいです。

スープには魚粉が大量に投入されていて麺に絡みます。
旨味充分なんですがスープ自体の味が判断しにくいので魚粉の大量投入に関しては賛否が分かれそうです。ここまで入れるにはそれなりの理由があると思いますが。
具はチャーシュー、メンマ、ネギなど。メンマがピリッとした辛さがしました。

麺が興味を惹かれますが魚粉の多さが賛否を分かれそうです。。。。。