ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
011234567891011121314151617181920212223242526272803

博多長浜らーめん一二三紅梅町店@大阪天満宮

博多長浜らーめん一二三紅梅町店@大阪天満宮 長浜らーめん@博多長浜らーめん一二三紅梅町店 焼めし小@博多長浜らーめん一二三紅梅町店

南森町界隈には多くのラーメン屋さんがあります。
そんな中でも気になるお店がこちら。
日本一長いと言われている商店街からは少し離れてます。

一二三と書いていちにさんと読みます。
昔ながらの建物、中は細長い空間。
壁際にカウンター席があり、その反対側にはテーブル席が配置。
奥に厨房があり、席数は30席程度。

昼時少し過ぎた時間帯で、カウンター席は少しきつそうです。
そういう訳で、お一人さんにかかわらずテーブル席を勧めてくれます。
ありがたいです。

メニューはテーブルにありませんでしたが、壁に貼ってあります。
初めはラーメン単品にするつもりでしたが、セット物が充実してます。

長浜らーめん、焼めし小のセットを注文、720円。
麺の硬さを聞かれたので、普通にしときました。

白濁したスープ、極力化学調味料を抑えたこだわりのもの。
ガツンとした濃さは感じませんが、コクがありまろやかな旨味。
紅ショウガを少し入れると、イイ感じで味が変貌します。
細めの麺は割とコシがあります。
具はチャーシュー、ネギがたっぷり入ってます。

焼めし、こちらは独特の風味。
油があまり感じられなく、高菜が入っているのが特徴的。
ピラフっぽく、高菜の炊き込みご飯ぽい感じです。
程よい味付けで、ラーメンのスープとの相性も抜群です。

本場、長浜ラーメンにも遜色なく、丁寧に作られている感じです。
店員さんはよく周りを見ているなあという感じで、食べることに集中できます。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

博多新風ラーメン食堂@大阪

博多新風ラーメン食堂@大阪 新風麺味玉入@博多新風ラーメン食堂

JR大阪駅近くのルクア地下2階。
ハルチカと呼ばれるスペースにあるラーメン屋さん。
博多にある博多新風の支店です。

元々は西鉄平尾に本店があった記憶があります。
ご店主は確か人吉の有名店で修業されたとか。
ご実家も一龍という名のラーメン屋さんを営まれてます。

こちら、テーブル席がメインですが、カウンター席もあります。
席数は30席程度。

主なメニュー構成は黒と白の2種類。
黒の方、新風麺味玉入を注文、880円。

豚骨ベースのマー油(ニンニク油)入り。
スープはコクがあり、口の中に広がってくる獣々しい旨味。
本格的な九州の豚骨スープでパンチがあります。
マー油、苦みがほとんど感じられなく、香ばしいです。
麺は普通の茹で加減でお願いしましたが、極細麺はちょうどいい感じでした。
具は、チャーシュー、きくらげ、ネギなどが入ってます。
こちらの味玉、こだわりがあるようでイイ塩梅です。

獣々しい旨味と書きましたが、まだ九州以外の人でも馴染めそうなレベルです。
ここまで本格的な豚骨が大阪で味わえるのはありがたいです。
ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m

中華料理眠宝@江坂

中華料理眠宝@江坂 ラーメン@中華料理眠宝 炒飯@中華料理眠宝

ちょいと気になりながらも今まで行けなかったお店。
目の前が交通量が多い道で、店自体も入りにくくて躊躇っていた次第です。

入ってすぐにカウンター席があり、奥に小上がりがある感じ。
席数は30席程度で、見た目よりも人が入ります。

炒飯ラーメンセットを注文、880円。

透き通ったラーメンはいい塩梅の味わい。
具に豚肉、様々な野菜が入っており、雰囲気がタンメンに似てます。
スープに野菜の旨味も伝わってきます。
麺は所謂、中華麺でやや硬めな湯で加減。

炒飯は真っ黒、タレでドロッとしてます。
甘味が前面に出ており、独特の旨味です。
ソースが使われているのかな...

ラーメン炒飯のバランスが見事でした。

こちらの名物は炒飯と暖簾にも書かれている餃子なのかな。
次は餃子を味わいながらビールを吞みたいです。

ごちそうさんでした(^.^)(-.-)(__)。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m