FC2ブログ

ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

まさごそば@高山 Ver2

中華そば@まさごそば

富山から高山へ移動。

先ずは腹ごしらえということで、こちらへ。
創業は昭和13年、高山ラーメンの発祥と言われるお店です。

立て直されたのであろうお店は綺麗です。
カウンター席があります。
サイドには小上がり席、そして奥にはテーブル席があるようです。
席数は20席は越えるようで、見た目以上に広い店内です。

メニューは中華そばと大盛中華そばの2種類。
実質、中華そば1本で勝負されており、迷うことのないメニュー構成です。

中華そばを注文、700円。

スープは醤油の香ばしさが光る味わい。
それと共に奥底から感じられる出汁の旨味が素晴らしいです。
鶏がらベースで煮干しや鰹節を使っているようです。
極細の縮れ麺は加水がかなり低いようでぼそぼそっとした歯ごたえが独特です。
チャーシュー、極太メンマ、ネギなどの具が入ってます。

出汁の旨味と醤油の香ばしさのバランスが良さが印象的です。
私的には高山ラーメンの中でも1,2番に好きなお店かもしれません。

再訪した時に訪れたいお店の一つです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト



天然温泉富山剱の湯御宿野乃@大手モール

夜鳴きそば@天然温泉富山剱の湯御宿野乃 生ビール@天然温泉富山剱の湯御宿野乃

こちら、ドーミーンイン系のホテル。

2016年7月16日にオープンしたてです。
和風テイストをコンセプトに少々高級感が感じられます。
すぐ近くにはドーミーイン富山があります。
たまたま、ネットで予約した次第です。

2階に大浴場ありますが、殆どの浴室に浴室が完備し温泉に浸かれます。
浴槽にヒノキが使われており、匂いが漂ってきます。

大浴場で入浴後に先ずは同じ階にある食事処で生ビールを味わいました。
確か、450円。
やはり、温泉の後のビールは最高です。

そして21時30分から23時の間、食事処で夜鳴きそばが無料で提供されます。
ドーミーイン特製の醤油ラーメンです。
ミニサイズながらあっさりとしながらもコクのあるスープ。
多少油を感じますが、〆の一杯に最高です。
残念ながら、私が訪れた時間帯は食事処としての営業が終了し、夜鳴きそばのみの提供。
ビールやハイボールなどを呑みながら食べるのもアリかなっと思った次第です。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

柳の下末弘軒本店@大手モール

柳の下末弘軒本店@大手モール 小ワンタンメン@柳の下末弘軒本店
餃子3ヶ@柳の下末弘軒本店 シュウマイ3ヶ@柳の下末弘軒本店 おにぎりとろろ昆布@柳の下末弘軒本店
地酒立山@柳の下末弘軒本店 下半期営業カレンダー@柳の下末弘軒本店

こちらの創業は昭和9年だとか。
当初は屋台からのスタートで、柳の下で営んでいたから冠名が付いているそう。

テーブル席がメインですが、カウンターもあります。
階上にも座敷があるそうで、70席を有する大店舗。

先ずは地酒立山を注文し、餃子3ヶとシュウマイ3ヶをツマミに。
それぞれ500円、250円、250円。
そして、〆に小ワンタンメンとおにぎりとろろ昆布を注文。
それぞれ、630円と150円。

こちらワンタンメンが有名で麺もてうち。
うどんのメニューもあったりとラーメン屋さんというより食堂のイメージ。

餃子、シュウマイ共々餡がたっぷり。
皮もぷりっぷり。
日本酒よりもビールが合いそうですが、日本酒好きなので。
地酒立山はコクがあって相変わらずの美味さ。

〆の小ワンタンメン。
ワンタンメンの量が通常よりも半分。
麺はやや細めの縮れたもの。
ぷりっぷりの歯応えですが、硬さよりもコシを感じます。
出汁感たっぷりのクラシカルなスープ。
醤油の香ばしさが旨味を感じさせてくれます。
具はチャーシュー、ワンタン、メンマ、ネギなど。
ワンタンは皮がちゅるちゅるで肉メインの餡がイイ感じです。

私的に1番気に入ったのがとろろ昆布のおにぎり。
独特の風味と塩っ気がお米と合います。
富山ではとろろ昆布のおにぎりが定番だとか。

こちらのお店のおうどんが気になるので、再訪したいです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m