ラーメンと温泉を求めて2千キロ

40歳代おやぢがラーメンやうどん等麺類をメインに綴るブログです。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

日曜庵@柴又

日曜庵@柴又 粗挽きせいろ@日曜庵 そば湯@日曜庵
そばがき@日曜庵 玉子焼き@日曜庵 御湖鶴@日曜庵

消費増税前のお話です。料金等は変わっている可能性があります。
あらかじめご了承ください。


東京遠征2日目、この日は朝から蕎麦屋さんへ。

こちら、葛飾柴又の帝釈天の近く。見た目、住宅そのもの。
こちらを知ったのはテレビ番組、取り上げられていたのを拝見して惹かれました。
何でも、ご店主は元々は別業種でご活躍されていたお方。
年を重ねられてから蕎麦を作られるようになって、こちらにお店を構えられたそうです。
普段はお蕎麦をつくられる為の作業をされているそうです。
その為営業は金土日祝の昼間のみ。
敷居が高かったのですが、初めて行くことができました。

営業開始の20分前に到着し待ってました。
ご出勤の店員さんに挨拶され直ぐに開けていただきました、感謝です。
店内はお蕎麦屋さんと思えないほどのシックな雰囲気、テーブル席のみで20席程度。
落ち着いた空間が広がってます。

先ずはおつまみに玉子焼き、そばがきを注文。
日本酒は長野県下諏訪町の御湖鶴。
ふわふわ卵は御出汁の味わいが上品、お醤油と大根おろしをつけて味わいました。
そばがきはもっちもちでおそばの味わいが濃厚。
お醤油とエゴマ油をつけて味わいました。
何れも日本酒の芳醇な味わいによく合います。

〆に味わったのが、粗挽きせいろを注文、1200円。
数量限定メニュー、1日10食限定だそうです。

水蕎麦が付いてました。
先ずは味わいましたが、ざらつきのある硬い麺。
こちらの麺、蕎麦粉を3年寝かせて使っているそうです。
啜る麺ではなく、噛みしめて味わう麺、お蕎麦の味わいが濃厚に感じられます。
せいろに入っている麺をお汁につけて味わうと改めて麺の旨味がわかります。
こちらのお汁、やや甘めの味わいでした。

私の中で概念が覆ったお蕎麦、機会があれば再訪したいです。
ごちそうさんでした(*'-')b 。。。。

にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ 人気ブログランキングへ  ←クリックお願いしますm(_ _)m


【詳細】
2014年1月11日訪麺 今年2杯目 今月2杯目 本日1杯目
メニュ― 粗挽きせいろ@1200円、そばがき@1200円、玉子焼き@900円、御湖鶴(長野県下諏訪町)@1200円
店名 日曜庵@柴又 ←クリックすると周辺地図が出ます。
住所 東京都葛飾区柴又7丁目13-2
電話番号 03-5668-0084
営業時間 11時30分~18時
定休日 月曜日、火曜日、水曜日、木曜日
最寄り駅 京成電鉄金町線柴又駅、北総鉄道北総線新柴又駅など。

日曜庵そば(蕎麦) / 柴又駅新柴又駅

昼総合点★★★★ 4.2


スポンサーサイト
【 2014/07/28 】 蕎麦(東京都) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL