ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

宗家一条流がんこラーメン十一代目@行徳

宗家一条流がんこラーメン十一代目@行徳 塩らーめん@宗家一条流がんこラーメン十一代目 食券機@宗家一条流がんこラーメン十一代目

消費増税前のお話です。料金等は変わっている可能性があります。
予めご了承ください。


夜は行徳へ。昼間は丸長、夜はがんこと形態は違えど、各地にお店があるへ訪れました。

宗家一条流がんこラーメンとは?
家元と呼ばれる一条安雪氏が1983年に高田馬場の地にオープンしたのが始まり。
その後、家元のお店は自体あちこちに移転させながら、現代は新宿に店舗を構えてます。
家元には多くの弟子がおり、巣立って同じく宗家一条流がんこラーメンの名を掲げて営業される方も多数。
そのうち何人かは完全独立して別の名を名乗ったりもしてます。
また弟子さんのお店から巣立ったりと今ではかなりのお店が各地に存在してます。

行徳は十一代目、がんこ系お店特有の牛骨が店前にぶら下がっているのが営業の証しです。
こちらでは看板にも牛骨が描かれているのでわかりやすかたtです。
わりと狭めの店内はカウンター席のみ7席程度。店内には食券機があり、前金制。
こちら、夜のみの営業で日が定休で月が不定休。
ずっと気になっていたお店ではあるが、意外と敷居が高くて今回やっと念願が叶いました。

塩らーめんを注文、700円。

豚骨、鶏がらベースのスープに節々、昆布などが使われております。
表面にホンノリ油が浮いておりますが、あっさり系のコクのある味わい。
がんこ系特有のしょっぱさは抑えられており、昆布の旨味など魚介系の旨味が前面に感じられます。
麺はがんこ系御用達のものを使っておらず、細ストレート麺を使用。
ポッキポキの食感、きちんと茹でられているが麺本来が割と硬めの麺と思われます。
具はチャーシュー、メンマ、のり、極太メンマ。
ホロホロっとしたチャーシューはがんこ系特有、クオリティの高さを感じます。

予想通り美味しいラーメンでした。機会があれば再訪したいです('-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   ←クリックお願いしますm(_ _)m


【詳細】
2013年11月5日訪麺 今年105杯目 今月6杯目 本日2杯目
メニュー 塩らーめん@700円
店名 宗家一条流がんこラーメン十一代目@行徳 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 千葉県市川市行徳駅前2丁目21-22
電話番号 非公開
営業時間 18時30分~1時 (月)19時~0時
定休日 日曜日、(月曜日は不定休)
最寄り駅 東京メトロ東西線行徳駅。

がんこ十一代目ラーメン / 行徳駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL