ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2007年08月 】 

≪ 前月 |  2007年08月  | 翌月 ≫

麻麻@穂積

麻麻@穂積

信頼しているサイトを運営されている方のレポートを拝見して訪問しました。
この日40℃越えした多治見市と同じ岐阜県内にいましたが暑い中駅から歩きました。
カウンターメインでテーブル席もあったような気がします。
ラーメン屋という雰囲気よりも定食屋さんみたいな感じの店です。
店主は中年の女性で常連さんとおしゃべりしてました。
しょうゆラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンが基本メニューのようです。注文した後で冷麺、冷やしラーメン、つけ麺、豆乳麺などのメニューがあることを知りました。
スポンサーサイト

Nageyari@新那加

Nageyari@那加

18切符を使った日帰り遠征です。向かった先は岐阜県です。
同じ岐阜県内ですが前日40.9℃を記録した多治見を避けました。
店主は大成食品が開講している鳥居式らーめん塾の出身です。
カウンターメインでテーブル席もありますが規模が小さいお店です。
先に席に着いてから注文して食べ終えてから支払うシステムです。
ラーメン、つけ麺に加えて夏限定のサラダ麺などのメニューがありました。

来夢来人@岡町

来夢来人@岡町

隣駅まで移動して商店街の中でご家族で営んでいる中華屋さんです。
様々な中華メニューに並んでラーメンメニューも多彩なのが特徴です。
カウンターメインの店ながら奥に小上がりがあったような感じです。
数あるメニューから天津飯と和風つけ中華そばを200gで注文しました。
麺の量は200g、300g、400gを同料金で選ぶことができます。それぞれ550円と800円です。

豊中 麺哲@豊中

醤油@豊中麺哲

麺哲は関西ラーメン界のカリスマである庄司氏が営む店です。
上方屋五郎ヱ門、百年屋などプロデュース店は数知れずで影響力は絶大です。
今まで未訪だったのは交通の便と夜のみの営業の為で敷居が高さでした。
ちなみに土日の昼は限定メニューのみの営業なんで初訪は夜と決めてました。
カウンターのみ10席の配置で楕円形になってます。
私が行った時はほぼ満席状態でギリギリ一席空いていて滑り込みました。
席に着いてから注文して食べ終えてから支払うシステムです。
メニューは醤油、塩にチャーシュー大盛りの肉醤油、肉塩などの構成です。

光洋軒@布施

光洋軒@新深江

高井田系(布施系)と呼ばれる地ラーメンが大阪に存在します。
鶏がらと昆布から作られたスープは醤油がガツンと効いております。
麺は極太麺でゆでるのに10分近くかかります。
噛み応えのある麺が特徴的で1度はまると抜け出せない中毒性のあるラーメンです。
今回訪問した光洋軒は現存する高井田系店舗の中で最古参です。
こちらのお店では朝からラーメンが食べられる貴重なお店です。
カウンターのみのお店で先に席に着いて注文して食べ終えてからお金を支払います。

麺匠はなみち 新大阪店@西中島南方

麺匠はなみち新大阪店@西中島南方

下車したものの第一候補はお盆休み、第二候補は見当たらずでした。
第三候補で訪れたのがこの店で本店はあびこにあるチェーン店です。
テーブル、カウンターあるので一人でも安心してラーメン食べれます。
メニューは特上しょうゆ、豊熟味噌、贅沢コク辛などがあります。
セットメニューが充実していてサイドメニューが豊富です。
先に席に着いてから注文をして食べ終えてから支払うシステムです。

麺屋大地@北花田

麺屋大地@北花田

行きやすい場所にあるのにもかかわらず行けずにいました。
ダイアモンドシティの隣にあるので迷わない立地条件の良さが光ります。
カウンターとテーブルが店内が広々としてます。
壁には今まで訪れた有名人の色紙が飾られていて知名度の高さがわかりました。
券売機で食券を前もって買うシステムです。

山嵐@六本木一丁目

らあめん山嵐@六本木一丁目

この日2軒目にして今回の遠征最後の店は六本木へ向かいました。
豪快な名前とは裏腹で独特の雰囲気を持った店主が営む店です。
ラーメン友達のオススメで行きました。
通し営業なので本来なら飯時ではない時間に行きましたが混雑してました。
カウンターのみの配置で券売機で食券を買うシステムです。

麺者服部@神保町

麺者服部@神保町

日が変わってこの日は都内からスタートです。
一軒目は神保町の本屋を散策後に開店20分前に到着しました。
ポールをゲットして開店を待ちました。開店直後に満席状態でした。
U字型にカウンターがありモダンな店内でラーメン屋には見えません。
食券制で券売機で先にチケットを購入して席に着いてから手渡します。
券売機は入口入ってから扉の死角になってます。
カウンターに目が向くとわかり難くなってますのでご注意ください。

ぶらり@日暮里

ぶらり@日暮里

この日三軒目はラーメン友達とラーメン居酒屋で呑みました。
きびの姉妹店だそうで比較的新しいお店のようです。
日暮里駅近くの店は1階がラーメン専門で2階は呑めるスペースとなってます。
隠れ家的な雰囲気が漂っていてテーブル席、カウンター席もあり1人で呑めます。
一品料理にに舌鼓を打ちながらビールを堪能しました。
〆にラーメンを食べるつもりで1階に降りようとしたら2階でもラーメンが食べれるようです。

つけ麺ajito@大井町

つけ麺ajito@大井町

この日2軒目で東京都へ侵入するのに成功しました。
大井町駅近辺は新店ラッシュです。知る限りで4店舗オープンしたようです。
その4店舗の中でラーメン友達からオススメされた店へ行きました。
名前が店を表すが如くわかり難い場所にひっそりと営業をしておりました。
カウンター6席のみの狭い店舗で元々はスナックの営業に使われていた感じでした。
クーラーの効きが悪いので暑い時期に行かれる場合はそれなりの覚悟が必要です。
席に着いてから注文して食べ終えてから料金を支払うシステムです。
メニューはつけ麺、つけ麺ロッソの2種類のみです。

らーめん桃源@綱島

らーめん桃源@綱島

日が変わってこの日は神奈川県へ侵入を果たしました。
1軒目は冷やしメニューが気になっての訪問となりました。
開店20分前に到着してポールを下としました。
その後、続々と集まって開店直後にほぼ満席状態になってました。
近くに駐車場がないのか路上駐車が目立ちました。
ラーメンを愛するラーメンフリークとしては止めて頂きたい所業です。
カウンターメインながらもテーブル席もあります。
席に着いてから注文をして食べ終えてから料金を支払うシステムです。
狙いの冷やしメニューは冷やししお、冷やし辛しお、冷やしミルクの3種類です。
それぞれ限定10食ずつになっており狭き門になっております。

らーめんあかつき屋@新静岡

らーめんあかつき屋@静岡

この日3軒目のお店はこの日逗留先である静岡で食しました。
店主は独学で学ばれたようです。
モダンな感じのお店でカウンター席、テーブル席がそれぞれあります。
券売機で事前に食券を買うシステムです。
らーめん、つけめんなどの基本的メニューに季節限定メニュなどがあります。
全ての麺メニューにはこってり、あっさりを食券購入時に選ぶことができます。

らあめん青空きっど@遠州曳馬

らあめん青空きっど@遠州曳馬

この日二軒目は浜松で下車して遠州鉄道に乗換えて向かいました。
ネット情報では店主は独学で学ばれたそうです。
カウンター席メインの店で席に着いてから注文して食べ終えてから支払うシステムです。
メニューは中華そば、とんしおそば等の基本メニューに様々なバリエーションがあります。

日本晴れ@岡崎

日本晴れ@岡崎

この日は気づけば旅行かばん一つで旅に出てました。
まずは愛知の地を踏みしめてらーナビの達人の速報で気になった店へ向かいました。
一風堂出身の店主が営む店です。中休みがなく巡るのに重宝しそうな店です。
店の前に駐車場があり、駅から少々歩くものの交通の便は良さげです。
店内にはカウンター、テーブル席ともにあったよう。ガラス張りのスープ部屋が圧巻です。
席に着いてから注文して食べ終えてから支払うシステムです。

煮干しラーメン玉五郎 天満本店@天満 Ver10

煮干しラーメン玉五郎@天満

ブログを始めて初の二桁通った店舗が煮干しラーメン玉五郎です。
昨年オープンして魅了され続けた店で最近はご無沙汰気味でした。
カウンターのみの店です。
席に着いてから注文をして食べ終えてから料金を支払うシステムです。
メニューは煮干しラーメン、つけ麺の二種類に具が豊富になる特製がそれぞれあります。

麺匠四神伝@古川橋 Ver3

とんこつつけ麺@四神伝

8月3日~5日まで3日間メルマガ限定のとんこつつけ麺を食べました。

とんこつ醤油のスープをベースに使用しているとの事。
節系魚介に濃厚豚骨を配合したスープには魚粉がまぶされてます。
麺は極太麺でコシが強く麺だけで食べても素晴らしく美味いです。
ありきたりに思えるスープでしたが麺を際立たせる旨味たっぷりでした。
酸味の効かせ具合が絶妙で食欲をそそらせます。

スープ割りを願うと鶏のスープが注がれた容器が渡されました。
スープに投入して飲んでみると魚介の深い味わいを堪能できました。

初めて東京大崎でつけ麺を食べたときの衝撃以上のものを受けました。
人伝で聞いた話ですが店主ご自身が東京の某店舗を意識されているようです。
つけ麺文化が根づいていない大阪圏でレベルの高いつけ麺に出会えるとは感動です。

こちらの様々なメニューに注目してみる価値がると感じました。。。。

とんこつ食堂@天王寺 Ver2

とんこつ食堂@天王寺

以前食べた濃厚な豚骨を思い出して再訪しました。
名前の通り豚骨専門店で店からは豚骨臭が漂ってます。
最寄りは谷町線天王寺駅ですが私は四天王寺前夕陽ヶ丘から歩きました。

カウンターメインでテーブル席も一応あります。
席に着いてから注文して食べてから料金を払うシステムです。
店の至る所に張り紙でメニューが書かれており何を注文したら良いのか悩みます。

釜たけうどん@難波

釜たけうどん@なんば

店主はうどん好きが高じて店を始めたそうです。
弟子入りせずに独学で学んだというから凄いです。
なんばグランド花月から近く近所に肉吸で有名な千とせが店舗を構えております。
テーブルメインの店内は清潔感があり食べる環境としては素晴らしいです。
席に着いてから注文して食べた後に料金を支払うシステムです。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2007/08/14 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(2)

とんこつらーめん雅 本店@緑地公園 Ver3

とんこつらーめん雅@緑地公園

近くて遠い場所なのが地元に比較的近いラーメン屋でして約一年振りの訪問です。
開店直後に訪問しました。一番乗りでした。
カウンター席メインですがテーブル席もあります。
私の後の客は皆、カップルか友人達多数で訪問していました。
席に着いてから注文して食べた後にお金を払うシステムです。
ラーメン以外のサイドメニューが多く中華料理店的要素も含んだ店です。

7月の食歴とMVP

今更ながら7月の食歴とMVPを発表します。
今回は某横綱が不祥事を起こしたので番付風で発表するのは廃止します。
心に残ったラーメンを最後に発表します。

2日 らーめん弥七@中津 シソ入り塩ラーメン@700円
5日 無鉄砲大阪本店@今宮戎 とんこつラーメン@650円
6日 金久右衛門@深江橋 大阪ブラック@700円
6日 秀楽@西三荘 ラーメン(中)@650円
11日 いのたに@佐古 中華そば(中)+生卵@500円
11日 広東矢三本店@蔵本 支那そば(小)+生卵@510円
11日 三八田宮店@佐古 支那そば小盛@450円
11日 八万屋本店@阿波富田 中華そば@500円
11日 ぼっちり@多ノ郷 鍋焼きラーメン@700円
12日 橋本食堂@土佐新荘 鍋焼きラーメン(普)@525円
12日 瓢太@南堀端 中華そば@600円
12日 おっつぁん@笠岡 とんこつしょうゆラーメン@580円
12日 富士屋@岡山 中華そば@600円
13日 天神そば@城下 天神そば@650円
13日 朱華楼東深津店@東福山 中華そば@450円
13日 朱華園@尾道 中華そば@490円
13日 蘭丸@門前仲町 特製塩そば@850円
14日 麺や七彩@都立家政 マコカレイのぶっかけ塩そば@800円
14日 鏡花@立川南 塩ラーメン@700円
14日 満福亭@西八王子 塩ラーメン+梅干し@200円
14日 アイバンラーメン@芦花公園 塩ラーメン+アイスクリーム@950円
14日 ○心厨房@木場 中華そば@650円
15日 麺屋蕪村@長野 蕪村そば@650円
18日 大阪大勝軒@扇町 つけ麺@750円
20日 つけ麺やろおじ@出町柳 つけ麺200g+鯛ぶぶ@880円
26日 伊駄天@藤枝 塩ラーメン@650円
26日 なんつッ亭秦野店@渋沢 ラーメン+へなちょこアイス@850円
26日 くまもとらーめんブッダガヤ@緑町 くまもとらーめん@630円
27日 豪快@六会日大前 つけ麺@685円
27日 ゼットン@目白 つけ麺(並盛)@700円
27日 麺や七彩@都立家政 タイプB(塩ラーメン)@670円
28日 十兵衛@大泉学園 十兵衛つけ麺@740円
29日 麺匠四神伝@古川橋 豚骨塩ラーメン@550円
29日 吹田とっかり@吹田 塩ラーメン@600円

以上 7月累計 今年128杯 今月34杯
【 2007/08/13 】 月間MVP | TB(0) | CM(0)

吹田とっかり@吹田 Ver2

塩ラーメン@吹田とっかり

この日二軒目は正雀、上新庄に次ぐとっかり第三店舗目の店であります。
カウンター席のみの店は満席状態ですが何とか滑り込めました。
旭川ラーメンの店で醤油ラーメンがメインですがここでは塩ラーメンが人気です。

私も例に漏れず塩ラーメンを注文しました。600円です。
ラードが全面に覆ったスープは独特な甘みと共に塩をガツンと感じます。
中太ちぢれ麺はもちもちした食感でスープと共に旨味を感じました。
チャーシュー、メンマ共に美味く満足でした。

とっかりは上新庄の店に行きましたが全く味の印象が違い面白いです。
丁寧なラーメン作りに好感が持てました。。。

麺匠四神伝@古川橋 Ver2

豚塩ラーメン@四神伝

この日は大阪に戻ってきて大阪在住のラーメンブロガーの方と食べ歩きました。
店内はカウンター席、テーブル席共にあります。
席に着いてから注文をし食べ終えてからお金を支払うシステムです。

私が注文したのは豚骨塩ラーメンで550円です。
大量の豚骨と昆布と数種類の野菜を十数時間煮込んだスープだそうです。
ガツンとくる豚骨に塩ダレが効いたスープで飲み応えがあり旨味充分です。
麺は細麺でゆで加減が絶妙でスープに絡みます。
チャーシューも美味かったです。

濃厚豚骨ラーメンを堪能できて嬉しい限りです。。。。。

十兵衛@大泉学園

十兵衛つけ麺@十兵衛

日が変わってこの日はラーメン友達に案内して頂きました。
店内はカウンターとテーブル席があります。
満席状態でしたが何とか待たずに席に着くことが出来ました。
席に着いてから注文して食べてから支払うシステムです。

注文したのは十兵衛つけ麺を並で740円です。
スープは和風醤油と豚骨のミックスです。
まろやかな豚骨と酸味入り混じった旨味充分の味でした。
無化調を感じさせない旨味が詰まっておりました。
麺は太麺、平打ち麺、中太麺、細麺の4種類から選べます。
私は太麺を選択しました。もちっとした歯応えが良くスープとの絡みも良かったです。
特製だと麺に具が乗りますが普通だとスープにチャーシュー、メンマなどが入ります。
スープ割りは和風と豚骨のどちらかを選べますが豚骨を選びました。
豚骨独特の甘みでまろやかさが増し美味しくいただけました。

多種多様の麺にこだわりを感じる店でした。。。

麺や七彩@都立家政 Ver2

麺や七彩@都立家政

3軒目は目白から高田馬場乗換えで都立家政へ移動。途中西武新宿線が人身事故の為にダイヤが乱れていましたが問題無しでした。
先日伺った時は行列が出来てましたがこの日は席が半分埋まる程度でした。
予め券売機で食券を購入するシステムです。

ゼットン@目白

ゼットン@目白

この日二軒目は神奈川県から東京都へ移動しました。
最近オープンした新店で閑静な住宅街にあり駅から遠く立地条件は良くありません。
ウルトラマン史上最強怪獣の名を付けた店は想像に反してモダンな店舗でした。
店内はカウンターのみ8席と広々とした店内に反して席数が少ないです。
店主1人で調理から接客しているので8席が限界なのかもしれません。
昼過ぎの訪問でしたが6人ほど待ちがでておりました。
客層は若者や奥様が子供を連れて来ていました。地元に根付いているのでしょう。
席に着いてから注文して食後にお金を支払うシステムです。
メニューは中華そばとつけ麺の二本立てで様々なトッピングメニューがあります。

豪快@六会日大前

豪快@六会日大前

日が変わってこの日は藤沢からのスタートです。
一軒目は東池袋大勝軒で修業された店主が営む店です。
人気店という事で開店20分程前からシャッターをしましたがポールをゲットしました。
開店10分ほど前から目の前のパチンコ屋さんから人がぞろぞろ出てきました。
開店直後にば満席になっておりました。
開店前に注文を事前に聞かれてました。食べた後に支払うシステムです。
メニューはつけ麺、ラーメンの2種類にメンマ、チャーシューのメニューがそれぞれあります。
ミニサイズのメニューもあって連食に向いた店かもしれません。

くまもとらーめんブッダガヤ@緑町

くまもとらーめんブッダガヤ@小田原

小田原に戻って3軒目のラーメンは熊本ラーメンの連食です。
店主は東京の桂花で修業されたようです。
店に近づくにつれて豚骨臭が漂ってきました。期待が持てます。
ちなみにブッダガヤの由来は如来の悟りの地で八大聖地の1つです。
詳しくはこちらを参照してください。
席に着いてから先に注文して食べ終えてから支払うオーソドックスな方式です。

なんつッ亭 秦野店@渋沢

なんつッ亭@秦野

なんつッ亭の本店へ行きました。
渋沢駅から国道246号線にでると『うまいぜベイビー!』の看板が目印になります。
この日は夜の部のシャッターをする為に開店20分ほど前に到着しました。
ポールゲットしてしばらくは1人でしたが開店10分ほど前から人が集まりだしました。
開店直後には満席になる盛況振りです。流石は有名店です。
席に着いてから注文して食べた後にお金を払うオーソドックスな方式です。

小田原温泉 八里@風祭

小田原温泉八里

18切符の旅の途中に立ち寄りました。
箱根登山鉄道風祭駅から徒歩数分の場所ににある日帰り温泉入浴施設です。
日帰り入浴施設で一見してはわかり難い建物です。
施設内に入って番台で500円を払って温泉に浸かることが出来ます。

浴槽@小田原温泉八里

狭い鄙びた浴槽ですが源泉賭け流しの湯を堪能できます。
ぬるめの湯で加温はされているようです。
アルカリ性単純泉で無味無臭のまろやかな湯で飲泉もできます。
クセのない味で躊躇なく呑むことが出来ました。

隠れた名湯を手軽に味わうことが出来ました。。。
【 2007/08/07 】 温泉 | TB(0) | CM(0)