ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2007年10月 】 

≪ 前月 |  2007年10月  | 翌月 ≫

本日の更新についてです。

毎度ブログを読んでいただきありがとうございます。
よくよんでいただいている方々(いないと思いますが)もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんがラーメン食べ歩きのネタが切れかかってます。
思い起こせば一時期は数ヶ月位遅れた時期もありました(汗)

本日の更新は見送らせて頂きます。楽しみにされていた方々(いないと思いますが)申し訳ございません。
明日早々に更新予定なんで暫しお待ちください。
只今、食べ歩きの旅に出でネタを収集してます。

これからもラーメンと温泉を求めて二千キロをよろしくお願いします。


旅先から皆様へ感謝とお詫びの気持ちを込めて。
スポンサーサイト
【 2007/10/31 】 お知らせ | TB(0) | CM(2)

大阪大勝軒@扇町 Ver5

つけ麺@大阪大勝軒

久々の大阪大勝軒の訪問になりました。
最近更に人気が出てきたようで行列を見かけるようになったので避けてました。
カウンター9席ほどですが今回も満席でした。幸い私一人待ちだったので待ちました。
ラーメン、つけ麺とメニューは二種類に大別できます。
麺は夏は細めになって食べやすく配慮されてましたが今回は元に戻ったようです。
ちなみに食べ終えてから料金は支払います。後払い制です。

今回はつけ麺を注文しました。量は並で750円です。
夏麺に比べて若干太めで麺は黄色っぽくなっているような気がしました。
割りとしっかりした歯応えで若干ですが硬めのゆで加減に感じました。
甘めのスープはさっぱりとした濃度でぬるいのが印象に残りました。
前回はここまでぬるかったか疑問に思えました。麺とのバランスが気になりました。
具はチャーシュー、メンマ、煮玉子半分などスープに入ってます。

近いうちに再訪したいです。。

一蘭 道頓堀店@近鉄日本橋

ラーメン@一蘭道頓堀店

職場の呑み会の後に有志7名で向かいました。
先月初旬にオープンしたものの盛況でなかなか近づくことができませんでした。
私自身は九州などでこちらのラーメンは味わったことがありましたが他は未訪でした。
今回は呑み会で話題になった店だったので〆で向かった次第であります。
ご存知の方も多いと思いますがこちらのお店はカウンター席のみの配置であります。
カウンターに仕切りがあることで有名なお店で一人一人が隠れて食べることが出来ます。
わざわざ7名が一緒に食べる必要がないので空いた席に着くことにしました。
この時は20人強は並んでいたと思われますが回転が速く数十分後には食べることが出来ました。
券売機で事前にメニューを決めて食券を買うシステムです。

私はラーメンの食券を購入しました。750円です。
事前に独自のオーダー用紙に好みを記入して注文システムを採用してます。
味の濃さ、こってり度、にんにく、ネギ、チャーシュー、秘伝のたれ、麺の硬さが決めれます。
私は濃い目、こってり、少々、青ネギ、あり、基本、硬めを選択しました。
私以外は初訪だったのでレクチャーしました。
後ほど美味かったか全員聞き取り調査をしましたが結果は私を含めて2対5でした。
ポイントは私は必須だと思っていた秘伝のたれだったようで辛いと不評でした。
甘味のあるすっきりとした豚骨スープに秘伝のたれのピリッと効いたからさは必須だと思います。
人によってはただ単に辛いというイメージしかないのかもしれません。
好きな人にははまるが好みが外れると全くだめという諸刃の剣的な味なんでしょう。
麺は意外ともちっとしていて美味かったです。
硬めで注文しましたが普通、もしくは柔らかい方がより美味いかもしれません。
具はチャーシュー、ネギなど割りとシンプルな構成でした。

一蘭は店ごとに微妙ですが味が違うように感じます。
気のせいかもしれませんがこちらのお店のラーメンは美味く感じました。
並びがもう少し短いと助かるのですが、機会があれば積極的に食べたいです。。。

河童ラーメン本舗 新大阪店@新大阪 Ver2

河童ラーメン本舗新大阪店@新大阪

すっかりペースが減ったものの今日は何とかラーメンを喰うことが出来ました。
地元に近い新大阪で下車して向かった先は河童ラーメン本舗です。
難波千日前に本店を持つお店で大阪を中心に奈良などに計7店舗があります。
こちらはカウンター席、テーブル席がありますが狭い店内はサラリーマンで混雑してました。
この辺りはビジネス街なので主な客層はサラリーマンなのかもしれません。
こちらでは先に入口付近に設置されている券売機で食券を購入します。

背脂が浮いた豚骨スープが売りで個人的には呑んだ後に喰いたくなります。
今回は呑むのを我慢して目当てのメニューを食べることにしました。
こちらではキムチ食べ放題のようで先にキムチの入った容器が差し出されました。
尚更ビールが呑みたくなりました。

無尽蔵 西中島家@西中島南方 Ver2

豚骨醤油らーめん@無尽蔵西中島家

約一週間ぶりのラーメン食べ歩きとなりました。
この日は仕事帰りに西中島南方で下車して向かいました。
前回訪問したのが一年以上前でつけ麺を初めて食べた店です。
当時は食べ歩きの経験値が今以上になく、味に関してほとんど覚えていないのが原状です。
こちらは新潟の会社が展開しているお店で全国各地にチェーン展開しています。
カウンター、テーブル席が配置されており席数はそれなりにあります。
今回の訪問時は先客二人後客一人と少々寂しく感じました。
こちらのお店は麺に特徴があります。
麺に柿渋を練りこまれており、ポリフェノールが豊富に含まれているそうです。
ラーメン、つけ麺と大別される麺メニューは様々な種類があって豊富です。
ちなみに料金は食後に支払う後払い制です。

私は豚骨醤油らーめんを注文しました。未だに外税方式で661円でした。
麺は細麺、太麺と選べるので太麺を選びました。
背脂の量をあっさり、普通、こってりと選べるので普通を選びました。
豚骨をベースに野菜、鰹節、昆布などと共に煮込んだ和風テイストのスープでした。
昆布の味が初めに感じました。ほのかに鰹節の味も感じました。
背脂控えめで割りとあっさりとした旨味のある豚骨スープです。
麺は極太麺でちぢれております。麺には独特の歯応えがあります。
麺はほのかに甘味がありましたが若干べたついていて食べにくく感じました。
渋柿が練りこまれた麺の特徴で独特の甘味を感じたのかもしれません。
極太メンマ、チャーシュー、海苔、ネギなどが入っております。

こちらの麺は好みなんで次回は細麺を試してみたいです。。。

麺屋キッチン一歩@阿波座

麺屋キッチン一歩@阿波座

初訪問となったこのお店は昼時だったこともあり盛況でした。
カウンター9席ほどの店内はほぼ満席で滑り込むように席に着くことが出来ました。
近辺がビジネス街なのでサラリーマン中心の客層でした。
主なメニュー構成はラーメン、つけ麺の2種類です。
ランチタイムは無料で大盛りに変更できるサービスがあります。
こちらのお店では食べ終えた後に料金を支払う後払い制です。

麺乃家@上本町

麺乃家@上本町

過去二度ほど店に向かったものの食べることが出来なかったお店です。
三度目の正直が叶って訪問することが出来ました。
カウンターのみ13席ほどのお店は昼時だったこともあって盛況でした。
何とか隅っこに席を陣取れたのは幸いでした。
食べ終えた後に勘定を支払う後払い制です。
メニューを拝見する限り多くのラーメンメニューがありました。
ランチタイムは新潟産の米を使ったご飯がサービスされるようです。

宗家一条流がんこラーメン十八代目@難波 Ver7

塩ラーメン赤唐辛子とにんにくの油@宗家一条流がんこラーメン十八代目

久々の訪問になりました。
今回の目的は11月上旬からメニューが変更されるとブログにて告知されていたからです。
もしかしたら現行メニューの食べ納めになるかもしれません。
カウンター席のみ7席ほどのお店で入口直ぐにある券売機で食券を買う先払いシステムです。

主に醤油、塩の2種類に大別できます。
私が選んだのは塩ラーメン赤唐辛子とにんにくの油を注文しました。700円です。
具材を選択できますが、ワンタン2個を選択しました。
スープはいい塩梅でピリッとする唐辛子の辛さが何とも言えません。
塩加減と辛さの絶妙のバランスが虜になりそうです。
札幌フーズの細麺はこちらのスープと合うような気がします。
ワンタンはかじるとふわっと口の中に広がる酒の旨味が何とも言えません。肉の美味さもいいっす。

現行のがんこも気にいっているのですが新しいがんこに期待したいです。。。。

大鶴製麺処@上新庄

大鶴製麺処@上新庄

天神旗のセカンドブランドが天神旗内旧店舗に先日オープンしました。
カウンター八席のみの店内は厨房越しに天神旗の客を眺められる設計になってます。
昼前オープン直後に訪問しましたがあちらは三人、こちらは一人と劣勢でした。
こちらでは食べてから支払う後払い制です。

メニューは旨味麺、風味麺の二種類の自家製麺を使ったつけ麺です。
風味麺は現在調節中なんで旨味麺のみを使ったつけ麺で勝負をします。
旨味麺には豚骨ベースのこいつけ、和風ダシベースのうすつけと二種類のスープがあります。

森下家@伊勢川島

森下家@伊勢川島

この日三軒目は湯の山温泉近くの温泉を堪能した後に訪問しました。
家系で近藤家出身のお店だそうです。
カウンターのみの店内は席数は10席ほどです。
券売機が設置されており、先に食券を買うシステムです。

らーめんがメインで他にも様々なメニューが存在しました。
ランチタイムにはセット割引があるようです。

麺坊ひかり@西笠松 Ver2

麺坊ひかり@西笠松

この日二軒目は麺坊ひかりで食べました。
こちらのお店は中村屋出身の店主が営むお店です。
休日の昼時だったのでかなり混雑してました。
入口から入るととすぐ横にある券売機で食券を購入するシステムです。
カウンターメインのお店ですがテーブル席も2卓ほどありました。

こちらでは塩、醤油ラーメンが有名です。
また月曜日限定のピリ辛味噌つけ麺があります。
この日は月曜日でしたが直前で売切れてしまいました。

麺屋伊織@櫟本

麺屋伊織@櫟本

日が変わってこの日は名古屋に向かって三人で出発しました。
一軒目は名阪国道高峰サービスエリア上り線にある麺屋伊織へ立ち寄りました。
最寄駅をJR桜井線櫟本駅と記載していますが徒歩で向かうことは困難だと予想されます。
あらかじめご了承いただけると幸いです。
麺屋武蔵の店主がプロデュースされたお店で知名度は抜群です。
一時期関西で話題になったことは記憶に新しいと思われます。
名前の由来は何となく察することが出来てますが、個人的にはユニークさを感じました。
入口に入ると直ぐに設置されている券売機で食券を買うシステムです。

醤油、塩、味噌などのラーメンメニューの他にラーメンスープで作ったカレーがありました。
ちなみに朝限定の卵かけご飯定食をグルメブロガーの方々に人気があるようです。
以前に何人かのグルメブロガーのレポートで拝見した記憶があります。

豚の骨@帯解

豚の骨@帯解

この日三軒目は無鉄砲の新ブランドのお店です。9月下旬にオープンしました。
以前、無鉄砲奈良店がありましたが閉店しましたが再び奈良の地に店を開店されました。
こちらのお店では店主自ら腕を振るっていて奈良店時代の味を再現されているそうです。
京都本店とは違った味を味わう為に濃厚三連食にも関わらず食しました。

大々的新オープンの告知がされなかった割りには盛況で訪れた時は十数人待ちでした。
先に店内の券売機にて食券を購入して列に加わって待つと良いかもしれません。
メニューにはとんこつラーメン、にぼしラーメン、Wスープである豚にぼラーメンがありました。
こちらのお店にも餃子があり、黒兵衛製の餃子を提供しております。

無鉄砲 京都本店@木津

無鉄砲京都本店@木津

この日2軒目は京都とならの県境へ異動しました。関西で名前が轟く無鉄砲の本店を訪れました。
宮崎の有名店で修業された店主が営んでいるお店です。
しかし、店主、奥さんが新店舗である豚の骨がオープンした関係でそちらへ異動されてます。
店の両翼が不在の本店に一抹の不安を感じてました。
夜の部開店三十分ほど前に到着したら既に十名ほどが並んでました。
不安を吹っ飛ばすかのごとく徐々に行列が伸びてました。
不安と期待が交互に錯綜する中、杞憂に終わりそうな勢いで列に加わる人数が増えます。
オープン前には計数十人が列を成していたのには驚きました。

並んでいる間に外に置いてある券売機で食券を購入します。
豚骨ラーメン以外にも飛び魚を使った醤油ラーメンがメニューに載ってました。
こちらの餃子は宮崎で有名な丸岡から仕入れているようで興味があります。

ラーメン一作 茨木店@沢良宜

ラーメン一作茨木店@沢良宜

今回は和みさんの先導の下でやまさんと共にラーメン食べ歩きをしました。
一軒目をパスしてこちらの一策へ訪れた次第であります。
天下一品で修業された店主が営むお店という事で気になっていた店です。
郊外店舗は家族客狙いのようで大型店舗で駐車場も充実してます。
テーブル席、カウンター席がそれぞれあり、単独で訪れることも可能です。
この日は休日ということで家族連れが多くてテーブル席は満席でした。
カウンター席に陣取って丸見えの厨房を眺める様は周りからは異様な高家だったでしょう。
ラーメン好きの我々にとっては絶好の席となりました。
ラーメンメニューが中心なんですが丼モノ充実しておりセットメニューも存在します。

こちらのお店の面白いtころはは名物一作のこってりラーメンの濃度が数値化されてます。
数値が高ければ高いほど濃厚こってりスープで17~21の間が理想の数値とされてます。

ラーメン一作茨木店@沢良宜

我々が食べに行った日の数値は17でした。
理想の数値なんですが17という数値が如何なものなのかが気になります。

彩色ラーメン きんせい@富田 Ver5

豚骨スープ@きんせい

約一年ぶりの訪問となりました。
この日の夜なんですが1日限定で豚骨スープが提供されたので訪問しました。
普段は鶏ベースのスープが提供されているので仕上がり具合が興味津々でした。

650円で提供された豚骨ラーメンです。
店主が旨味を追求したスープは見た目以上に濃厚で旨味が詰まっています。
長浜ラーメンに似たスープで塩加減が絶妙でグイグイ飲まされます。
ある意味最強な豚骨スープかもしれません。
麺は中太のストレート麺です。もちっとした歯応えにコシがあってクセになりそうです。
チャーシュー、ナルト、うずら玉子、メンマ、ネギが二種類、具が豊富で楽しませてくれました。

普段は限定を追いかけませんが旨味を追求された豚骨ラーメンを食べれて良かったです。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン樹@難波

ラーメン樹@難波

東横イン大阪なんば近くにあるお店です。
ヤマダ電機からも近いので買い物後に向かいました。
中華料理店風の店舗でカウンター、テーブル席を備えてます。
麺メニューには名物であるバン麺、ラーメンなどがあります。
ご飯物をセットで注文ができるので大食漢の方にも満足できると思われます。
こちらの名物であるバン麺とは上海の家庭料理をアレンジした汁少なめ麺です。
スタイルは油そば、和え麺に近く少量のスープを麺と共に食べます。

麺匠きんぼし 梅田店@東梅田

麺匠きんぼし梅田店@東梅田

こちらのお店には以前は丸福というラーメン屋がありました。
気づけば閉店していて麺匠きんぼしが出来ていました。
岸和田に本店があるお店以外は情報がなかったのですが訪問してみました。
カウンターのみのお店はほぼ満席状態で盛況でした。
豚骨醤油の元祖きんぼしラーメン、醤油の泉州岸和田名物だんじりラーメン2種類があります。
後はトッピングに応じてメニューが何種類かに細分化されます。

八雲@池尻大橋

八雲@池尻大橋

東京巡業最後の訪問はこちらの八雲でした。
店主はたんたん亭というお店で修業されたようです。
店舗はビルの二階に構えており、看板などがなければわからないと思われます。
私は昼過ぎに訪問した時にはカウンター12席ほどがほぼ満席になってました。

こちらのお店では券売機による食券制で前払いです。
券売機でメニューを眺めてみると黒だし、白だしの2種類のスープがあります。
黒だしは濃口醤油、白だしは白醤油を使用しているようです。
こちらのお店ではワンタンがオススメのようで海老ワンタン、肉ワンタンの2種類があります。

べんてん@高田馬場

べんてん@高田馬場

日が変わってこの日の一軒目はべんてんへ向かいました。
今まで宿題店上位にランクしていたのに訪れることなかった店です。
今回はovereatlifeさんのブログを拝見して訪問する気が起こりました。
開店15分前に到着したのにもかかわらず神田川沿いには行列が出来てました。
流石は老舗の人気店という事で並んで待つこと30分少々。開店が20分ほど遅れました。
カウンター席12席のみで狭い店内でギュウギュウ詰めに座らされます。
1ロット6名なんで11番目に入場した私はカウンター席でも待つこととなりました。
ちなみにカウンター席に座ってから順番にメニューを何にするか聞かれます。後払い制です。

つけ麺、ラーメンなどメニューがありますが最近の目玉は塩ラーメンのようです。
つけ麺の並で300gほどで中盛650g、大盛り1000gなど凄い量を選択できます。
少食の方は少な目の注文も出来ますのでご安心下さい。

麺・粥 けんけん@京成立石

けんけん@京成立石

この日の3軒目はけんけんへ行く為に再び京成立石へ戻りました。
今回はこちらを薦めていただいたラー友であるyaeさんと共に食べました。
カウンターと共にテーブル席が配置されております。
今回はテーブル席に陣取りメニューを選びました。後払い制です。
こちらのお店はラーメンと共に有名なのが中華粥で今回の目的でもあります。
ラーメンメニューの中には香麺と名がつくメニューがあります。
鶏ベースのスープにニラキムチ、ニンニクを使った香味油が使用されているそうです。

松戸大勝軒@松戸

松戸大勝軒@松戸

この日、麺食堂Xの次に向かったのが松戸大勝軒です。
こちらのお店は東池袋大勝軒の一番弟子が営むお店だそうです。
以前は別の場所で別店舗を営んでいたようですが最近こちらに大勝軒を興したようです。
店内は比較的新しくU字型のカウンターのみの配置になっております。
壁には大勝軒一番弟子を示すTシャツが飾られてました。
店内に入るとすぐに券売機が設置されています。食券を買う前払い制です。
メニューはもりそば、中華そば、油そばなど様々なメニューがあり豊富です。
もりそばは基本が200gで680円で提供されてます。他に300g780円、450g880円があります。

麺食堂X@京成立石

麺食堂X@京成立石

日が変わって以前から気になっていた麺食堂Xへ向かいました。
様々な方々のレポートを拝見して煽られ続けました
ついに我慢できずに訪問の決定的になったのはあるブロガーのレポートでした。
前日にお会いしたラー友にきめ細かなメモを書いていただき迷わず到着しました。
最寄りは京成立石駅ですが迷う可能性があります。
地理に自身がない方は事前に地図によるチェックをされることをオススメします。
開店前に到着しましたが店舗がラーメン屋さんに見えませんでした。
暖簾がかかって営業開始になって疑問が確信に変わった次第です。

カウンターのみの店内は8席のみです。後払い制でメニューを見て選ぶことができます。
こちらの麺は手打ちで注文してから麺を打つスタイルです。何食分かまとめて打たれます。
タイミングによってはゆで置かれた麺が提供される可能性があります。
私は一番乗りだったので麺打ちを眺めながら待つことが出来ました。
麺を打ってからゆでられて提供されるのでそれなりに時間がある時に訪問した方が良いでしょう。

私は麺の美味さを試したかったので塩つけ麺を注文しました。ジャスミン茶が付いて800円です。
ジャスミン茶は最初に出てきますが割りスープに間違う可能性があるかもしれません。
麺は手打ちでバンバンと打ちつけられて気づけば麺になってました。
麺の太さが不揃いで太いのもあれば細いのもあります。この不揃いさが様々な食感を出してます。
もっちりとした麺は口の中に入れると粉の旨味が広がります。麺自体に旨味を感じます。
スープは塩ダレがじんわりと口の中でひろがります。
後を追う様にニンニクの香りが口の中をじんわりと支配します。
スープ美味さにニンニクの凄まじいアクセントがクセになりそうです。
麺の上にメンマ、ほうれん草、茹で玉子などがのっております。
スープの中にはチャーシューが入っており、具沢山でした。

ニンニクの臭いが強烈であとが怖いのですがまた食べたくある味にはまりそうです。。。

麺屋ごとう@池袋

麺屋ごとう@池袋

今回の東京巡業の目的は美味いと評判の大勝軒の味を求めることです。
他に気になる宿題店を食べ歩きつつのんびりとマイペースで食べ歩きました。

初日の一軒目は池袋にある麺屋ごとうへ行きました。
大勝軒を名乗ってませんが東池袋大勝軒で修業された店主が兄弟で営む店です。
大学が近くにあり立地条件は抜群です。カウンター13席は常に満席に近い状態でした。
こちらのメインメニューはもりそばになると思います。
通常は麺の量は200gですが中盛の300gまで同料金で食べることが出来ます。

煮干しらーめん二代目玉五郎@日本橋 Ver3

特製煮干しらーめん@煮干しラーメン二代目玉五郎

呑めない呑み会に参加した後にミナミの某新店に訪れましたが超満員のようです。
行列ではなく整理券を配布して客を捌いていました。
ちなみに整理券を貰って一時間後に再び店に訪れて並ばなければなりませんでした。
無理と判断して黒門市場近くのこのお店へ向かいました。
カウンターのみの半露天店舗は盛況でした。
以前は注文してから前払い制でしたが今回からは後払い制になってました。
煮干しラーメンとつけ麺の2枚看板メニューがあります。
これらに具満載の特製メニューが加わります。つけ麺は麺の量に応じて値段が変わります。

今回は奮発して特製煮干しラーメンを注文しました。850円です。
特製にすることによりチャーシュー三枚、煮玉子が付いてメンマたっぷりと具満載です。
油の膜で覆われた熱々スープは薄めながらもタレが効いており旨味たっぷりです。
少々タレが効きすぎてこの時はしょっぱい印象が残りました。
煮干しよりも節が効いた印象は何時も通りでした。
チャーシューは赤身メインでパサパサしていてしょっぱく、煮玉子、メンマはいつもの味です。

素晴らしい味と感じる時もあれば普通に美味しい時もあります。ブレなんでしょう。
この日は普通に美味かったです。。。

らーめん弥七@中津 Ver7

弥七@中津

遠征しようかと考えてましたが寝坊でこちらのお店へ行きました。
以前は東京にあったお店ですが今は地元大阪にあります。
自宅から比較的近い場所に評判のお店があるのはありがたい話です。
開店3分後に到着しましたが既に先客が3人いました。流石は人気店です。
入店後に券売機でメニューを選んで食券を購入します。前払い制です。
メニューは醤油ラーメン、塩ラーメン、つけ麺などがあります。
サイドメニューであるへためしの美味さは評判で食べておきたいメニューです。

まんねん 梅田本店@東梅田 Ver2

豚しおらーめん@まんねん梅田本店

HPではらーめん餃子専門店と書かれてす。梅田に本店があり他に2店舗があります。
東通り商店街から近く通っているTSUTAYAの至近にあるため何度か利用しております。
カウンターメインですがテーブル席もあり昼時は大変混雑しております。
席に着いてからメニューを見て注文します。後払い制です。
久々に訪れましたがラーメンメニューだけでなくセットメニューも充実しております。

豚しおらーめんとランチタイム限定のオムチャーハンをセットで注文しました。850円です。
白濁した豚骨スープは見た目はシャバそうですが味わってみると臭いが獣獣しく濃厚です。
香味油らしきものがアクセントがついて旨味たっぷりです。
麺は細麺です。注文時にやや硬めでお願いしましたがちょうど良かったです。
チャーシューは小さくて脂が多いのは好みとは違いました。
のり、ねぎなどシンプルな具の構成はスープをじっくり味わう配慮と勝手に判断しました。

ミニオムチャーハン@まんねん梅田本店

こちらはミニオムチャーハンです。
ふんわりとろりとした玉子は薄味ですが絶妙の味付けでした。
しっかり味付けされたチャーハンとの絡みは素晴らしいものを感じました。
量は少ないものの満足しました。

こちらの豚骨ラーメンは濃厚なスープで麺の茹で加減が素晴らしいのでオススメです。。。。

東池袋大勝軒 名古屋店@本山

東池袋大勝軒名古屋店@本山

つけ麺丸和の後に向かった東池袋大勝軒系のお店ですが行列が凄さに一度は撤退しました。
夜の部開店後に再度訪問しました。行列が短めだったので並びました。
カウンター席十席ほどの店内で注文してから支払う前金制です。
注文がある程度集まってからまとめて麺茹でをするので実質的には総入れ替え制になります。
二人で麺茹で、盛り付け、接客などを行うのでオペレーション的には時間が掛かってました。
つけ麺が人気メニューのようですがあつもりに人気が集中してました。

つけ麺丸和@春田

つけ麺丸和@春田

名古屋地区に丸長系のお店がオープンしたそうです。
実家がお米屋さんでお米屋さんの一画に店を構えている変り種のお店です。
ちなみにオープン3日目に毎度お世話になっている和みさんの案内で行ってきました。
季節外れの炎天下でしたが盛況で外で待ちました。
カウンター席がメインで小上がりが二卓ほどありそちらで食べました。

つけ麺がメインのようで嘉六つけ麺、丸和つけ麺の2種類があります。
嘉六つけ麺は酸味の効いた昔ながらの丸長の味を出したスープです。
一方の丸和つけ麺は豚骨を効かしたスープで地元の人の味覚に味らしいです。
後払い制でメニューを見て注文することが出来ます。

黒門屋(R)ら~めん@日本橋 Ver3

黒門屋らーめん@日本橋

この日はミナミにオープンした某ラーメン店へ向かったものの凄い行列の為断念しました。
近くを散策していてたどり着いたのがこちらのお店です。
特注の大釜で煮込む豚骨スープは某ボクシング兄弟ご用達のお店として知られてます。
豚骨がメインながら数量限定で塩もあります。
変り種としてはラーメンを食べ終えた後にご飯を投入してスープを楽しむ替えめしがあります。

カウンター10席ほどの店内は半露天形式で外からは丸見えです。
私が訪問したこの日は狭い店内満席状態で窮屈な中で食べました。
メニューを選んで券売機で先に購入するシステムで前払い制です。