ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

あいつのラーメン かたぐるま@丹波口

あいつのラーメンかたぐるま@丹波口 あいつのラーメンかたぐるま

わたし、気になります!

こちらの店主は京都府の城陽市にある『俺のラーメンあっぱれ屋』で修業。
2014年5月24日にオープン、最寄り駅はJR丹波口駅。
こちらの界隈にラーメン屋さんが多いですね、有名なお店も見かけまます。
広々とした店内、カウンター席が10席強、後ろに製麺機が置いてます。

メニューは大まかにはラーメン2種類につけ麺が1種類。
つけ麺は限定数が20食と設定されているので、目当ての方はご注意下さい。

濁とん塩チャーシューメンを注文、1050円。
麺の大盛りは無料だそうですが、並盛で注文しました。

所謂、豚骨魚介のスープ。
小鍋に移して温めている間に電動ハンドミキサーで混ぜてました。
凄く濃厚で、塩ダレだけど甘い味わいに魚介の風味が口の中に広がってきます。
この真っ白なスープはまさに修業店と同じです。
平打ちの自家製麺、もっちもちしてぴっろぴろ。
加水が見た目よりも低いのかもしれないけど、歯ごたえがイイっです。
周りのチャーシューがレアで、肉肉しく味わいが私好み。
太いメンマ、味玉、ネギなどが入ってますが、手が込んでいると思います。

一見、ドロドロのスープですが、後に引かないコッテリさがオジサンでも問題なしです。
今回はパスした、つけ麺狙いで次は行ってみたいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

阿倍野noodles@大阪阿部野橋 Ver5

天然藻塩ラーメン@阿倍野noodles 半焼飯@阿倍野noodles

仕事の合間にサクッと都ホテルのフードコートへ。

天然藻塩ラーメン600円、半焼飯250円を注文。
〆て850円也。

普段見かけぬメニューを発見。
もしかすると期間限定メニューかもしれません。

鶏の清湯に魚介が加わったと思われるスープ。
何せ、塩と故障がガッツン。
そして、ニンニクチップまで口の中で効いてますから。
スープの味自体がよくわかりません。
麺は細め、加水低めかネチっとした硬め歯ごたえ。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、水菜など。

名前からしてあっさり目のラーメンかと思いきや。
濃い味に仕上がってました。
個人的にはもう少しあっさりが好きですが。
こういうラーメンもありだと思います。

今日もごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

みなとや 神戸@北新地

みなとや神戸@北新地 こってりラーメン@みなとや神戸

三連休最後の日、相変わらず混雑している大阪駅前ビル。
人気のレストランなどがあるのでしょうか、あちこちで行列を見かけます。

第三ビルの地下二階、こじんまりとしたラーメン屋さんがあります。
入口のすぐ横に券売機があります。
中はL字型のカウンター席があり、席数は10席程度。
店自体が狭く、奥へ入る通路が狭いので、座ると擦れて通られるのが嫌。

麺のメニューは割と豊富で、こってりやあっさり、塩、つけ麺など。
最安のラーメンが500円、ワンコインで味わえるのは安いですね。
私、券売機の一番左上にボタンがあったものを選びました。

こってりラーメンを注文、650円。

鶏、豚骨などの動物系スープの醤油味。
ドロッとした白濁した濃厚なスープ、髄まで炊きこんでいるのでしょうか。
ザラりとした感覚があり、鶏の旨味が特に感じられます。
ぷりっとした食感のストレート麺。
全粒粉が使われており、歯ごたえがスープの濃厚さに合ってます。
具にチャーシューは鶏と豚が入ってました。
アオサの磯の香りがスープにほんのりインパクト、いい味わいを出してます。
以前はレタスが使われていたようですが、今回は水菜が入ってました。

ガツンとしたスープですが、緻密さも感じられる一杯でした。
他のメニューも気になるので、再訪したいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

餃子の王将 大阪駅前第3ビル店@北新地

スタミナラーメン@餃子の王将大阪駅前第3ビル店 焼めし@餃子の王将大阪駅前第3ビル店

個人的に餃子の王将が続いてます。
来年度のぎょうざ倶楽部の会員募集の期限が差し迫ってますから。

3連休の大阪駅前ビルが賑わってますね。
ずっと前、この界隈で働いていた時は休日の駅ビルは閑散としてましたから。
金券ショップや飲食店があちこちで空いてますから。
久々に訪れて、驚きつつこちらのお店へ。
以前は反対側に店舗があったと思いますが、新しくなってました。

カウンター席、テーブル席があり席数は35席。
昼時だったこともあり、ほぼ満席でしたがすぐに空きが出ました。

スタミナセットを注文、950円。

所謂、スタミナラーメン。
ピリ辛のスープは野菜がたっぷり。
少々油も感じられ、奈良の地ラーメンに似ております。
麺は細めのもっちりしたもの。
麺がスープを吸い、旨味が伝わってきます。
野菜だけでなく、チャーシューも割と入っており、ボリューム満点。

焼めしは油はそんなに感じませんが、しっとりしております。
醤油の味付けが割と濃く、ラーメンのスープと交互に味わうと合います。
米粒がギュッと固められており、見た目以上に量を感じました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺道 ともよし東三国店@東三国

麺道 ともよし東三国店@東三国 濃厚ラーメン@麺道ともよし東三国店

こちら、東三国店と付いてますが、一店舗しかない模様。
店内に入ってすぐ右側に券売機があり、食券制。
カウンター席メインですが、テーブル席もあり、席数的には15席程度。
カウンターの席が円く背もたれがないもの、足の部分がグラグラっと動き不安定。

濃厚ラーメンを注文、750円。

豚骨鶏がらベースで魚介が加わったもの。
海苔の上には魚粉が盛られており、ドロドロっとしたスープ。
見た目からして濃厚です。
動物系の旨味に節々の旨味が感じられます。
麺は中くらいの太さで縮れてます。
加水が高めでもっちもちの歯ごたえ、スープのパンチに負けてません。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギなど。

何か食べにくいと思ったら、丼が小さすぎることに気づきました。
これじゃあ、箸で麺を啜りながらレンゲでスープをすするのにストレスを感じます。
せっかくのラーメン、より美味しく味わうためには丼ぶりを変えた方が良いのでは...

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

麺匠 さくら咲く@阿波座

麺匠さくら咲く@阿波座 桜花塩らぁめん@麺匠さくら咲く

店主の経歴で色々と話題になっているお店。

阿波座の駅近く、中国総領事館の目の前に店舗を構えてます。
駅の構造上、千日前線のホームの方が近いので、千日前線利用の方がわかりやすいです。
店舗前は桜が咲き乱れており、全てにおいてインパクトがありますが。
果たして、如何なものなのか?

店内はカウンター席、テーブル席があり、20席程度。
お一人様である私はカウンター席に案内されましたが、隣との間隔が狭い。
テーブルが狭く、たくさんモノが置かれているので、圧迫感を感じました。
リュックサックを持ってましたが、置くところに困りました。

桜花塩らぁめんを注文、750円。
麺が北海道100%と全粒粉入りの2種類があり、前者をチョイス。

ランチのセットメニューもありますが、単品で注文。

鶏がらベースに魚介が加わったもの。
一口スープを味わってみると、鶏の旨味と共に魚介の味わいが濃厚。
それとともに、塩が感じられます。
一瞬、変わった風味を感じたと思ったのですが、桜の塩漬けが入ってます。
個人的には好みです。
麺は細めのストレートなもの、ポキッとした歯ごたえがあります。
具はチャーシュー、さつま芋のチップス、カイワレ、ネギ、玉ねぎなど。

具沢山で見た目にインパクトがありますが、スープに良さを感じます。
話題先行の感がありますが、これから期待したいお店です。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

餃子の王将 住之江店@住之江公園

チャーシューメン@餃子の王将住之江店 天津飯@餃子の王将住之江店 餃子@餃子の王将住之江店

こちら、地下鉄住之江公園駅近くの餃子の王将。
ファミレス風の店舗の2階部分に店舗がある変わり種。
ちなみに1階部分には焼肉屋さんがあったような。

店内はカウンター席に座敷があり、110席程度。
厨房が丸見えで、結構広々としてます。
王将の中でも、定食メニューが多くボリュームがありそうです。
そんな中でも、選んだのがお得なメニュー。

日替わりランチを注文、820円。
ついでに餃子も1人前注文、237円。
この日はチャーシューメンと天津飯でした。

所謂、醤油味のあっさり目のスープ。
もっちもちの麺は意外とよく合います。
薄いチャーシューがたっぷり入ってます。
噛み応えはまるで焼いたハムのよう。

天津飯、餡は醤油味で甘い味わい。
ご飯はふわふわ玉子に覆われてます。
玉子の中に入っている具は貧相で、カニかまっぽいのが入っていたような。
味を含めて、全てがオーソドックスな王将スタイル。

餃子、いつも『よく焼き』で注文するのですが忘れてました。
しかし、意外とよく焼けてました。
もっちもちの皮に野菜メインの餡がたっぷり。
噛みしめるとニンニクの香りが漂ってきます。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

カス研究所@東三国

カス研究所@東三国 かすうどん+きつね@カス研究所 おでん@カス研究所

ちょいと呑んだ後の〆に訪れました。

東三国に訪れる機会何度もありますが、こちらずっと気になってました。
気になってましたが、いつも別の店に行っちゃうので初訪問です。

ボードをを拝見していると、大好きなおでんがあったので軽く呑むことに。

かすうどん+きつね、おでん(大根、こんにゃく、玉子)、日本酒を注文。
〆て1500円。

先ずはおでんから。
こちらのお店出汁にこだわっているそうです。
何れも、出汁がしみ込んでおり、(゚Д゚)ウマー!
大根はやや硬めでしたが、上にのっているとろろ昆布がイイ感じでした。
日本酒とホンマによく合っていると思います。

〆に味わったおうどん。
関西風のお出汁にホルモンの油がしみ込んでます。
節々の旨味とともに感じられるほんのり甘いお出汁、(゚Д゚)ウマー!
麺は細めで柔い感じながらも、見事にコシが感じられます。
トッピングで付けた、揚げ様がほんのり甘くて絶妙の美味さ。
デフォで入っているとろろ昆布が、イイ塩梅で味を引き締めてました。

かすうどんはあんまり食べたことがありませんが、こちらのは美味しいと思いました。
東三国にまた通いたいお店が増えました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2014/11/16 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)

松鼓堂 堀本@法隆寺

松鼓堂堀本@法隆寺 梅うどん定食@松鼓堂堀本 梅うどん@松鼓堂堀本

日本で最初に世界遺産に登録された法隆寺。
こちらのお店、法隆寺の門の目の前に店舗を構えます。
『しょうこどうほりもと』と読みます。
こちら、奈良名物の茶がゆ、くずきりをはじめ、おうどんやお蕎麦などを提供されてます。

わたし、気になります!

そんな中でも、特に気になるメニューがあり訪れました。

梅うどん定食を注文、1300円。
こちらのは麺に梅が練りこまれております。
もちろんお出汁にも梅が入ってます。

細くて、平打ち気味の麺、蕎麦っぽく見えますがおうどんです。
啜って噛んでみると、口の中に梅の酸味が広がってきます。
お出汁を味わってみると、関西風のお出汁に梅の酸味が広がってきます。
梅好きにはたまりません、(゚Д゚)ウマー!

ご飯は古代米を使用。
ごま塩がまぶされており、やや硬いお米で私好み。
千切り大根も本来あまり好きではないのですが、イイ味付けでした。
古代米と共に味わうお漬物も最高です。
梅がおうどんとかぶってますが、ご愛嬌。

梅好きにはたまらないメニューでした。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2014/11/15 】 饂飩(奈良県) | TB(0) | CM(0)

花雷@長岡京

花雷@長岡京 きつねうどん@花雷
根菜チップのサラダ@花雷 キッシュ@花雷
うどんの実@花雷 牛しぐれあん丼@花雷 エノキの和えたもの@花雷

村田製作所とパナソニックのお膝元、長岡京駅。
以前は神足駅って呼ばれていた頃が懐かしく思えます。

彼の地にうどんらしからぬ、シックでモダンな店舗のお店もあります。
和のテイストの店内は靴を脱いで入ります。
カウンター席、テーブル席があり、35席。

店入って、カウンター席に案内されると同時に聞かれたことがあります。

「かんさい名店ラリーやってますか?」
「はい」

その後、メニューを見ながら注文したのが選べるランチ、1566円也。

根菜チップのサラダ、
キッシュ、うどんの実、
選べるあん丼、
選べるうどんが付きます。

かんさい名店スタンプラリー参加者には一品付きます。
エノキの和えたもの、美味しかったです。

カルビーの野菜チップスのような、カリッと揚がった野菜がたっぷり。
キャベツなどの野菜と共にドレッシングがかかっており、(゚Д゚)ウマー!

キッシュは芋のような甘いふくよかな味わいが、イイですね。
うどんの実は皮の部分にうどんの生地が使われており、もちっもち。
餡には肉が使われており、噛みしめると肉汁がたっぷり、(゚Д゚)ジューシー!

選べるあん丼は5種類から選べ、牛しぐれをチョイス。
牛しぐれの旨味と餡が絡み、(゚Д゚)ウマー!
ちょっとした量だったのですが、あっという間に完食。
もう少し、欲しいなあと思いました。

最後のうどんは20種類以上から選べ、きつねをチョイス。
大きなどんぶりにうどんが入っております。
程よい柔さに程よいコシが私好み、出汁にイリコが入っているのですかね。
直前に食べたうどんの実にまぶした黒胡椒の影響で細かい味がわかりません。
イイ塩梅のお出汁は私好みだったのは理解できました。

高級感漂う空間で味わうおうどん、美味しゅうございました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2014/11/15 】 饂飩(京都府) | TB(0) | CM(0)

丸亀製麺 あべのキューズモール店@天王寺駅前 Ver2

かけうどん+きつねあげ@丸亀製麺あべのキューズモール店

所謂、おやつ時に近い時間帯。
朝ごはんしか食べていないが、昼ご飯はパスしたい時。
しかし、少々小腹が空いている時。

重宝するのが、ファストフード。
私にとって、ハンバーガーチェーン店ではなく。
立ち食い屋さんや讃岐スタイルのチェーン店がファストフードである。

キューズモールにある巨大フードコートにこちらのお店があります。
讃岐うどんを謳っていますが、1号店は加古川にあります。
国内にブログ掲載時に850店舗チェーン展開しています。
知らない人はいないでしょう。

私的にはテレビなどのドキュメントを観て、いい印象だったのですが。

『洗って置かれているトレイが水でびちょびちょ』
『いらっしゃいませなどの挨拶がない』
『客が注文したものに対しての復唱がない』
『ありがとうございましたも当然ない』

悪い印象が募るばかりでした。
これじゃあ、味もいい印象持てないでしょう。

ちなみに注文したのが、かけうどん(並)、280円。きつねあげ、130円。

公式ホームページを拝見すると、こだわりが綴ってますが。
だだ辛いお出汁、茹でが足りないのか麺は硬いだけでコシが感じず。
昆布や節々の旨味は感じられますが、醤油がきつく感じます。
大きな揚げ様、味醂と醤油がきつく、大味に感じられます。

あくまでも、私の味覚ですから。
元々、薄味が好きなので、合わなかっただけかもしれませんね。
あと、もう少し人が食べるものを扱っているのですから、清潔なもので提供していただきたい。
接客云々はともかく、清潔な環境で味わいたいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【 2014/11/15 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)

天琴@西人吉

天琴@西人吉 焼きニンニク入りラーメン(並)@天琴

熊本日奈久温泉人吉の旅、最終日。

前日から借りていた人力の車をひたすら漕いでやってきたのがこちら。
実は前日訪れる予定だったのですが、迷ってしまい断念。
やっと見つけた次第でした。

テーブル席オンリー、10席程度だったと思います。
団体のお客が来ていたから、ほぼ満席状態。
滑り込むように空いていた席に着席、そんなに時間がなかったから助かりました。

焼きニンニク入りラーメン(並)を注文、450円。

豚骨ベースのスープ自体はライトでさらりとしてます。
しかし、飲んでみるとわかるのですが凄く旨味が詰まってます。
それに焦がしニンニクチップが相まって、(゚Д゚)ウマー!
麺は九州の麺にしてはやや太めの加水が多め。
程よい茹で加減で、スープとよく馴染んでました。
具はチャーシュー、のり、きくらげ、ネギなど。

こちらの天琴、人吉以外に山鹿、玉名に同じ名のお店があります。
いつの日かすべて訪れてみたいと思いました。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

好来ラーメン@人吉 Ver2

好来ラーメン@人吉 ラーメン@好来ラーメン

日奈久温泉から人吉へ。
温泉三昧、ラーメン三昧の旅。

先ず訪れたのがこちらのお店。
なんつッ亭@渋沢の修業先として知られてます。
他に、博多新風@高宮、都来@柏などのご店主が修業されていたそうです。
約6年ぶりに訪れました。

テーブル席オンリー、1人席用のテーブル席もあります。
席数は15席程度、訪れたのが昼時ってことでほぼ満席状態。
店内に入ってびっくり、メニューの類がありません。
そうだったっけ?通算2度目ですが、忘れてました。

おそるおそる、ラーメンを注文しました。
会計の時に知りましたが、600円です。

見るからにボリューム満点、もやしがたっぷりのってます。
もやしを食べて食べて、やっと麺が見えます。
麺もたっぷり入ってます。
真っ黒のスープにはニンニクの焦がし油、所謂マー油が入ってます。
一見、苦そうに見えますが全く苦くありません。
程よい豚骨の旨味と共に感じる、ニンニクの旨味が絶妙。
自ら製麺所も営まれており、コシのあるストレート麺がスープとよく合います。
具のチャーシュー、きくらげもたっぷり。

普通サイズが大盛りサイズのラーメン、満足しました。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

阿倍野noodles@大阪阿部野橋 Ver4

Wラーメン@阿倍野noodles 半チャーハン@阿倍野noodles

天王寺都ホテル2階にあるガーデンレストラン。
祝日の夜、無性にラーメンが食べたくなり訪れました。

Wラーメン半チャンセットを注文、800円。

鶏白湯スープに魚介が加わったもの。
昆布や煮干しや貝などの旨みが感じられる味わい。
見た目大味っぽく感じられるかもしれませんが、意外と繊細。
麺は細めのストレートのもの。
棣鄂の麺を使っていた気がしますが、思ったよりもスープに馴染んでて良かった。
具はチャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギなど。

半チャーハンはややオイリー。
ラーメンに付くチャーハンはパラパラなものよりもオイリーなものがよく合うと思う。

550円でラーメンが味わえ、半チャン自体+250円で味わえる。
500円メニューがあったりと当初よりも安くない、努力されてます。
ごちそうさんでしたごちそうさんでしたごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

お食事処 桑庵@日奈久温泉

お食事処桑庵@日奈久温泉 桑庵ラーメン@お食事処桑庵 手作りぎょうざ@お食事処桑庵

場所は日奈久温泉温泉センター『ばんぺいの湯』。
温泉施設の二階にあるお食事処。
しかし、温泉に入浴しなくても利用できるので訪れました。
夜の日奈久温泉界隈は殆ど店が閉まってるので、選択肢が殆どありません。
もう少しで、夜ご飯が抜きの可能性もあったので助かりました。

桑庵ラーメン、550円。手作りぎょうざ、値段失念を注文。

割りとあっさりとした豚骨スープは甘い味わい。
ニンニクチップが合います。
やや細めの麺との絡み抜群。
チープながらも流石は熊本だと感じました。

餃子は見ての通りこんがり焦げてます、ご愛嬌。
餃子にキャベツが付いてるのは珍しいかなっと。
ビールを呑みたくなるのも、何故か我慢。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

ラーメン角萬@八代(遠い)

ラーメン角萬@八代 角萬ラーメン@ラーメン角萬

三角から八代へ移動、歴史を感じる昔ながらのお店。
カウンター席オンリー、10席満たなかったと思います。

角萬ラーメンを注文、490円。

豚骨ベースのスープ、濃厚でまろやか。
ニンニクチップのインパクトにより、凄く旨味を感じられます。
麺はやや細めのストレート麺。
具はチャーシュー、海苔、味玉、木耳、ネギなど。

安価で味わえ、しかも美味しかったです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

古亭ラーメン@三角

古亭ラーメン@三角 ラーメン@古亭ラーメン

わたし、気になります!
熊本へ遠征。

先ずはこちら。
天草への玄関口、三角で営まれてる昔ながらのお店。
カウンター席、5席。
昼時に訪れましたが盛況で、外待ちの客が出てました。

ラーメンを注文、550円。

豚骨ベースのスープは濃厚、マー油のインパクトも抜群。
豚骨の旨味とニンニクの旨味が細麺を啜るごとにもの凄く伝わってきます。
チャーシューが、(゚Д゚)ウマー!
これだったらチャーシュー増しにすれば良かったと後悔。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m

熟成うどん なかや@東三国 Ver33

カレーうどん@熟成うどんなかや さつまいも天@熟成うどんなかや

そろそろアレが始まったかなあと思い、訪れました。

やはり、ビールのアテはさつまいも天に限ります。
こちらのは分厚く切られて揚げられており、サックサク。
ビールとよく合います。

〆にカレーうどんを注文、750円。

寒くなってくると注文したくなるカレーうどん。
辛くて旨いお出汁は相変わらず健在。
もっちもちの太麺によく絡みます。
昨冬は1辛や2辛で注文してましたが、通常でも十分辛いです。

身も心もホッカホッカ、ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__) 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

【 2014/11/08 】 饂飩(大阪府) | TB(0) | CM(0)