ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2008年01月 】 

≪ 前月 |  2008年01月  | 翌月 ≫

東成きんせい@玉造 Ver2

東成きんせい@玉造

この日は首都圏のラー友が大阪に来られたんで共にこちらのお店へ向かいました。
オープン直後に訪問して以来、二度目の訪問です。

大阪では有名なきんせい@摂津富田の二号店として知られてます。
場所は元一等星があった場所で駅から至近で交通の便は良いです。
店内はカウンター席のみ12席程度です。この日は開店直後から盛況でほぼ満席でした。
スポンサーサイト

中華そば専門店 風龍@豊津 Ver2

中華そば@中華そば専門店風龍

こちらは京都一乗寺の珍遊出身の店主が営むお店です。
店内はL字型のカウンター席のみで席数は11席程度です。
昼時は盛況のようで私が訪問した時もほぼ満員状態でした。
メニューは中華そば、チャーハン、唐揚げ、餃子などでセットモノが充実してます。
多くの客はチャーハンと中華そばのセットを注文してました。

私は中華そばを注文しました。530円です。

大山地鶏の鶏がらを煮込んで作られたスープに醤油が効いてます。
背脂が浮かんでおり、ビジュアルは昔ながらの京都ラーメンのようです。
とろみのあるスープは甘味、酸味が効いており十二分に旨味を感じました。
かくし味に辛味味噌が使われており、仄かに感じるピリッとした味わいが良い感じでした。
麺は加水が低めなストレート麺です。滑らかで小麦の風味が感じられます。
スープの絡みが良く味が染みていて旨味たっぷりでした。
チャーシュー、メンマ、のり、ネギなどの具材が入ってました。

これほどのラーメンを安価で味わえるのは嬉しい限りです。
セットメニューが充実しているので更にお得感が感じられます。
近所にあれば重宝しそうなお店だと思いました。。。。

喜多方ラーメン坂内小法師 あべの橋店@大阪阿部野橋

喜多方ラーメン@来た方ラーメン坂内小法師あべの橋店

喜多方の坂内食堂の姉妹店としてチェーン展開されているお店です。
地下鉄、JR、近鉄などの最寄駅から近く交通の便が良く、昼時は盛況です。
店内はテーブル席、カウンター席があり、総席数が40席程度と広めです。

喜多方ラーメンを注文しました。550円です。

あっさりとしながらも濃厚でまろやかなスープは豚骨ベースの醤油味です。
醤油の甘味や酸味が仄かに感じられる旨味たっぷりのスープです。
平打ち太ちぢれ麺はモチモチした多加水熟成麺です。スープに馴染んで旨味たっぷりです。
チャーシュー、メンマ、ネキなどがたっぷり入ってます。
特に坂内食堂譲りのバラチャーシューが絶品でした。

喜多方ラーメン以外にも期間限定メニューなどがありメニューが充実してます。
チェーン展開されながらブレが無い旨味のあるスープを提供されているのには驚きました。
通し営業のために昼時に限らず利用できるのが重宝しそうです。。。

塩処 塩元帥@西中島南方 Ver4

醤油ラーメン@塩処 塩元帥

早くも今年になってから三度目の訪問になりました。
仕事が長引くと帰宅途上にあるこちらのお店が重宝します。

醤油ラーメンを注文しました。650円です。

スープは油が浮いていて熱々です。醤油の旨味だけでなくスープも濃厚でまろやかです。
柚子、背脂などが浮いており、それぞれアクセントになって旨味を形成してます。
麺はつけ麺に比べると小麦の旨味がより感じられます。加水に違いがあるのかもしれません。
チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギなどの具が入ってました。

塩専門店ですが、醤油の扱いは流石です。
スープの旨味と共に麺の旨味も素晴らしくバランスが取れたレベルの高い逸品でした。。。。。

塩処 塩元帥@西中島南方 Ver3

塩処 塩元帥@西中島南方

お馴染み総大醤の2号店です。店主自ら先頭に立たれて接客をされてました。
この日はテーブル席は埋まっていたものの、カウンター席は空いておりました。
塩メインのお店ですが醤油、味噌などのラーメンメニューがあります。

らーめん申@桃谷

らーめん申@桃谷

金久右衛門の流れを汲む一等星の元店長が営むお店です。
店内はカウンター席、テーブル席があり総席数は15席程度です。
こじんまりとした店内はラーメン屋とは違う独特な雰囲気でした。
ラーメンメニューは醤油、塩、つけ麺の3種類です。

味噌らーめん専門 みつか坊主@蛍池

味噌らーめん専門 みつか坊主@蛍池

昨年10月にオープンした味噌ラーメン専門店です。
蛍池から伊丹空港方面へ向かう途中の空港前交差点手前ににあります。
店内はカウンター席、テーブル席があり、総席数14席程度です。
モダンで店内は万人が気軽に入れる雰囲気が好感持てました。
ラーメンメニューは白みそ、赤みそ、辛みそなど味噌一色なのが特徴です。

宗家一条流がんこラーメン十八代目@難波 Ver9

天然真鯛と浅利スープの塩ラーメン@宗家一条流がんこラーメン十八代目

この日は天然真鯛と浅利スープのラーメンのみの提供という事で訪問しました。
ちょうど昼時に訪問したんでカウンター席8席ほどでほぼ満席でした。
何とか一席が空いていたんで滑り込むように座りました。
メニューはスープは1種類ですがタレが塩、醤油の2種類から選べるようになってました。

天然真鯛と浅利スープの塩ラーメンを注文しました。700円です。

スープを啜ると鯛や浅利を感じる程度でタレがまず口の中に広がってきました。
上品なあっさりしたスープにはこちらの塩タレが見事に活かされてます。
麺は札幌フーズの細ちぢれ麺です。麺を食べていると魚介の味がより感じられるのが不思議です。
独特な麺ですがスープとの相性が抜群です。麺とスープのバランスが素晴らしいです。
チャーシュー、のり、カイワレ、ネギなど具が入ってました。
スープに原価がかかってしまいチャーシューが少なめだそうです。

700円でこれ程豪華なラーメンが食べれるだけで嬉しくなります。次回の提供が楽しみです。。。。

金久右衛門@深江橋 Ver2

金久右衛門@深江橋

今月21日から提供が始まったらーナビ限定メニューを食べるために訪問しました。

最寄駅から一直線ですが、外観がラーメン屋さんらしくないので迷うかもしれません。
店内はカウンター席、小上がりがあり総席数は20席ほどです。
開店直後に訪問しますが、あっという間に満席になり行列ができました。
メニューは黒醤油、紅醤油、金醤油、大阪ブラックなど個性的な醤油ラーメンを提供されてます。

秀一らあめん@阪急吹田 Ver3

秀一らあめん@阪急吹田

府知事選の不在者投票の為に市役所へ向かう途中に立ち寄りました。
吹田警察署の隣にあり、最寄駅からは徒歩15分ほどと遠いかもしれません。
店内はカウンター席14席ほどで古めかしさは歴史を感じさせます。
メニュー構成はらあめん、秀一らあめん、つけ麺などで金土限定メニューで味噌などもあるようです。

キムチ@秀一らあめん

カウンターの上にはキムチが小皿に盛られており、一人一皿のみ無料で食べることが出来ます。
ピリッとしたからさと共に甘味も感じられ、一味違うような気がします。
訪問された際はぜひ食べられることをオススメします。

河童ラーメン本舗 新大阪店@新大阪 Ver3

みそ河童@河童ラーメン本舗新大阪店

冬が深まり一段と冷え込みが厳しくなった昨今、熱々のラーメンが恋しくなります。
こちらのお店は大阪ではお馴染みのチェーン店で本店はミナミの千日前にあります。
豚骨ベースに背脂が振りかけられたラーメンが売りで呑んだ後に〆に食べられる方が多いようです。

今回は季節限定のみそ河童を注文しました。750円です。

よく名は体を成すといいますが、体が名を成すこともあります。
ラーメンを食べることによって店の全てがわかると言っても過言ではありません。
スープを啜ってみて正直ぬるいと思いました。
にんにくが効いた豚骨ベースであろう味噌ダレが効いたスープですが甘辛いだけのスープ。
折角の自社製のこのメニューオリジナルであろう平打ち麺が台無しです。
もちっとした歯応えが旨味をもっているのでしょう、スープがぬるく麺が団子っぽく感じました。
チャーシュー、キャベツ、メンマ、ネギなどの具が入ってました。
キャベツが芯ばかりで、公式HP確認したらもやしが入っているようですが入ってませんでした。

熱々のスープだったら複雑な味がして美味いのかもしれませんが、残念です。
正直な話、ラーメン食べて店の接客、調理など味が見事に店を表しておりました。
ダメの一言で片付けずに今日はたまたまだったと思うことにしました。

煮干しらーめん 三代目玉五郎@東梅田 Ver3

煮干しらーめん三代目玉五郎@東梅田

駅前第三ビル内に店舗を構える三代目玉五郎は立地の良さで今年二度目の訪問になりました。
カウンターのみ15席ほどの店内ですが、簡易な椅子ながら広々とした店内で好感が持てます。

煮干しらーめんを注文しました。680円です。

他の玉五郎に比べると動物系が控えめで魚介系が勝ったWスープです。
節系が濃厚で煮干しが仄かに感じました。
チャーシューの上にのった黒胡椒がスパイシーでスープにインパクトを与えてます。
麺は小林製麺製のちぢれ麺はモチモチした歯応えがスープにめっさ合います。
赤身のチャーシュー、メンマ、ナルト、のりなどの具が入ってます。

立地の良さは美味さと共に重要なんでしょうね。こちらのお店へ通う頻度が増しそうです。。。。

ラーメン 竹麺亭@滝谷 Ver2

竹麺亭@滝谷

こちらは龍旗信出身のお店です。夏の終わりに冷製ラーメンを食べて以来の訪問でした。
店内はカウンター席、テーブル席が共に配置されてます。総席数は16席ほどです。
昼時が終えようとする時間帯に訪問しましたが先客0、後客1人は少々寂しく感じました。

無添加を謳っているお店で醤油、塩、つけ麺などのメニュー構成となってまます。
龍旗信で修業される以前はイタリアンシェフをなさっていたようです。
鶏、豚のミンチ肉からとる動物系と、カツオベースの魚介系を合わせWスープを作られております。

鳥そば 真屋@荒尾

鳥そば真屋@荒尾

こちらのお店は昨年秋にオープンしたようです。
先程訪問した中村屋@大垣で修業された店主が営むお店です。
駐車場は完備されているので問題ありませんが、公共交通機関に難ありです。
交通の便が不便で最寄駅へ向かう電車が1時間に1本しかありません。
バスが付近を30分に1本ほど運行しているのでこちらも利用すると良いかもしれません。

カウンター席オンリーのお店で総席数は12席ほどです。
終日禁煙を掲げているお店なんで嫌煙者の方には安心は入れるかもしれません。
こちらの主なメニューは鳥そばとアゴのだしそばの2種類です。
修業店とは違った試みでラーメンを提供しております。
こちらのお店もランチサービスにはおにぎり1個が無料で提供されてます。
入口は入ると券売機があり、食券制でした。

中華そば 中村屋@大垣

中華そば中村屋@大垣

こちらは大成食品の鳥居式らーめん塾第一期生のお店です。
店主は大垣に何の縁も縁もないお人らしく、異彩な雰囲気を感じました。
オープン10分ほど前に到着したものの既に先客がシャッターしてました。
開店直後には続々と人が集まってカウンター、テーブル総席数14席は満席になりました。
入口から入ってすぐの場所に券売機が設置されております。
ランチタイムにはおにぎりが1個サービスされます。
数量限定のサービスのようなんで無くなり次第終了のようです。

塩処 塩元帥@西中島南方 Ver2

塩処塩元帥@西中島南方

総大醤の2号店としてオープンしたのは昨年11月末でした。
本店が醤油ラーメンをメインとしたお店ですが、こちらは塩ラーメンがメインです。
ネーミングセンスが素晴らしく、認知度も抜群なのかもしれません。
この日夜に訪問しましたが、カウンター席、テーブル席、総席数33席は満席でした。

私が注文したのはチャーハンセットで梅塩ラーメンに変更しました。
通常の塩ラーメンでしたら1100円ですが、梅塩ラーメンを選択すると+100円で1200円でした。

こちらのラーメンは完全無添加を謳っております。
厳選素材を活かしたスープは黒豚、伊勢赤鶏、羅臼産の昆布などが使われてます。
3種の塩から作る塩タレがいい塩梅です。あっさりとしながらも濃厚な味わいのスープに仕上がってます。
梅肉と梅パウダーがスープの旨味を更にパワーアップしており、梅好きにはたまらない味でした。
麺は自家製麺でもちっとした歯応えと小麦の旨味が見事にインパクトを与えてました。
チャーシュー、メンマ、ネギなど具材が入っております。

チャーハンセット@塩処塩元帥

チャーハンは全体的に旨味がいきわたってます。
ふんわりとした米が食欲を呼び起こされました。

キムチ@塩処塩元帥

キムチバーが設置されており、無料で提供されております。
ラーメンが提供されるまでキムチを食べながら過ごせます。ビールと合いそうで呑みたくなってきました。

店の接客が素晴らしく、味も良いとなれば何度も通いたくなるお店です。
本店共々今年は通いたいと思います。。。。

支那そばや 一光@甲子園口

支那そばや 一光@甲子園口

ラーメンの鬼と呼ばれる支那そばやの佐野実氏直伝のお店だそうです。
場所は甲子園口駅から商店街を抜けた国道二号線沿いにあります。
店先には佐野氏の写真を掲載した看板が置かれてますが、佐野さんの若い写真でした。
店内はカウンター席、テーブル席が共にあります。総席数は16席ほどです。
メインメニューは塩らーめんで他に醤油らーめん、期間限定の味噌ラーメンなどがありました。

麺道 しゅはり@新在家 Ver3

麺道しゅはり@新在家

守破離とはその道を極める為の成長段階を示した言葉だそうです。
『守』、『破』、『離』それぞれに成長段階を示す意味が成されてます。
店主の心意気が店名に示されています。
カウンターのみ9席のお店はモダンな店内です。高級店で食べている気分になります。
潮らあめん専門店でメニュー構成は塩ラーメンがメインになります。

らーめん 弥七@中津 Ver9

らーめん弥七@中津

今年初の弥七です。
今日は5分ほど前の到着だったのでポールゲットならず、二番手でした。
開店直後に続々と人が集まって5分ほどで満席となりました。
更に続々と人が集まって待ちの列が出来るほどでした。
こちらのお店は醤油、塩、つけ麺などの通常メニューがあります。

煮干しラーメン 三代目玉五郎@東梅田 Ver2

辛味つけ麺@煮干しラーメン三代目玉五郎

こちらのお店は大阪駅前第三ビル内にあり、交通の便はかなり良いです。
通し営業をしており、遅い昼食に重宝しそうです。金券ショップ巡りをしている最中に訪問しました。

注文したのは辛味つけ麺を1.5玉で注文しました。750円です。
こちらのメニューは他の系列店にはない三代目オリジナルメニューです。
見た目は辛そうなスープなんですがタレ自体が甘く、口の中にほんのりと辛さが広がる程度です。
辛いものが好きな人には少々物足りないかもしれません。
スープは前回ラーメン食べた時と同じく弱めでタレ主導のつけ汁でした。
麺は小林製麺製のちぢれ麺を使用してます。
多加水麺は相変わらずプリプリした歯応えでつけ麺の方が合いそうです。
スープとの絡みが良く見事に旨味を持ち上げてました。
麺には海苔がかかっており、スープにはチャーシュー、メンマなどが入ってます。

割りスープ@煮干しラーメン三代目玉五郎

終盤になると割りスープを別容器で提供してくれました。
割りスープを投入してみると煮干し、節系の旨味が濃厚になり口の中に漂ってきます。
あっさりとしたスープですが旨味が詰まってます。
スープ割りすることによりつけ汁の旨味が堪能できました。

今までにない新メニューは三代目の目玉メニューになると確信しました。。。。

らー麺藤平 江坂店@江坂 Ver2

らー麺藤平江坂店@江坂

こちらのお店は大阪の中津に本店がありまず。
和歌山を除く近畿各府県、愛知県、東京都に店舗展開してます。
天一の至近にあり、そのまま連食しました。
カウンター席、テーブル席が共にあります。総席数は44席で割りと広めの店内です。
ラーメンメニューが11種類と多く、目移りして迷ってしまいます。

天下一品 江坂店@江坂 Ver2

天下一品江坂店@江坂

久々の訪問となりましたが、以前の印象があまり良くなかったので遠ざかってました。
カウンター席、テーブル席が共にあり、店内はそれなりに広かったです。
メニューがこってり、あっさり以外に味噌、塩などのラーメンが増えてました。
ちぢれ風手もみ麺という新手の麺があり、通常の麺と同様の値段で変更が出来ます。

あびんこ亭@長居

あびんこ亭@長居

昨年夏にオープンされたお店のようです。
あびこ筋沿い長居~あびこ間の長居寄りに店があります。
カウンター席、テーブル席の総席数24席ほどです。
厨房には6杯分の麺をゆであげる自動ゆで麺器がありました。
ラーメンメニューは塩、醤油、背脂醤油、味噌の四種類がありました。

麺匠 四神伝@古川橋 Ver6

極太つけ麺@麺匠四神伝

2008年初ラーメンは麺匠四神伝へ。極太つけ麺を注文しました。850円です。
こちらの極太つけ麺は関西一週間のつけ麺部門で優秀賞を受賞しました。

動物系がガツンと効いたスープに節系が香ります。
魚粉がぶち込まれたスープはまさに濃厚で旨味たっぷりです。麺は極太麺です。
つるんとした麺で饂飩の様な歯応えが特徴的です。
スープに負けない旨味が詰まった麺は関西でお目にかかれません。
細切れのチャーシュー、みじん切りのメンマがスープの中に入ってます。

こちらのメニューは二度目の注文でしたが前回よりも味の進化を感じました。
麺がすっきりと茹で上がっており、食べやすくなった気がします。
店主が食べ歩かれて誕生したメニューだそうで東京の有名店のインスパだそうです。
模倣するだけでなくオリジナリティを感じるメニューで素晴らしいです。
時々無性に食べたくなるこちらの極太つけ麺を食べに再訪する日も近いと思います。。。。

七重の味の店めじろ 川崎店@川崎

七重の味の店めじろ 川崎店@川崎

大晦日という日にこの年のラーメン食べ納めができることは冥利に尽きます。
ラーメンSymphonyを訪れましたが多くの店に行列が出来てました。
ラーメンを求める人々が大晦日にも存在することに嬉しく思いながら列に加わりました。
カウンターのみで22席が満席なのは圧巻でした。
皆が横一列に並んで食べているラーメンが美味しく見えて胸が高鳴ります。
食券制で列の終盤に券売機が設置されてました。

ヤフーラーメンブログ王賞ノミネート

Yahooのラーメン特集2007-2008ラーメンブログ王決定戦で登録した私のブログが一次選考を通過してラーメンブログ王賞ノミネートされました。私のような駆け出しのブロガーがノミネートされただけで光栄です。

下記のサイトをクリックすると投票画面が現れますので皆様が良いと思われたブログに清き一票をしていただければ幸いです。私のブログに投票していただければなお嬉しく思います。皆様のご参加で盛り上げてください。よろしくお願いします。
(投票期間:2007年11月20日~2008年1月31日)

ラーメンブログ王決定戦!

【 2008/01/07 】 お知らせ | TB(0) | CM(2)

戸越ラーメン えにし@戸越銀座

戸越ラーメンえにし@戸越銀座

この日は大晦日で多くのラーメン点は既に年末年始の休みに入ってました。
こちらは大晦日も営業しており、この日は限定メニューの提供のみでした。
シャッターするつもりで開店10分ほど前に到着したらポールをゲットしました。
店は銭湯の2階にあり、何となく私好みの立地条件でした。
開店までに並んだのは3人でしたが、10分ほどでカウンターメイン12席ほどが満席になりました。

○心厨房@木場 Ver4

○心厨房@木場 

この日は二日目で二郎インスパイアが提供されました。
生憎の雨の中の訪問でしたが行列は無く、即入ることが出来ました。
後に聞いた話では開店直後は大行列だったそうです。
二郎インスパに対する人気の根強さを知りました。

ラァメン家 69‘N’ROLL ONE@町田

2号ラーメン@69‘ N’ROLLONE

この日は同行者を得て共に行動をして頂きました。
一人ではなかなか足が向かなかった長年の課題店であるロックンロールワンへ。
到着したのが開店10分ほど前でしたが既に20人ほど並んでいたのには驚きました。
カウンター席8席のみでカウンターの後ろにはソファーが設置されており、6人が座って待てます。
店内は私語禁止、携帯電話禁止など静まり返って空気が張り詰めています。
真剣にラーメンを味わえる環境で素晴らしいと感じました。
メニューは2号(醤油)、3号(塩)ラーメンのみで1号(醤油追い鰹)は提供休止中です。
この日は限定メニューもあり、独特な注文方法に興味を示しました。

2号ラーメンを注文しました。700円です。
比内地鶏100%のスープは濃厚でまろやかで旨味が十二分に詰まっております。
こだわりの醤油に真っ白なチー油が素晴らしく味に深みを与えておりました。
麺は中根製麺の細麺です。柔らか目のゆで加減が絶妙でスープに絡みつきます。
チャーシューは豚、鶏の二種類です。鶏を食べると仄かに感じるスパイシーな味が印象的でした。

一言では表現し難い濃厚で旨味の詰まったスープはクオリティの高さを感じました。
店主のこだわりはラーメンの味だけではなく素晴らしい環境も提供することにあると感じました。
皆がラーメンに集中して味わっている姿にラーメン好きが集まる店なんだと感じました。。。。。

渡なべ@面影橋

渡なべ@高田馬場

ラーメンコンサルタントの渡辺樹庵氏のお店です。
豚骨魚介というスタイルを世に流行らせたお店としても知られています。
各地に渡なべインスパがあり、私も何軒か食べたと思いますが元祖は初めての訪問です。
路地裏にたたずむこちらのお店は一見してラーメン屋とわからず躊躇ってしまいました。
カウンターのみ8席ほどでモダンな店内でまったりとラーメンが食べられる環境でした。
食券制で入口付近に券売機が設置されてます。