ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

らーめん 弥七@中津 Ver24

塩らーめん@らーめん弥七 へためし@らーめん弥七

久々の訪問、相変わらずの行列でした。
訪問から食べ終えるまで約45分、お客のマナーが悪さが目に付きました。
同行者が居るからって割り込んだり、キチンと真っ直ぐに並べなかったり。
券売機を眺めつつ、売り切れ表示がなかったんでひと安心。ポチっと。

塩らーめん+へためしを注文、〆て1100円。

スープは真白、鶏白湯スープ。濃厚でまろやか。
思ったよりも粘度がなく、さらっとした感じでしたが鶏の旨味は十分でした。
紫蘇のインパクトがあって、より一層旨味が増しているような。
麺は相変わらずのぷりっとした食感。
スープとの相性が抜群く、あっという間に食べちゃいそうな勢い。
チャーシュー、味玉、白髪ネギなどの具が入ってます。
へためしは炒められたチャーシューにタレの組み合わせが最高。
こちらもあっという間に食べきっちゃいました。

行列の凄さの関係上、通う頻度が減りつつありますが味は今でも好きです(^_^)v。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング  ←クリックお願いしますm(_ _)m
【詳細】
2009年4月10日訪麺 今年82杯目 今月8杯目 本日1杯目
メニュー 塩らーめん@750円、へためし@350円
店名 らーめん弥七@中津 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 大阪市北区豊崎3丁目4-8
電話番号 06-6373-0035
営業時間 11時~16時(スープ売り切れ時終了)
定休日 土曜日、日曜日、祝日
最寄り駅 大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅、阪急宝塚線中津駅など。
公式HPはこちら

【過去の食歴】
Ver1 2006年5月14日 醤油らーめん、へためし
Ver2 2006年8月7日 つけめん
Ver3 2007年6月11日 塩らーめん
Ver4 2007年6月12日 醤油らーめん
Ver5 2007年6月22日 とりおろしそば、へためし
Ver6 2007年7月2日 塩らーめん
Ver7 2007年9月21日 つけめん
Ver8 2007年11月8日 塩らーめん、へためし
Ver9 2008年1月10日 醤油らーめん
Ver10 2008年2月14日 塩らーめん
Ver11 2008年3月11日 醤油らーめん
Ver12 2008年3月17日 塩らーめん
Ver13 2008年3月25日 つけめん、へためし
Ver14 2008年4月1日 塩らーめん、へためし
Ver15 2008年4月2日 塩らーめん
Ver16 2008年4月14日 塩らーめん
Ver17 2008年6月18日 塩らーめん、へためし
Ver18 2008年8月12日 醤油らーめん
Ver19 2008年9月5日 醤油らーめん
Ver20 2008年10月21日 塩らーめん
Ver21 2008年12月8日 つけめん
Ver22 2009年1月26日 醤油ちゃーしゅー麺
Ver23 2009年2月16日 醤油らーめん、へためし

スポンサーサイト
是非カップラーメンの弥七も食べてみてください
【 2009/04/16 】 編集
名無しさんへ
弥七のカップめんは既に食べました。
カップめんを食べると改めて店へ食べに行きたくなりました。
【 2009/04/18 】 編集
なんと、カップめんも出たんですか。
関東方面でも出ているのでしょうか。。
もしゲットできるのであればまずはそっちから食べてみたいような。

行きたくても行けないお店の、3本の指に入るお店なので…(^o^)
【 2009/04/20 】 編集
弥七ウマー(´∀`)
確かにあの行列は、並ぶの躊躇してしまう多さ
カップ麺、どこまで味を忠実にしているのか気になりますね
【 2009/04/20 】 編集
あなぐまさんへ
サークルKサンクスで発売してます。
関西限定か?全国一斉発売か?はわかりません。すいません。
もし、見かけられて買って味わってもぜひお店で味わって頂きたいです(*^_^*)
【 2009/04/21 】 編集
ミハチさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
弥七は私自身好きなんで、定期的に訪問したいお店の一軒です。
そのお店のカップめんが発売されたんで、思わず買っちゃいました。
カップめんはカップめんとして、自宅で食べれる点では評価できます。
カップめんを食べて、改めてお店に行きたくなったのは事実です(^o^)/
【 2009/04/21 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL