ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

うまかラーメン@梅田 Ver2

しょうゆラーメン@うまかラーメン チャーハン@うまかラーメン

今月二杯目のラーメン。

私が幼い頃からあったお店。
阪神百貨店内のスナックパークにあり、梅田にお出かけした時にはよく食べました。
当時はしょうゆラーメンが180円くらいだったと思います。
小銭を握り締めて、行った思い出が今も蘇ります。
フードコート様々なお店で買ったものを食べる人々でごった返す。
基本は立ち食い形式。天井から滴り落ちる水滴が鬱陶しいが、趣も感じます。

しょうゆラーメンとチャーハンセットを注文、526円。
こちら、1日100食限定。

豚骨、鶏ガラ、鶏肉などが煮込まれたであろう、スープ。
全体的に甘ーい味わい。全体的には作られたであろう味付け。
団子のような歯応えの麺、懐かしい味わい。
具のチャーシューはハムっぽい。もやしやネギ等、具がちょっぴり。

チャーハンは完全に作り置き。
米粒べたついているのはご愛嬌。しょうゆが由来であろう、甘ーい味わい。

ラーメンって美味い、不味いだけを語るものじゃないと思う昨今。
昔、懐かしい味わい、あると思います(*^^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

らーめん 弥七@中津 Ver27

塩らーめん@らーめん弥七 へためし@らー^めん弥七
今月、初ラーメン。

本来は別の店に行ったんですが、既に昼の部が終了。
こちら、昼のみですが16時まで営業しているのはありがたい限り。
久々の訪問となりました。
相変わらずの人気で、暑い最中外待ちが10名程度。
店員さんが貸与しているうちわで涼みながら待ちました。

がっつり、塩らーめん+へためしを注文。〆て1100円。

スープは鶏白湯。
粘度程々、ポタージュのような旨みが詰まってます。
紫蘇の花が浮いてますが、個人的感覚ではちょっと控えめな感じ。
麺は自家製、ぷりっぷりな麺は相変わらず美味しいです。
チャーシューはとろっとろ。味玉、ねぎなどの具が入ってます。

へためしはころっころのチャーシューの細切れがたっぷり。
炙られており、タレが染み込んでます。
このチャーシューがご飯に良く絡み、ホントに美味ーっです。
ややご飯が軟らかかったような。
個人的にはもう少し硬めが合うような気がしました。

個人的にお気に入りのお店なんで、頻繁に訪れたく思ってます(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

煮干しらーめん玉五郎 三代目@東梅田 Ver9

特製つけめん@煮干しらーめん玉五郎三代目@東梅田

帰阪後、久々に玉でニボニボ。

奮発して、特製つけめんを注文。930円。

置かれたスープの丼を触ると、熱々。
程々のニボニボに節々の旨味が合わさったスープ、美味しいです。
もちっもちの太目の縮れ麺が、スープと絡み合い相性はいい感じ。
特製だとチャーシュー、メンマが増量し、味玉が付きます。
豪勢です。

今回は割りと動物系が濃厚で良い感じでした。
こちらではラーメンの方がより好みだけど、つけ麺もありだと思います(*^_^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

極濃麺家初代 一本氣@小岩

極濃麺家初代一本氣@小岩 ラー麺@極濃麺家初代一本氣

日が変わって遠征最終日。
先日お会いした麺友さんに遭遇して、びっくり。
私の行動はお見通しだったようです。

こちらのお店は2009年6月25日オープン。
店主は六角家で9年、博多一幸舎で1年修業されたツワモノ。
濃厚な豚骨ラーメンを提供されると言う評判を聞きつけ、馳せ参じました。
到着直後に、店が開店して一番乗り。
L字型のカウンターのみの店内、入口直ぐ横に券売機があります。
気づかず、軽くスルーしちゃいそうなんでご注意ください。

ラー麺を注文、650円。
11時30分~14時30分の間は小ライスが無料サービスですが、辞退。

豚骨ベースのスープはホントに濃厚。髄の旨味が詰まっております。
仄かに感じる家系のような味わいは出身店を意識してなのか、ホントに美味いスープです。
麺は博多系に比べるとやや加水が高めか、ぷりっとした麺。
スープとの相性は思っている以上に良かったです。
具はチャーシュー、メンマ、のり、ネギ、こりこりと呼ばれる、茎昆布のようなものが入ってました。

オリジナリティ溢れる味わいで、美味かったです\(^o^)/。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

手打ちうどん すみた@志茂

手打ちうどんすみた@志茂 きつね@手打ちうどんすみた

東京を代表するであろう、讃岐うどん系のお店です。
現在は志茂、赤羽、赤羽岩淵が最寄の駅になります。
今回は麺友と呑みの前に訪問、商店街をてくてく歩いた記憶が残ります。
閉店時間間際に訪問、満席でしばし待ってから入店。
カウンター2席のみあとはテーブル席、カウンター席に座りました。

きつねを注文、650円。

私自身、かけ派。具は揚げさんが一番好きなんです。
大抵、初訪問ではきつねを注文します。
イリコが効いた上品なお出汁。
つるっとした表面の麺は柔らかく、コシがある麺。
所謂、エッジが効いてて私好みの麺。
揚げさんが2枚入っており、お出汁が染み込んでおり、ジューシー。

私の数少ない経験ですが、讃岐系のおうどんの中でもトップクラスの美味さでした(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2009/08/23 】 饂飩(東京都) | TB(0) | CM(0)

ぶっきら星。@武蔵境

ぶっきら星。@武蔵境 ラーメン@ぶっきら星。

こちらは訪れたかったお店。きら星のセカンドブランド。
定休日の木曜日を利用して営業してます。
本来だったら、きら星を先に訪問すべきなんだろうけど、木曜日だったんで。

ラーメンを注文、700円。

どろり、茶濁したスープは見るからに濃厚そう。
実際、豚骨の髄が溶け込んでいるのであろうガッツリ濃厚な味わい。
スープを味わうたびに獣々しい匂いが口の中に広がってきます。
好みが分かれそうですが、豚骨好きにはたまらん味だと思います。
麺は博多系の極細麺、スープには絡みまくってスープの旨味と共に味わいました。
具はチャーシュー、きくらげ、ネギなどのシンプルな感じです。

これ程の豚骨ラーメンを提供されているとは、感嘆しました(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺工房 隠國@番田(遠い)

麺工房隠國@番田(遠い) 醤油らぁ麺@麺工房隠國

麺友さんのご好意で行くことができました。ありがとうございます。

隠國と書いて、こもりくと読みます。
人里から離れた山のふもとにある感じがします。
こじんまりとした店内にはカウンター席少々とテーブル席があります。
私が訪問した時、麺を茹でるずん胴で玉子を茹でてた為に少し待つことになりました。
その後、お客が続々と集まってました。

醤油らぁ麺を注文、550円。

スープは動物系と魚介系のWスープらしいのです。
突出したものがなく所謂バランス重視のスープ。
醤油の味わいが薫る、コクのある味わいです。
更に焦がしネギの存在がスープにインパクトを与えており、影響を感じます。
麺が特徴的で、細ちぢれ麺ながら硬めで歯応えが良く印象に残ります。
スープの印象に比べ、やはり麺が途出した感じです。
チャーシュー、茎のようなメンマ、焦がしネギなど具がたっぷり。
チャーシューが美味しかったが、メンマも好みの味で印象が今でも残ってます。

夜は別メニューが提供されて、マニア受けしそうな感じだそうです。
こちらも気になりますので、何れ行ってみたいです(*^_^*)。。。

ラーメンブログ王2009決定戦!参戦!! ファンぽちよろしくお願いします。

手打ちラーメン 鳥取@箱根板橋

手打ちラーメン鳥取@箱根板橋 ラーメン@手打ちラーメン鳥取

こちらは小田原発祥の小田原系と呼ばれるラーメンの元祖的なお店です。
老夫婦が営むお店で昔ながらの店内、良い雰囲気が醸し出されてます。
今回、麺通さんのありがたいお誘いに乗っかっちゃいました。ありがとうございます。

ラーメンを注文、600円。

ギュッと旨味が詰まったコクのあるスープ。
醤油の味わいが濃厚で乾物系の甘味がなんとも言い表し難い旨味を形成してます。
特徴的なちぢれ麺、歯応え抜群で噛むのが楽しい感じがしちゃいます。
煮込まれたバラチャーシューが絶品。
メンマのお味もしっかりしており、気に入っちゃいました。

昔ながらのラーメン、何時までもお元気で営業して頂きたいです(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺酒処 ぶらり@日暮里 Ver3

鶏白湯らーめん@麺酒処ぶらり

麺友とこちらでお酒を呑みました。
お酒の種類も豊富でつまみメニューが充実しており、〆にラーメンが味わえます。
ラーメン好きにとっては素敵な環境です。
いつもは混雑しているこちらもこの日は何故か静寂に包まれてます。
のんびりと酒を味わい、料理をつまんで〆のラーメンを注文しました。

鶏白湯らーめんを注文、750円。

サラリとした白濁スープは鶏の旨味がたっぷり。
鶏の旨味と共に感じる生姜、味のバランスが良いと感じました。
平打ち気味のちぢれ麺はもっちもちの歯応えが抜群。
スープの強さに負けず劣らず、スープの旨みと絡んでホントに美味しいです。
具は鶏チャーシュー、山くらげ、白髪ネギ、糸唐辛子など。

前回味わった時に鶏白湯の美味さに魅了され、今回も注文。
やっぱり、こちらの鶏白湯はホント美味かったです(*^_^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

六厘舎@大崎 Ver2

つけめん@六厘舎

ここ数年、北海道→東京の食べ歩きしてます。
北海道から東京に着くといつも思うのが、暑すぎること。
大阪→東京だと、けっして感じないのでしょうが、めちゃくちゃ暑いっすf(^^;

こちらはラーメン、つけ麺好きだったら殆どの人が知っているであろうお店。
昼過ぎの訪問でしたが、20人以上の待ちが出てました。
カウンターのみ12席のお店。
総入れ替え制で、全員が食べ終えてから新たにお客を入れていきます。
さらに列が伸びる中、1クルー待ちでなんとか店に入ることが出来ました。

つけめんを注文、850円。

麺は表面がつるっとした感じ。
歯応えが良く、麺自体に旨味を感じます。
スープはどろっとした感じはそれほどありませんでしたが、相変わらず濃厚。
動物系、魚介系の旨みがぎゅっと詰まってます。
酸味甘味が程々。スープの上に海苔の筏が浮いており、魚粉がたっぷり乗ってました。
魚粉をスープにかき混ぜるとバランスが良く、旨味が増します。
具は細切れのチャーシュー、メンマ、海苔、ネギなどが少々。

ありきたりと言われる濃厚豚骨魚介系ですが、流石は本家美味かったです(*^_^*)。。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

山岡家 南二条店@大通

山岡家南二条店@大通 ラーメン@山岡家南二条店

札幌のラストはこちら。

こちらは茨城県牛久市に第1号店がオープンし、北海道の大地に本拠を構えました。
おなじみチェーン店ですが、気になって訪問しました。
創業は1992年12月。
ちなみにこちらは北海道2号店。某ナビの口コミで評判上々だったのが選んだ理由です。
店に近づくと獣々しい匂いが漂ってきます。
カウンターのみの細長い店内。入り口付近に券売機が設置されてます。

ラーメンを注文、590円。

スープは油膜に覆われており、麺は太くて短いものを使用。
チャーシュー、ほうれん草、海苔、ネギなどの具が入ってます。
見た目からも具材からもまるで家系のラーメン。
味も油の影響からか甘い味わい、三日間炊き込まれた獣々しいスープはホントに濃厚。
ワシッワシとした歯応え抜群の太麺と相性抜群。
チャーシューが塩辛く、全体的に濃い味わいでした。

北海道に根付く、亜家系のラーメンは健在でした(*^^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

らーめん こもれび@朝里

らーめんこもれび@朝里 鮭油らーめん醤油@らーめんこもれび

この日は朝はお寿司、昼からラーメン食べ歩き始動。
今回、地元の麺友さんから頂いた情報と某ナビのラーメン王の書き込みを参考にしました。
こちらはラーメン王が王冠を付けているお店。
小樽郊外朝里という駅から約1キロ程歩いた場所にあります。
テーブル席メインでカウンター席もあります。
家族連れ等をターゲットにしているのでしょうね。
この日は平日の13時頃の訪問で、先客後客共に0でした。

鮭油らーめん醤油を注文、680円。

鮭節から作った香味油がスープ一面を覆ってます。
油の量により、こってり、普通、あっさりの3種類から選べますが、私は普通を選択。
鶏ベースのスープですが、節々の旨味が全面に出た味わいが口の中に広がります。
香味油一辺倒ではなく、スープ自体にコクを感じます。
小林製麺製のもちっもちの縮れ気味の麺、スープのインパクトに負けずに絡みあってます。
でかいチャーシュー、鶏のささみをほぐしたもの、メンマ、ネギなどの具が入ってます。
鶏のささみは旨味がつまってて美味でした。

鮭節という珍しい食材を使ったラーメン、美味かったです(*^^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺屋国光@すすきの

味噌ラーメン@麺屋国光

連日のラーメン横丁訪問。
日によって行列店が違うから、とても興味深いです。
こちらは麺友さんのオススメのお店。
カウンターのみの店内、内装は比較的新しい感じでした。
先客は0でしたが、後客は続々と集まってました。

味噌ラーメンを注文、750円。

実は今回、札幌訪問で初の味噌ラーメン注文。
特に避けてた訳ではありませんが、何となく他のラーメンばかり食べてました。
スープは豚骨、鶏がら、野菜等を12時間ほどじっくり煮込んだもの。
化学調味料の類を使わず、無科調。
スープの表面は札幌特有のラード膜で覆われてますが熱くはなくむしろ、温いくらい。
甘く、まろやかな味噌の味が全面に出ており、優しい味わい。
麺は西山製麺製、柔らか目な麺でスープに馴染んだ感じです。
チャーシュー、キャベツ、糸唐辛子、のり、ネギなどの具が入ってます。

丁寧に作られている印象を受け、好感を持てました(*^^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

凡の風@西線9条旭山公園通

塩ラーメン@凡の風

こちら、実は前日訪問予定でしたが早仕舞いで振られちゃったお店です。
この日は大相撲中継が終えてからすぐに訪れて、間に合いました。
しかし、19時過ぎには暖簾を仕舞われてたんで、人気あるのでしょうね。
L字型カウンター6席、テーブル席が2卓。
こじんまりとした店内ですが、余裕を取った座席配置で狭いとは感じません。
ゆとりのある接客で、窮屈さは感じませんでした。

塩ラーメンを注文、700円。

メニューの一番上に載ってるので、一押しなんでしょう。
こちらではメニューによってスープを使い分けているそうです。
塩ラーメンは鶏と魚介のWスープ。
表面には香味油が浮いておりガツンとは違った香ばしいコクのある味わい。
塩が全面に出た感じで口の中に旨味が広がります。
麺はさがみ屋製麺、正直印象には残ってませんが、スープとは合ってました。
チャーシュー、メンマ、海苔、ネギなどの具が入っております。
メンマのあっさりとした味わいが印象的で、個人的にツボにはまりました。

流石人気店、素晴らしいラーメンの味わうことができました(*^^*)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

つけめんshin.@環状通東(遠い)

つけめんshin.@環状通東 つけめん@つけめんshin.

こちらの店主は東京の六厘舎、小樽の初代などで修行されたとか。
場所が駅から離れていますが、近くにバスが運行されているので利用しました。
開店30分前に到着し、待っていたもののシャッターは私一人。
開店すると少しずつですが、お客が訪れえており、私が帰る頃には半分以上の入りでした。
店内はカウンター席メイン、テーブル席が1卓ありで、計16席。
壁には六厘舎の店主が送ったと思われる色紙が、『妥協なき追及』という言葉が送られてます。
メニューを見ると、限定の塩などもありました。

つけめんを注文、780円。

麺の量がデフォで300g。
私は小食なんで、少な目の200gで注文。
スープには六厘舎お馴染みの海苔の上に魚粉が乗ってました。
まろやかでとろみのあるスープ、甘味と酸味程々、僅かに辛味が効いてます。
麺はカネジン製、太くて歯応えのあるストレート麺。
しっかりと茹でられており、ツルッとした表面、粉はつまってます。
ワシワシとした重みのある麺でスープとの絡みは抜群。
食べ終えた頃にはスープが半分以上減ってました。
細切れのチャーシューはジューシー、メンマやネギなどの具が入ってました。

六厘舎直伝のつけめん、北都の地に健在でした(*^^*)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m