ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903
月別アーカイブ  【 2008年02月 】 

≪ 前月 |  2008年02月  | 翌月 ≫

二両半 鶴橋本店@鶴橋

しょう油ラーメン@二両半鶴橋本店

こちらのお店は京都の第一旭出身です。
カウンター席、テーブル席があり席数は24席程度です。ちょうど昼時で満席で二人待ちでした。
テーブルには灰皿があり、喫煙できます。
以前はスープの濃さや麺のゆで加減などを事前に聞かれたそうですが今は聞かれません。
自分自身で事前に申告すれば対応して頂けるそうです。
スポンサーサイト

麺屋 花壱@西九条

麺屋花壱@西九条

2007年1月オープンのお店です。JR西九条駅から至近にあります。
こちらのお店をYahoo!のコラムで知りました。
カウンター8席程度でテーブル席もあり、禁煙店です。

なぐりこみラーメン 米通腹@西長堀

なぐりこみラーメン米通腹@西長堀

こちらのお店は2008年1月19日オープンしました。
奇抜な名前で米通腹(べつばら)と読みます。
店主は石狩に本店がある信玄で修業されたそうです。
カウンターのみの店内はランチタイムのみ禁煙です。
味噌、塩、醤油の3種類のラーメンとチャーハンが一押しのようです。

麺哲支店 坊也哲@高槻市

麺哲支店坊也哲@高槻市

麺哲の4号店が阪急高槻市駅近くに2008年2月11日にオープンしました。
名の由来は小さな店なので、「麺哲の坊や」ということで、一文字変えて「坊也哲(ぼうやてつ)」。
こちらのお店は昼のみの営業です。店内はカウンターのみ8席程度で禁煙です。
この日は開店直後に訪問しましたが既に数人が訪問しており、後客も数人訪問してました。
早速、らーナビで達人がレポートされており期待の高さが伺えます。

らーめん 弥七@中津 Ver10

塩らーめん@らーめん弥七

今日も冷え込みが厳しかったです弥七でシャッターし見事にポールをゲットしました。
開店直後に即満席になり、その後は行列が伸びるばかりです。凄まじい人気です。

塩らーめんを注文しました。700円です。

ポタージュのようなスープは相変わらず濃厚でまろやかです。
紫蘇の葉のインパクトと共にエビの旨味がほんのりと感じられるのは素晴らしいです。
もちもち麺は健在でスープの絡みが絶妙です。チャーシュー、味玉、ネギなど具が入ってます。

こちらのお店は2008年4月から昼のみの営業になるそうです。公式HPを参照してください。
平日の昼のみの営業になりますので更に敷居が高くなりますが味わっていただきたいです。。。。。

支那そばや@新横浜

支那そばや@新横浜

望郷の念を抱きながら西へ。新横浜ラーメン博物館へ向かいました。
こちらはラーメンテーマパークの元祖的な存在で古今東西の有名店が集結してます。
強気な戦略で入館料を300円を徴収してます。
向かった先はご当地ラーメンの支那そばや。佐野実氏が店主を務めるお店です。
カウンター席、テーブル席が配置されている広々とした店内はひっきりなしに客が集います。

愚直@中板橋

愚直@中板橋

首都圏在住のラー友の一押しのお店がこちらです。
2007年4月3日オープンで店主は浅草の弁慶出身だそうです。
店内はカウンター席7席程度のお店で禁煙です。
店には貼り紙があり、人員不足の為につけ麺の提供休止と夜営業の休止が書かれてました。
雑誌やテレビなどで取り上げられて人気急上昇で開店前から行列が出来てました。
こだわりのスープの為にあらかじめ決められた杯数のみの提供で大変そうです。

麺喰屋 澤@小岩

麺喰屋澤@小岩

首都圏在住のラー友と共に酒とラーメンを堪能したお店です。
お酒、おつまみメニューが充実しているお店で〆でラーメンも堪能できる充実したお店です。
広々としたカウンターと共に奥にはテーブル席もありました。喫煙店です。

皿肉海老わんたん(葱塩だれ)@麺喰屋澤 皿肉海老わんたん(四川だれ)@麺喰屋澤 辛葱チャーシューメンマ@麺喰屋澤

おつまみメニューで頼んだもので印象に残ったのがこの3品です。
肉わんたん、海老わんたんをミックスして頂き、四川だれと葱塩だれでそれぞれ食べました。
ジューシーな肉、ぷりっとした歯応えの海老など旨味たっぷりのわんたんはボリューム満点でした。
ピリ辛の四川だれがより印象的でしたが、葱塩だれもいい塩梅です。
辛葱チャーシューメンマもお酒にピッタリで思わずお酒の呑む量が増えました。

狼煙@鉄道博物館

狼煙@鉄道博物館

首都圏に戻ってきて鉄道博物館近くにあるこちらのお店へ。
2007年12月10日にオープンしました。
店主は俺の空出身で豚骨魚介の匂いが店に近づくと漂ってきました。
店内はカウンターのみで席数は10席程度、禁煙です。

とかの@佐野

とかの@佐野

こちらは青竹手打ち麺の佐野ラーメンで有名なお店です。
青竹手打ち麺とは太い竹を使い、足をテコのようにして延ばしていく中国伝来の手法を使った麺です。
1日80杯のみの提供でこちらのラーメンを求めていつも大行列が出来るそうです。
11時30分開店で14時頃には売り切れで終了するという事前情報に驚きました。
私が訪問した日は生憎の雨模様で出足が鈍っていたものの開店直後には満席になってました。

らーめん厨房 どる屋@東武宇都宮

らーめん厨房どる屋@東武宇都宮

ラー博のラーメン登竜門で準優勝された店主が営むお店です。
店内はカウンター席、テーブル席が席数は18席程度。禁煙店です。
カウンターの片隅にはスープの材料に使われる鳥取県境港産の鯛の一夜干しが飾られてました。
鯛だしと共に焼豚で有名なこの店は様々な部位の焼豚を味わえることで知られているようです。
珍しい部位としてはほっぺた焼豚が昼夜各数量限定で味わうことが出来ます。

Hananoki@plus@宇都宮

Hananoki@plus@宇都宮

栃木の有名店である花の季の2号店が宇都宮駅前にあります。
ナルトのペイントが入った店内はテーブル席メインで席数は28席程度です。
こちらのお店は通し営業で駅前にあるという最高の条件で本店とは違い訪問しやすさが売りです。
本店のメニューをこちらでも味わうことができますがオリジナルメニューもあります。

中華そば屋 伊藤@王子神谷

中華そば屋 伊藤@王子神谷

角館に本店があり、本店店主の弟さんが店主を務められています。
息子さんは鶯谷の遊で店主を務められており、煮干一族と知られております。

最寄駅から10分少々。私は王子から歩いたのでもう少し時間が掛かりました。
商店街の一画にあり、暖簾が内側に掲げられている為に店自体は目立ちません。
煮干の香りと行列を発見して迷わずに済みました。外には行列があり、10人位並んでました。
カウンター席、テーブル席があり、席数は12席程度。こじんまりとしたクラシカルな店内でした。
メニューはそばと肉そばのみで大盛、スープ増しなどの追加メニューがあります。

報告

我がブログがノミネートされたラーメンブログ王決定戦!の結果の発表がありました。

ノミネートされた12ブログのうち10位の結果に終わりました。
ブログを初めて2年程度の私に対して99票を獲得したことに喜びを感じております。
今後も全国各地を食べ歩いて美味いラーメンをレポート出来ればと思ってます。

これからもよろしくお願いします。
【 2008/02/16 】 お知らせ | TB(0) | CM(4)

らーめん新源地@三鷹

らーめん新源地@三鷹

2007年10月28日にオープンされたお店です。
カウンターのみ8席程度のこじんまりしたお店です。
こちらのお店の特色は曜日によって提供されるラーメンが変わります。
基本的にはダブルスープでタレと煮干しスープは同じそうですが、動物系スープを変えてます。
提供される麺も提供するスープによって変えていてこだわりを持ったラーメンを提供されてます。
注文する時もらーめん、大盛らーめんの2種類のうちの何れかをコールするだけです。

麺屋にゃみ@立川南

麺屋にゃみ@立川南

立川南駅前にAREAREA2内のラーメンスクエアというラーメンテーマパークがあります。
ラーメンスクエアで開催されたラーメントライアウトで準優勝された店主が営むお店です。
カウンター席、テーブル席があり席数は23席程度です。割りと広く感じました。
入口前に券売機が設置されており、事前に食券を買います。
元々は自作で名を馳せた店主が故郷の喜多方ラーメンと煮干豚骨を提供されてます。

鏡花@立川南 Ver2

鏡花@立川南

二度目の訪問になりますが、店内は相変わらず幻想的な空間でした。
カウンターのみ18席程度の店内は広々とスペースが採られており、まったりと味わうことが出来ます。
店主が繰り出す「華厳の滝」という湯きりパフォーマンスは華麗で見る者を楽しませます。
味わうだけでなく視覚的な観点からラーメンを楽しませてくれます。

町田汁場 進化@町田

町田汁場 進化@町田

こちらの店主はひろがお新宿御苑店で店長を務められた方です。
町田駅から少し距離があるところに店を構えられており、大通りから見え難い場所にあります。
最寄りの町田駅からバスが店の近くに通ってますので利用されると便利でしょう。
カウンターのみ9席程度で入口はいると直ぐに券売機が置いてます。禁煙店です。
主なラーメンメニューは塩らーめん、煮干塩の2種類です。

【旅の枝折】ラーメン紀行北関東編

只今、北関東を中心とした地域を食べ歩いてます。
今回の目玉は栃木、佐野ラーメンなど食べる予定をしております。

ブログ更新が遅れてますが、しばしお待ちいただければ幸いです。

【 2008/02/12 】 旅の枝折 | TB(0) | CM(0)

らーめん熊五郎 新大阪1号店@新大阪

らーめん熊五郎新大阪1号店@新大阪

らーめん熊五郎は大阪を中心にチェーン展開をされているようでよく見かけます。
こちらのお店はオープンして30年以上経つ老舗です。
店舗は新大阪駅構内あり、カウンター席、テーブル席があり、席数は30席程度です。
ランチタイムのみ禁煙で基本的には喫煙が可能です。テーブルには灰皿が置かれてました。
ラーメンメニューは醤油、味噌、四宝など、3種類がメインです。
ラーメンメニュー+料金で焼飯、唐揚げ、餃子などのセットメニューが注文できるのが特徴です。

キムチ&メンマ@らーめん熊五郎新大阪1号店

キムチ、メンマが無料で提供されてます。
注文したメニューが提供されるまでの間に味わうの良いのかもしれません。

壱八家 京都拉麺小路@京都

壱八家京都拉麺小路@京都

京都拉麺小路烈土洵名の跡にオープンした関西で三軒目の家系のお店です。
こちらのお店は壱六家の流れを汲んでいるようです。
店内はカウンター席、テーブル席があり、席数は20席程度です。禁煙店のようです。
店頭に券売機が設置されており、食券制で先に購入します。

中華そばの店ますたに 白川店@元田中

中華そばの店ますたに白川店@元田中

Paradeへ向かう車中に発見したお店で本店だと思って入ったお店でしたが、姉妹店でした。
店内は入ると鶏の臭いが充満しております。
カウンター席、テーブル席があり、席数は12席程度はほぼ満席で人気の高さを伺えます。
店内は禁煙マークが張っており、間違いなく禁煙店と認識できました。
ラーメンメニューは中華そばとチャーシューメンのみでシンプルです。
サイドメニューに焼飯があり、食べている方が多かったので印象に残ってます。

Parade@蹴上

Parade@蹴上

2年前の関西一週間の創作部門で受賞されたお店です。
若き店主が一人で頑張られているお店です。柔らかい接客が特徴的でした。
銀閣寺の近くにあり、最寄駅から遠いのでJR京都駅からバスで向かいました。
店内はカウンター席6席程度のこじんまりとしてます。灰皿は無く禁煙店のようです。
昼と夜のメニューに違うのが特徴です。昼は塩、醤油、卵かけ魚来そば等があります。

麺屋 達@金沢

ラーメン@麺屋達

ホテルで金沢駅でオススメのラーメン屋さんは?との問いにこちらのお店が紹介されました。
私自身もこちらのお店は事前にピックアップしており、お墨付きを頂いた形となりました。

駅から近く、駐車場も完備されているようで立地は良いです。
店内はカウンターのみで席は10席程度です。テーブルには灰皿が無く、禁煙店と思われます。
訪問したのは閉店1時間ほど前でしたが、満席で待ちが出てまあした。
ラーメンメニューはラーメンとチャーシューメンのみで中盛、大盛など麺の量が選べます。
味玉のトッピング、ライス、ビール等サイドメニューが少なくラーメンで勝負しているのが好印象でした。。

ラーメンに味玉をつけてライスを注文しました。〆て760円です。

豚骨ベースでチー油が浮いた横浜家系似ていると評されるスープです。
あっさりコクのあるスープは豚骨よりも醤油、油の旨味が感じられました。
やや太めのストレート麺でもっちりとしたインパクトがある麺です。
スープの旨味を見事に持ち上げており、バランスの良さが印象的でした。
チャーシュー、味玉、ほうれん草、ネギなどの具が入ってます。
味玉の黄身がトロリとして濃厚な味わいが印象に残ってます。

横浜家系と考えるとインパクトに欠けますが深みのあるスープと麺の旨味が印象的なラーメンでした。。。。

麺屋楼蘭@北新地 Ver4

麺屋楼蘭@北新地

こちらのお店は大阪駅前第二ビル地下二階にあります。
交通の便が良くJR、地下鉄、阪神などの駅から至近にあります。
カウンターのみ11席程度の店内は昼時を外しましたがほぼ満席です。
灰皿が置いてなかったので禁煙店だと思われます。
メニューはつけ麺が売りですがラーメンも健在です。醤油、柚子塩、味噌などがあります。

らーめん山頭火 大阪西新地店@北新地 Ver2

らーめん山頭火大阪西新地店@北新地

無性に山頭火のラーメンが食べたくなり訪問しました。
こちらのお店は旭川に本店があり、チェーン展開を行ってます。
店内は二階建てで一階部分は」カウンター席のみで二階にテーブル席がある模様です。
総席数は29席程度で黒を基調としたモダンな内装になってます。
テーブルには灰皿が無かったようで禁煙店のようです。
券売機などは無く、食後にレジにて清算します。
ラーメンメニューは塩、味噌、醤油、つけ麺などがあります。

五味八珍@本町

五味八珍@本町

2月に入りましたが、未だに冷え込みが厳しい日々が続きます。
通し営業をしているので遅い昼などを頂くのに便利かもしれません。
なにわ筋沿いにあるお店で店内はカウンターのみ15席程度です。灰皿が無く、禁煙店のようです。
券売機などは無く、食後に精算します。
ラーメンメニューは中華、背脂中華、潮そばなどです。

麺屋彩々@針中野 Ver4

味噌ラーメン@麺屋彩々

スープのベースが鶏白湯になったということで訪問しました。
先客が二人でそのうちの一人に方がデジカメで撮影されていたんでフリーク方だと推測しました。
大阪でフリークの方と遭遇したことがほとんど無いので嬉しくなりました。

味噌ラーメンとレモン餃子を注文しました。〆て950円です。

ベースは鶏白湯ということですが前回との違いがわかりにくかったです。
味噌の旨味が強いのでダシが反映しにくいのですが、以前よりまろやかになった感じがしました。
自家製の黒大豆味噌がタレに使用されてます。
スープに投入されているバターが溶けて味噌とミックスされて濃厚な甘味を感じました。
麺は自家製麺で加水多めの太麺を使用してます。
スープに負けないインパクトがあり、もちもちして旨味がたっぷりです。
チャーシュー、もやし、菊菜、ゆで卵、そぼろ、ネギなど具が満載です。

レモン餃子@麺屋彩々


レモン餃子はタレが無く事前に味付けがされてました。
別に提供されるレモンを餃子にかけて食べるのですが、さっぱりとした味わいでビールが合いそうです。

店が近ければ頻繁に通っているお店でしょう。。。。

旭川ラーメン 赤れんが@大阪天満宮 Ver2

旭川ラーメン赤れんが@大阪天満宮

旭川ラーメンのお店です。
平日昼のみの営業で夏は長期休養するのでかなり敷居が高いです。
店内は改装されており、綺麗になってました。カウンター席のみで総席数は12席程度です。
ラーメンメニューは塩、味噌、醤油の3種類です。
以前は塩、味噌の2種類で醤油はメニューに載ってなく裏メニュー扱いの様でした。
旭川ラーメン=醤油だと思っていたんで不思議に思ってました。

創作麺処 つる@大阪港 Ver2

創作麺処つる@大阪港

日本一低い山、天保山のふもとにあるお店です。
趣のある店内は細長くカウンター席のみ13席程度です。
駅から近く、近くには会社だけでなく海遊館などもあり立地はかなり良いです。
ランチメニューがあり、昼時はサラリーマン、家族連れに人気があります。