ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2008年06月 】 

≪ 前月 |  2008年06月  | 翌月 ≫

宗家一条流がんこラーメン十八代目@難波 Ver14

塩ラーメン(赤唐辛子とニンニク油)@宗家一条流がんこラーメン十八代目

最近はミナミやジャンジャン横丁で呑んだ後にお世話になっているこちらのお店。
通い始めた頃に比べると盛況でカウンター席が埋まっていることが多く、この日も満席。
少し待ってから券売機と睨めっこして決めたのが、最近お気に入りメニュー。

塩ラーメン(赤唐辛子とニンニク油)、700円。

元々は塩辛い食べ物が好きで唐辛子などのピリ辛い食べ物が苦手な私。
こちらのスープは塩辛さとピリ辛さが見事に合わさって呑んだ後に食べると( ゚Д゚)ウマー
鶏の旨味、乾物系と思われる旨味が濃厚なタレにマスクされながらも( ゚Д゚)ウマー
お酒を呑むとにんにくも欲するのでこちらのメニューはちょうどいい味わい、( ゚Д゚)ウマー
このサッポロフーズの細ちぢれ麺とスープを絡ませて食べるとよく合います。
これ程、麺とスープが見事にマッチしているラーメンはなかなか出会えないと思うほどです。

たまには呑まないで通うと思ってますが、何時も呑んだ後にこちらで〆てしまいますo(^o^)o。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

はなまるうどん 大阪江坂店@江坂

はなまるうどん大阪江坂店@江坂 きつね@はなまるうどん大阪江坂店 さつまいも天、かしわ天@はなまるうどん大阪江坂店

私は美味いものを求めて全国を旅をしたりもするが、チェーン店も好き。
以前はびっくりラーメンをこよなく愛し、天下一品のこってりラーメンも好きだったりする。
今回訪問したこちらのお店は讃岐うどんを全国各地に知らしめたことに貢献した。
今は某有名チェーン店の傘下では全国各地に店舗を持つ誰もが知っているお店。
私自身、意外に訪問歴が少なく今回うどんに興味を持ち始めたのを機に訪問しました。
広々とした店内はシンプル且つ清潔感があります。
天ぷらなどの具材を選び、うどんを注文し、レジに持って行き精算する、所謂セルフ方式。
メニューはこちらを参照してください。

きつね中、さつまいも天にかしわ天を注文、〆て588円。安いですね。

お出汁は少々きついけど大きなお揚げと麺に染み込んで( ゚Д゚)ウメー
麺は意外とコシがあり、食べ応えもある。中は麺が2玉でボリューム満点。
トッピングのさつまいもとかしわの天ぷらは秀でたものが無いけどやっぱり美味いと思う。
お腹が空いているとがっつり食べれてちょうどいい感じ。

チェーン店であろうが、無かろうが美味いモンは美味い。
これからも偏見無しに食べ歩けたらと改めて思う、美味い一杯でしたρ(..、) ヾ(^-^;)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/29 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(2)

Sugakiya 古川橋寿町店@古川橋

Sugakiya古川橋寿町店@古川橋 ランチセット@Sugakiya古川橋寿町店 ラーメン@Sugakiya古川橋寿町店

名古屋のソウルフード、スガキヤ。
名古屋の至る所にファーストフード店の如く点在しております。
私自身、名古屋でこちらのラーメンを味わった時に惚れこんだ味です。
たまたまこちらの界隈に行った時に訪問しました。
カウンター、テーブル席があり、広々とした店内。
ラーメンメニュー以外に様々なメニューがあるのが特徴です。
詳しいメニューはこちらをご覧下さい。

ランチセットを注文、600円です。
ラーメンと唐揚げとご飯のセット、味噌カツ丼、牛塩カルビ丼の何れか一点を選べる。
私は味噌カツ丼を選択、名古屋を意識しました。

スープは所謂、和風豚骨と呼ばれています。一言、スープはぬるい。
ぬるいので旨味を鮮明に感じますが、同時に雑味も感じてしまいます。
麺は湯きりが甘いのか、どんぶりに入れた後にほぐしていないから団子になってました。
チャーシュー、メンマも貧弱、そしてネギもちょっぴり。
定価290円のラーメンだから期待しちゃいけないのかもしれせんね。
丁寧に作ればもっと美味いラーメンだろうが、成されていないのが残念です。
味噌カツ丼は所謂、とんかつに甘めの味噌が掛かってます。

丁寧に作れば美味いであろうラーメン、接客とラーメンの美味さは直結してましたf(^ー^;。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

新福菜館 本店@京都 Ver2

新福菜館本店@京都 中華そば小@新福菜館本店 チャーハン@新福菜館本店

最近、手に入れたトーキョーノスタルジックラーメンという本。
昔ながらの東京のラーメンが掲載されており、古き良きラーメンを知ることが出来た。
少しずつ興味が沸いたノスタルジックなラーメン。
関西でも味わえないだろうか?と訪問したのが京都のこちらのラーメン屋さんでした。

1938年、昭和13年に屋台営業が始まり、1947年、昭和22年に店舗営業が始まったようです。
創業60年を越える老舗のお店ですが、早朝営業をしており人気を誇ってます。
この日は隣の老舗人気店が定休ということもあり、ほぼ満席状態でした。
階上にも席があるようで団体客が中心に階上へ上がっていきました。
メニューは特大新福そばがオススメらしいです。
他には中華そばが並、小、肉なしなどサイズや具材の有無などでメニュー構成。
サイドメニューではヤキメシが有名です。

中華そば小とヤキメシを注文、〆て1000円です。

小さなどんぶりに真っ黒なスープにネギやもやしがたっぷり、麺が見えません。
豚骨、鶏がらベースに濃口醤油で味付けされたスープは酸味と甘味塩辛さ同居した感じ。
後味に残る甘味が個性的でここでしか味わえない味かと。
柔めのゆで加減の麺は個人的にはグッド。バランスも良くあっという間に食べました。
ヤキメシも濃い口醤油で味付けされてます。
少しべたついてましたが濃厚な味わいで個人的には好みです。

京都の昔ながらのラーメンを味わい、ラーメンの奥の深さを感じました。
これからも少しずつ昔ながらのラーメンを味わい、ラーメンの奥の深さを探求したいです(^O^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

らーめん 弥七@中津 Ver17

塩らーめん@らーめん弥七 へためし@弥七

こちら弥七さんへは久々の訪問。
開店20分前に訪問したもののポールゲットならず。二番手でした。
久々に訪問したら並び方が変わってました。
歩道の外側に白線があり、そちらを目印に並びます。
開店直前には10名以上も並んでおり、開店直後には即、満席。
しばらく来ない間に原材料高騰による値上げをしておりました。
外のお品書きにも書いてましたが、券売機を眺めると実感。
メニューはこちらをご覧下さい。

塩らーめんとへためしを注文、〆て1100円です。

あいかわらず、見た目スープが少なく感じます。
まろやかな鶏白湯スープですが、少々塩辛いスパイシーな味わい。
麺はいつもどおりモチモチシコシコの自家製麺。
スープが何時も以上に辛く感じるとバランスが狂い気味。スープ完食できずでsた。
一方、へためし。大幅値上げして現在は350円。
しかし、それだけの価値があります。
チャーシューは柔らかくてジューシー。
タレの旨味が素晴らしく( ゚Д゚)ウマー。あっという間に完食しました。

久々の弥七さんで思うところもありましたが、他のメニューも味わいたく頻繁に通いそうです(*^_^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

讃岐手打ちうどん 釜ひろ@鶴ヶ丘

釜ひろ@鶴ヶ丘 きつねうどん定食@釜ひろ きつねうどん@釜ひろ

大阪では超有名な讃岐うどん店、釜たけ出身。
場所はJR鶴が丘駅前、お洒落な店内はテーブル席がメイン。
メニューはこちらこちらをご覧下さい。

きつねうどん定食を注文、650円です。
定食にはきつねうどんにかやくご飯とお漬物が付きます。

お出汁がシンプルで深みがある感じ。昆布と鰹が効いており、( ゚Д゚)ウマー
麺はモチモチ感はあるが、歯応えは控えめ。
ぶっかけや生醤油などで味わうと雰囲気が変わるのかもしれませんね。
かやくご飯はべったり感を感じるものの、お出汁が聞いており、( ゚Д゚)ウマー

近くに立ち寄った際には他のメニューも味わってみたいです(*^_^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/26 】 饂飩(大阪府) | TB(1) | CM(0)

虎一番@武庫川

虎一番@武庫川 地鶏と鰹の塩ラーメン@虎一番

元々は神戸第一旭系列だったようですが、フランチャイズ契約を解消して独立したそう。
メニューは豊富でラーメン意外に中華系の一品モノが多いのが特徴。
詳しいメニューはこちらをご覧下さい。
カウンターメインで一卓のみテーブル席があり、灰皿もあり喫煙は出来ます。

らーナビ限定(既に提供終了)、地鶏と鰹の塩ラーメンを注文。850円。

まりお流より供給されている鹿児島地鶏の鶏がらや鰹を大量に使用の原価無視メニュー。
スープがぬるく鰹の風味が濃厚。スープをぬるくすることにより、より風味が強い仕掛けか。
加水低めの細麺はスープとの相性の良さを感じられました。
レアチャーシュー、蒸し鶏、半熟玉子、青菜など豪華な具の配置。
ぬるいスープに好みが分かれそうだけど旨味たっぷりなのは流石だと思いました。

こちらの店の雰囲気が独特で好みが分かれそう。
あらかじめ考慮に入れて訪問されることをオススメです。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺家 じゃんぷ亭@南森町 Ver9

冷やしらあめん@麺家じゃんぷ亭

私の中ではお馴染みじゃんぷ亭。
店主は小金井のまるしゅう出身。加藤ラーメン工場の麺を直送して使っているのが特徴。
こちらのお店は中休みが無いので重宝します。
今回も空いている時間を狙っての訪問となりました。

冷やしが提供されていたので冷やしらあめんを注文、900円です。

しかし、こちらのは冷やしらあめんというよりも冷やし中華ぽい。
甘酸っぱいタレが加藤ラーメン工場製のちぢれ麺が絡みつき、( ゚Д゚)ウマー
皿に付いている辛子をかき混ぜると旨味が増します。
刻み海苔、カイワレ、ネギ等具がてんこ盛り。具の使い方は冷やしラーメンぽい。
メンマ、ゆで卵などホントに具沢山でした。

麺を活かしたメニューですね。通常メニュー共々( ゚Д゚)ウマーでした。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

彩華ラーメン 本店@前栽

彩華ラーメン本店@前栽

奈良県に所用があり、こちらへ訪問。
創業は昭和43年。屋台から今では15店舗に拡大しました。
移転前に一度だけ訪問したことがありますが、移転後の本店は初。
訪問したのが平日の夜だったのですんなり席に着くことが出来ました。
カウンター、テーブル、小上がりなど広々した店内は土日は満席で待ちが出るほど。
麺類のメニューはこちらをご覧下さい。

サイカラーメン小を注文、680円です。

白菜、ニラ、人参、豚肉などが具沢山。
醤油ベースのベースににピリッとした辛さと具材の甘味を感じる旨味たっぷりのスープ。
具沢山で一見邪魔になりそうですが、スープに馴染んでます。
麺は柔らかめ。こちらもスープに馴染んでおり、美味いですね。

スープ、具、麺がそれぞれ一体化しており、、ホント( ゚Д゚)ウマーです。
奈良のノスタルジックなラーメン、これからも味わいたいです(*^_^*)。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

踊るうどん 梅田店@北新地

踊るうどん梅田店@北新地 まいたけ天温玉うどん@踊るうどん梅田店

こちらは2008年6月6日にオープンした滝井の踊るうどんの2号店です。
場所は大阪駅前第3ビル地下2階。南側の筋に店舗を構えます。
店舗は一人でも訪問しやすく、大きなテーブル、カウンターが配置されてます。
こちらでは生醤油、ぶっかけが主流の模様。まいたけ天使ったメニューもオススメの模様。
詳しくはこちらのメニューをご覧下さい。

まいたけ天温玉うどんを注文、670円です。
麺は生麺を使用している模様。注文を受けて麺をゆで始めてから約20分間。
さっぱりとしたお出汁にシコシコ麺。まいたけの天ぷらがさくっと揚げられており、( ゚Д゚)ウマー
まいたけの天ぷらも注文を受けてから揚げられているようなので美味いのでしょう。
こちらの麺はぶっかけや生醤油などで味わう方が真価を味わえるかもと思いました。

次回はぶっかけか生醤油で味わってみたいです(^o^)v。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/22 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)

麺匠 四神伝@古川橋 Ver8

豚骨塩@麺匠四神伝

久しぶりのラー食をこちらにて。
こちら自体久々の訪問で何を食べようか悩みました。
開店直後ということで客は私一人でした。
今回は値上げ後、初訪問で様々な変更点が成されてました。
以前は割り箸だったのが洗って再利用できる普通のお箸へ変更。
事前に提供された紙おしぼりを利用者のみが使えるように自分で取るようになってました。
値上げを最小限に抑える努力とエコへの配慮を感じました。

豚骨塩を注文、600円です。

豚骨ベースに昆布などの和風の味わいを感じるスープ。
生姜、ニンニクや揚げネギ等のインパクトもあり、旨味たっぷり。
麺は細麺、適度なゆで加減でスープとの相性の良さを感じます。
たっぷりのチャーシュー、きくらげ、ネギ等の具が入ってます。
この日は豚骨の濃度を上げたとか。
スープの旨味の輪郭がはっきりし、豚骨の旨味と共に他の旨味も感じられました。
個人的には好みです。

丁寧に作られたであろうラーメンはこの日も健在でした。
これからも機会がれば訪れたいと思ってます(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

うどん ゆきの@南田辺

うどんゆきの@南田辺 きつねうどん定食@うどんゆきの きつねうどん@うどんゆきの

こちらは大阪で有名なうどん屋さんです。
カウンター、テーブルがあり、席数は20席程度は既に満席。
外には行列が出来てました。
メニューはぶっかけ、生醤油、かけなど豊富。詳しくはこちらをご覧下さい。
定食メニューも充実。昼営業は100円引きで提供とお得です。詳しくはこちらをご覧下さい。

きつねうどん定食を注文、通常の100円引きで590円です。

旨味たっぷりのお出汁、モチモチシコシコ麺。相性は抜群です。
大きなお揚げもお出汁が染み込んでおり、柔らかくて( ゚Д゚)ウマー
こちらではぶっかけなどが人気メニューですが、あえて選んでみて良かったです。
定食に付いているかやくごはんもお出汁が効いており、( ゚Д゚)ウマー
お出汁が美味しいうどん屋さんのかやくご飯は狙いかもしれませんね。

お出汁も( ゚Д゚)ウマーなんでかけメニューもオススメかも。
ボリューム満点でしかも安価。ホントオススメなお店です。
次回はぶっかけメニューなど他のものも味わってみたいっす\(≧▽≦)丿。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/20 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)

○心厨房@木場 Ver7

冷やし担々つけ麺@○心厨房

最近、上京するとこちらのお店を欠かさず訪問します。
ご店主がお一人で切り盛りされているお店です。
昼時を外して訪問しましたが、盛況です。カウンター6席はほぼ満席状態。
前回食べた限定メニュー以外に5月上旬からはこちらのメニューが始まりました。

早速、冷やし坦々つけ麺を麺半分で注文、麺半分は50円引きで750円です。

ゴマが効いたパンチ力のあるスープ。
動物系の味わいが強く、程良い辛味が濃厚な味わいを形成しております。
ゴマペーストとラー油がこちらの旨味の秘密の模様。
麺は浅草開化楼製。冷やして〆た麺はモチモチシコシコな歯応え。
ゆで加減は相変わらず絶妙。スープとの相性は抜群でした。

上京したら外せないお店、通常メニュー制覇に向けてまた次回訪問したいっす(^o^)v。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

RAMEN CiQUE@南阿佐ヶ谷

RAMEN CIQUE@南阿佐ヶ谷 塩ラーメン焼きトマト@RAMEN CIQUE

2008年2月29日開店。店名はラーメンチキューと読みます。
某SNSで一時期話題になっており、気になっていたお店です。
場所は南阿佐ヶ谷駅から青梅街道を荻窪方面へ。
いい匂いが漂っていたら、右を見てください。
カウンターのみ7席、店主がお一人で営まれているお店ですかね?
券売機が設置されており、食券制。隣には両替機が置かれてます。良心的です。
メニューはこちらをご覧下さい。

塩ラーメンにトッピングで焼きトマトを注文、〆て850円です。

鶏の旨味がダイレクトに。まるでコンソメスープを味わっている感じ。
様々な味わいを感じますがが、スパイシーさが個人的には好みの味わい。
焼きトマトの酸味が合わさると見事な旨味のハーモニーを奏でてました。
麺は三河屋製麺の細麺を使用。
始めは物足りなさを感じましたが、食べているうちに馴染んできます。
チャーシューも旨味たっぷりでした。

落ち着いて食べられる雰囲気もいいですね。
地元にあれば通いたくお店。機会があれば再訪したいです(^^)d。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

元祖脂そば 背脂醤油のあ@神保町

元祖脂そば 背脂醤油のあ@神保町 脂そば@元祖脂そば背脂醤油のあ

以前は渋谷で営業していたお店が神保町を移転をし、とんかつ専門店に転身。
時を経て現在、昼はとんかつのあ吉、夜は元祖脂そば背脂醤油のあとして営業してます。
店舗が雑居ビルの3階にあり、一見入り難そうだが開店直後のはずが既に満席近く。
店の雰囲気から察するに常連が多そう。
メニューはこんな感じ。この日は突発的にラーメンも行っていた模様。
多くの常連らしき方々はラーメンを注文してました。

私は脂そばとトッピングにミルカツを注文、〆て700円。

モチモチシコシコ麺は歯応え抜群。
背脂と醤油ダレに絡めて食べてみると、( ゚Д゚)ウマー
背脂が何とも表現し難い旨味のある甘さ、醤油の旨味が見事にハモってます。
薄切りの豚肉を重ねて揚げたであろう、ミルカツ。
100円のトッピングとは思えないくらい、ボリューム満点です。
お肉が柔らかくてジューシー。ホント( ゚Д゚)ウマーの一言に尽きます。

まぜそばのジャンルの経験値が低い私ですが、これ程美味いと思ったのは初めて。
私の乏しい今までの概念を覆す、( ゚Д゚)ウマーな逸品でした(^0_0^)。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

讃岐うどん大使 東京麺通団@新宿西口

讃岐うどん大使 東京麺通団@新宿西口 あつかけ小さつまいも@讃岐うどん大使東京麺通団

こちらは讃岐うどんを全国に広めた方々が営んでいるお店。
店内は広々としており、カウンター、テーブル席があるので気軽に訪れることが出来ます。
こちらは先にうどんを注文してからトッピングを選ぶシステム。所謂、セルフ方式。
清算後、お出汁を自分で入れます。
トッピング類が豊富。何れも魅力的で何を選ぼうか悩むほどでした。
ちなみにメニューはこちらを参照してください。

あつかけ小とさつまいもの天ぷらをチョイス、〆て390円でした。

イリコのお出汁が効いており、濃厚で( ゚Д゚)ウマー。
麺はゆで置きなのか?ちょい柔でしたがお出汁に馴染んでグッド。
関西みたいな柔めのおうどんで個人的にはこれもいいかなっと。
他のメニューを食べていないのでうどんのコシなどを再度確認したいのが本音。

新宿でこれ程讃岐ちっく名お店があるのは嬉しい限り。
新宿に寄った際は利用したいっす(^^)d。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/16 】 饂飩(東京都) | TB(0) | CM(2)

讃岐うどん 條辺@上福岡

讃岐うどん條辺@上福岡 かけうどん@讃岐うどん條辺 あげ、さつまいも天ぷら@讃岐うどん條辺

2008年4月14日開店。こちらのお店の店主は元プロ野球の選手です。
読売巨人軍に1999年ドラフト5位で入団し、主に中継ぎ投手として活躍されました。
将来を嘱望されてましたが、24歳で引退し26歳でこちらのお店を開店しました。
引退されてからは宮崎や讃岐の有名店、なかにしで修業されました。
店主の詳しいプロフィールかこちらをご覧下さい。
店に入って、流れ作業でトッピングを選び、うどんの種類を選びます。
最後に自己申告し、精算するシステム。所謂、セルフ方式。
店内は6人掛けテーブル4卓、カウンター席があり、広々としているのが特徴的。
昼時を過ぎた時間帯でしたが、多くの方々がひっきりなしに訪れてました。

先ずはトッピング、揚げとさつまいもの天ぷらを選択。うどんはかけを一玉。〆て560円。

もっちり歯応えのある麺が特徴か?
もちもちしこしこ麺にお出汁がよく合う。節が強いのかな?
関西のお出汁をあっさりした感じ。
揚げもお出汁が染み込み( ゚Д゚)ウマー。さつまいもの天ぷら共に( ゚Д゚)ウマー。
お出汁には揚げにさつまいもの天ぷらがよく合います。
この組み合わせがグッドっすねv(`∀´v)

讃岐スタイルを踏襲しており、朝は7時から15時までの営業。
近所だったら絶対に通っているこちらのお店、いつか再訪したいっす(*‘‐^)-☆。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/15 】 饂飩(埼玉県) | TB(0) | CM(2)

らあめん丸@三田

らあめん丸@三田 つけ麺@らあめん丸

こちらのお店は2008年2月29日オープンしました。
路地裏にひっそりと佇む店舗。カウンターメインのお店でちと狭め。
店主と奥様らしき方の二人体制。
店内に券売機が設置されており、食券制の前払い制です。

限定20食のつけ麺を注文、800円です。
麺の量は150g+半ライスと250gの2種類を選択できます。
連食を考慮して、150gで半ライスなしで注文。

スープは見るからにドロドロしてそう。魚粉が浮いちゃってます。
麺は半透明のちぢれ気味のもの。。腹持ちも良くずしんと感じます。
スープとの絡みが凄い良いです。
ドロドロとしたスープは米とジャガイモでとろみをつけているようです。
とろみの割りにあっさりとしている所以なんでしょうね。
チャーシュー、メンマ、ねぎなどが麺に添えられてます。

麺の終わりと共にスープもほぼ無くなり、完食。
麺の量が250gだと確実にスープが足りんと思ったら、スープのおかわりが出来る模様。
食後にジャスミン茶が提供され、サービスも満点。いい雰囲気のお店でした(^o^)v。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺喰屋 澤@小岩 Ver3

梅塩らーめん@麺喰屋澤
この日も麺友達とこちらで呑みを堪能。
メニューを見ると以前、限定メニューで味わえなかったらーめんが定番メニューへ昇格。
メニューが一新されておりました。詳しくはこちらをご覧下さい。

梅塩らーめんをこってりで注文、780円です。

ゲンコツ、鶏がらを10時間程度、強火で煮込んだ白湯スープ。
秋刀魚節、宗田鰹節などの魚介ダシをあわせたダブルスープがベース。
ベースのスープが濃厚な梅塩はある種斬新な味わい。
魚介の旨味が際立つスープ、当然ながら動物系の旨味も濃厚、ほんのり梅風味が。
梅だけに( ゚Д゚)ウメー
麺は実直でコシが強いのが特徴。スープの旨味を見事に包み込んで味わうことが出来ます。
これ程スープにマッチしている麺は早々ないと思われます。

お酒を堪能しつつ、〆にラーメンを味わうのは毎度のこと。
一度、ラーメンメインで訪問してみたくなりましたo(^O^)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

梅乃家@竹岡

梅乃家@竹岡 ラーメンやくみ@梅乃家 梅割@梅乃家

茨城から千葉県内へ移動。
こちらのお店は竹岡式ラーメンの元祖のお店。唯一無比の竹岡式ラーメンを味わえます。
竹岡式ラーメンとは?千葉県竹岡地方の地ラーメン。
チャーシューの煮汁をタレにしてお湯で割ったものをスープに使用。
出汁が使われず、タレのみで味かつけられます。麺は乾麺。詳しくはこちらをご覧下さい。
この日は休日も昼時から外れた時間帯に訪問したものの、凄い行列。
メニュー構成はシンプル。詳しくはこちらをご覧下さい。

ラーメンにトッピングにやくみ、梅割を注文。〆て950円です。

ラーメンが出来るまでの間、梅割を堪能。
同行者の話ではこちらに訪問した際はラーメンと共に味わいたいメニューだそうです。
車の運転をしない私のみが味わいましたが、濃厚な味わいに一杯で酔いそう(-д-;)
ラーメンは一見して濃厚そう。単調な作り方に思われるが、味わいは複雑。
タレの煮汁の深みある味わい。クセがあり好みが分かれそうではあるが、美味いと思う。
トッピングのやくみはタマネギ増しなんですが、甘くスープにコクを与えます。
チャーシューはジューシーで( ゚Д゚)ウマー

多くのラーメン好きが味わった竹岡式ラーメン。
私自身味わえて良かったと思うし、多くのラーメン好きに本場で味わって頂きたいですo(^O^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スタミナラーメン がむしゃ@つくば

がむしゃ@つくば スタミナ冷やし@がむしゃ

ニュータウンが広がるつくば。こちらにスタミナラーメンの流れを汲むお店があります。
スタミナラーメンとは茨城が誇る地ラーメンです。
こちらの店主は松五郎出身。人気店でカウンターのみの席は満席、待ちも出ておりました。
メニューはスタミナ系がメインですが、ラーメンなどもあり豊富でした。

注文したのはスタミナ冷やし、700円です。

氷水で〆た麺には野菜たっぷりの熱々の餡がかかってます。
餡は想像していたより味わいは甘辛さ控えめ。餡の絶妙なコラボレーション、超( ゚Д゚)ウマー
それなりにボリュームがありましたが、あっという間に完食しました(^o^)v

同行者の話によると元来のスタミナ冷やしは甘辛さが際立った独特な味わいの模様。
こちらは味を万人受けにアレンジされているようで人気の凄さを垣間見ました。
個人的にはこちらの味に満足しました。更なる地ラーメンを味わいたく思ってます(^O^)。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

とん太@北水海道

とん太@北水海道 とんこつらーめん@とん太 辛子みそ@とん太

日が変わって、この日は麺友さんに茨城を案内して頂きました。毎度感謝です。

こちらのお店はとんかつ屋さんが豚骨ラーメンを作ってます。
豚の扱いには長じているでしょうし、理に適っていますが珍しいので興味津々の訪問でした。
若干早めに到着しましたが早めに入店させて頂きましたm(__)m
こちらのお店はカウンター、テーブル、座敷があり、席数は28席程度。
メニューはラーメン以外にもとんかつなどもありました。詳しくはこちらをご覧下さい。

とんこつらーめん、トッピングの辛子みそを注文、〆て700円です。

見るからに濃厚そうな豚骨スープ。獣々しい臭いが漂ってきます。
スープを啜ってみると口の中には豚の荒々しい旨味が広がります。
スープは博多よりも久留米に近い重厚なスープ。醤油のカエシも濃厚。
麺は事前にゆで加減を注文できます。デフォで注文。
柔らか目な茹で加減の所謂、博多麺。独特の風味でスープに絡みます。
トッピングの辛子みそは直接どんぶりに投入しません。詳しくはこちらをご覧ください。
溶いたスープはこんな感じ。麺を浸けてつけ麺風に味わう代物です。
辛子味噌の甘味と辛味がスープに溶け込んでます。違った味わいを堪能。

なかなか味わえない濃厚な豚骨をここでは味わえます。
接客も素晴らしくこちらでは( ゚Д゚)ウマーな一杯を味わうことが出来ます。
オススメな一杯なんでラーメン好きな方々には味わって頂きたいです\(^o^)/。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

桃天花@三河島 Ver2

ラーメン@桃天花

こちらも二度目の訪問。
元々は中華料理店でしたが麺屋としてリニューアルしたお店。
テーブル席メインでわずかにカウンター席があり、総席数は30席程度。
この日は有志の飲み会で訪問。
以前は無かった券売機が設置されてました。

料理を堪能しつつ〆でラーメンを麺少なめで注文、600円かな?

動物と魚介の濃厚なスープ。
まず、魚介の味わいが口の中に広がり、動物の味わいも後に感じられます。
まさに海と山の宝の融合と表現したい旨味たっぷりのスープです。
浅草開化楼の細麺は歯応え良く、スープと見事にマッチ(^o^)v

こちらのラーメンは実は裏メニューで以前はホントにメニューの裏側に載ってました。
次回訪問時にはぜひ通常メニューも味わってみたくなりましたo(^O^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

元祖一条流がんこラーメン八代目@末広町 Ver2

元祖一条流がんこラーメン八代目@末広町 冷やし塩ラーメン@元祖一条流がんこラーメン八代目

こちらには二度目の訪問。狙いは冷やし。
この日は生憎の雨で気温も低め。決して冷やし日和ではありませんでした。
限られた日程で訪問する関係上この日は外せない訳でして。
カウンターのみ8席程度、タイミング的なのかほぼ満席。何とか1席確保しました。
こちらでは店外に設置されている券売機で食券を購入してから、店内に入ります。
ちなみにメニューはこちらをご覧下さい。
店内に入る時にちょっとしたトラップがあり、初訪の方々はひっかかるでしょう。
私も初訪の時にひっかかりましたからf(^ー^;

注文は初志貫徹し冷やし塩ラーメン、800円でした。

透き通ったスープは冷たくて、塩控えめの出汁の旨味を重視。
仄かに感じるシソと梅の味わいは梅だけにホント( ゚Д゚)ウメー
冷やして〆た麺は歯ごたえ抜群。鶏のササミも超( ゚Д゚)ウマーです。
がんこのイメージからすると大人しめですが、美味いものは美味いという訳です。

暖かい日に喰うと更に( ゚Д゚)ウマーなんでしょうね。
寒い日でも美味かったけど、機会があれば暖かい日も食べたいと思いました(^o^)v 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

勢得@千歳船橋

勢得@千歳船橋 つけめん@勢得

以前町屋にあった店が一旦閉店し、時を経てこちらに再オープン。
場所は桜丘三丁目の停留所前。渋谷からバス乗るのと停留所が目の前にあり、ベストかも。
私自身、行きは用賀から行きましたが、急ぐ場合は用賀の方がいいかも。
カウンターのみの店内は満席でした。雨の中、列は外に伸びており、人気あります。
メニューは勢得が付くつけめんとラーメンと普通のつけめん、ラーメンがメイン。
こちらは券売機が設置されており、食券制。詳しいメニューはこちらをご覧下さい。

つけめんを麺少なめで注文、780円です。
こちらは量が多く、らーめん250g、つけ麺330gだそうです。
お腹に残る麺なんで食べきる自身がない方は麺少なめがいいかもしれません。
食券を提出する時に申告してみてください。

スープは粘りっ気があり、動物の旨味が濃厚に感じられます。
太麺はもっちり歯ごたえがあり、風味も感じました。
スープの絡みも抜群で旨味のハーモニーを奏でております。
食べていくうちに魚介の旨味も口の中に広がってました。
具はメンマ、チャーシューのりなとがたっぷり。
メンマのコリコリ感とチャーシューのジューシーさが好みです。

麺少なめに頼んだのに麺はたくさん。お腹一杯、美味いので胸が一杯になりました\(^o^)/。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

宇野製麺所@長瀬

宇野製麺所@長瀬 ちくわ天をしょうゆひや@宇野製麺所

こちらのお店は最近話題になっているようです。
近畿大学のお膝元にある饂飩屋さん。店主は高松の池上製麺所出身。
昼時を外したものの外で4人ほど待ってました。
カウンター、テーブル共にあり、席数は12席程度。
メニューはしょうゆ、ぶっかけ、かけがあり、トッピングにより何種類かメニューがあります。
詳しいメニューはこちらこちらをご覧下さい。

私はちくわ天をしょうゆひやで注文。600円です。

モチモチシコシココシのある剛麺が特徴なんでしょう。
弾力は乏しいですがコシは強く感じられます。
テーブルに備え付けの醤油を好みに応じて入れるシステムは師匠譲り。
醤油を少なめにかけて麺の旨味を堪能しました。

個人的には出汁の旨味を感じながら食べるのが好みなんですが、こちらも( ゚Д゚)ウマーでした。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2008/06/06 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)

綿麺@河内松原 Ver2

綿麺@河内松原 とんこつらーめん@綿麺

久々の訪問でした。こちらは駅から遠く駐車場が1台のみなのがネック。
しかし、食べたくなるラーメンがこちらにはあるのです。
開店直前に訪問しましたが、既に先客が二名、開店直後には直ぐに満席。
帰る頃には大行列になっていたんで、驚きました。
カウンターのみ9席程度と店内の広さの割りにはキャパは少なめでゆったりとした席配置。
店内に客待ちも最小限に保っているので落ち着いて食べれる気配りもいい感じです。
のんびりとは食べようとは思いませんが、多くの人々が背後で待っていると焦ってしまいます。

とんこつらーめんを注文、700円です。
ちなみに多くの方々がつけ麺を注文されてました、全粒粉が使われた麺が人気のようです。

クリーミーな豚骨スープは濃厚で旨味たっぷり、( ゚Д゚)ウマー
臭味もなく旨味だけを抽出した感じのスープは粘度はありますが万人受けしそう。
麺は極細麺、おそらく自家製と思われます。
適度なゆで加減で小麦の旨味が感じられてスープとの相性も良い感じ。
具材はチャーシュー、味玉、きくらげ、ねぎなど。

駅からも遠く、駐車場も1台のみしか止められませんが行く価値は十二分にありです(^_^)v。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

塩処 塩元帥@西中島南方 Ver5

夏野菜冷麺@塩処塩元帥

テレビに露出してからはは遠ざかっていたこちらへ。ご存知、総大醤の二号店です。
開店直後に訪問しましたが、既に先客が一名、後客は数名。
この日は店主が居ませんでした。店主が居ない時は始めてったんで不思議な雰囲気でした。

今回の目当てはKANSAI1週間のコラボ麺のこちら。
正式名称は夏野菜冷麺。900円です。提供は5月22日から6月2日の夜のみ15食限定。
既に提供が終わっていると思われるのでご注意を。

名前の如く、トマトベースの酸味が効いた冷麺。
シコシコ自家製麺とトマト、オクラ、南京、ナス、キュウリなどを使用。
トマト、オクラ、南京をペースト状に、ナスなどに挟み込んで組み合わせたりと凝ってます。
冷麺は個人的にあまり食べていないメニュー、食べなれていないので新鮮に感じました。

冷麺はあまり食べたことがありませんが、麺が特に気にいりましたo(^O^)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←皆様の清きクリックお願いしますm(_ _)m

宗家一条流がんこラーメン十八代目@難波 Ver13

マンハッタンクラムチャウダー風冷辛麺@宗家一条流がんこラーメン十八代目

確かKANSAI1週間で冷やしメニューが掲載されていると思い同行者を率いて訪問。
最近、私の周りにはこちらのお店を勧めており同行者と共に訪問が多い店です。
券売機を確認すると冷辛麺が表示されており、購入。
正式名称はマンハッタンクラムチャウダー風冷辛麺、800円です。

冷水で〆られたいつもの細ちぢれ麺と冷製トマトスープの絡みは抜群。
何時もと違った麺の表情に意外と冷やしも合うんだと実感。
赤唐辛子油がピリッとアクセントで( ゚Д゚)ウマー。浅利の風味も感じられました。
具は浅利、カリカリベーコン、ジャガイモ、タマネギが入り、クラムチャウダーそのもの。
同行者は辛い辛い言いながらも美味いと言ってました。
私自身もピリ辛とは思いましたが、辛さは程ほど旨味たっぷりって感じでした\(≧▽≦)丿

レギュラーメニューも美味いけどこちらも( ゚Д゚)ウマーでした。
オススメですのでぜひ味わってみてください(^o^)/。。。。。

豚の骨@帯解 Ver2

豚の骨@帯解 豚にぼラーメン@豚の骨

久々の訪問、昼時を過ぎた時間で待ちはなし。
何時もの如く、店主夫妻が切り盛りされてました。店外の自販機で黒烏龍茶を購入。

店内の券売機で豚にぼラーメンを購入、700円。
麺のゆで加減、スープの濃度、ネギの量全て普通で。

豚と煮干しのWスープ。豚の旨味と共に煮干しの旨味も感じるが、少々エグさも有り。
好みが分かれる味わい。豚の濃度は以前食べた時よりはあっさりめ。昼夜の差もある。
相変わらずバラチャーシューは絶品。
気になったのは麺。以前はモチモチした麺でスープとの馴染みも良かった気がしました。
今回の麺は細くて短い。歯応えもなく、スープに力負けしてました。
麺屋の意向で日によって麺の状態が違う模様で店側も対策を立てようと模索しているようです。

こちらのお店は本店に比べると行きやすいものの、やはり遠い。
頻繁に訪れるkと尾は無理でもたまには通いたいお店です(^o^)/。。。